2018年11月13日

2018年11月12日のtweet




















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

2018年11月11日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2018年11月11日

平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(2)

1 以下は、直近5年の年齢層別の受験者数の推移です。

年齢層 平成26 平成27 平成28 平成29 平成30
19歳以下 49 50 70 84 76
20~24歳 3441 3486 3437 3422 3631
25~29歳 1503 1414 1373 1348 1297
30~34歳 1045 938 998 989 1014
35~39歳 991 974 987 1045 988
40~44歳 988 938 920 950 980
45~49歳 776 831 852 906 959
50~54歳 595 643 645 706 761
55~59歳 398 459 528 566 615
60~64歳 295 299 308 335 382
65~69歳 163 193 222 256 270
70~74歳 56 60 46 79 110
75~79歳 35 31 47 44 36
80歳以上 12 18 13 17

 興味深いのは、20代の推移です。20代の受験者は、平成26年までは急増を続けていました。それが、平成27年になって、20代前半は微増、20代後半は減少に転じます。そして、平成28年と平成29年は、20代前半、後半ともに減少するに至ったのでした。今年は、20代後半は減少を続けましたが、20代前半は再び増加に転じています。また、これまで順調に増加傾向だった19歳以下が減少に転じたのも、やや気になるところです。少なくとも、平成26年以前のように、若手の予備試験受験生がどんどん増えているという状況ではなくなったといえます。
 一方で、年配の受験生は、ここ数年、増加傾向にあります。以下は、昨年からの年齢層別の受験生の増減をまとめたものです。

年齢層 昨年 今年 前年比
増減
19歳以下 84 76 -8
20~24歳 3422 3631 +209
25~29歳 1348 1297 -51
30~34歳 989 1014 +25
35~39歳 1045 988 -57
40~44歳 950 980 +30
45~49歳 906 959 +53
50~54歳 706 761 +55
55~59歳 566 615 +49
60~64歳 335 382 +47
65~69歳 256 270 +14
70~74歳 79 110 +31
75~79歳 44 36 -8
80歳以上 13 17 +4

 20代前半の増加が目立ちますが、40代以降も軒並み増加しています。予備試験については、「若手が抜け道として利用している。」ということばかりが指摘されがちですが、若手の受験生ばかりが増加しているわけではないことには、注意が必要です。

2 それでは、最終合格者数になるとどうなるか。以下は、昨年と今年の合格者数の比較表です。

年齢層 昨年 今年 前年比
増減
19歳以下 -2
20~24歳 288 260 -28
25~29歳 54 67 +13
30~34歳 32 32
35~39歳 27 32 +5
40~44歳 15 10 -5
45~49歳 12 21 +9
50~54歳 +5
55~59歳 -1
60~64歳
65~69歳 ---
70~74歳 ---
75~79歳 ---
80歳以上 ---

 受験者数では20代前半が最も増加していたのに、合格者数では、むしろ20代前半が最も減少しています。これが、今年の特徴です。20代後半が最も合格者数を伸ばしていますが、それでも13人。一方で、年配受験生の健闘が目立ちます。昨年、20代の合格者数がほとんど増加せず、当サイトでは、これをもって「大きな傾向変化」と説明していたのです(「平成29年予備試験口述試験(最終)結果について(2)」)。今年は、20代全体でみると、むしろ減少するに至っているのです。これまでは、「予備の合格者数が増加しても、増加分は結局20代前半が全部持っていってしまう。」という状態だったのですが、昨年、今年の数字をみる限り、それがそうではなくなったということです。このことは、論文式試験の特性との関係で、重要な意味を持ちます。

 これまで司法試験委員会は、若手有利になるように出題及び採点を必死に工夫してきました。司法試験は、法に関する知識・理解を問う試験ですから、普通に考えると、勉強量の多い年配者が有利で、勉強量の少ない若手は不利になる。しかし、10年以上受験を繰り返してようやく法曹になるというような制度では、合格後に活躍できる期間は限られてしまいますし、そもそも、そんなことでは、誰も司法試験を受けようとは思わなくなってしまいます。だから、普通に知識・理解が反映されるような試験にするわけにはいかない。問題文や採点方法を工夫して、知識・理解が十分な年配者が不合格になり、知識・理解が不十分でも若ければ受かるようにしたい平成以降の司法試験の歴史は、ほぼこの努力の繰り返しでした。このことを、知らない人が多いのです。「司法試験は法の知識・理解を試す試験なのだから、若ければ有利になるような試験であるはずがない。そんなものは陰謀論だ。」と思うかもしれません。しかし、これは国会でも明示的に議論されてきたことなのであって、決して荒唐無稽な陰謀論ではありません。今から27年前の時点で、既にこのことが議論されています。これは、当時、旧司法試験に合格枠制(合格者の一定数を受験回数3回以内の者から選抜する制度。いわゆる丙案。)を導入する際の法改正について議論していたときのものです。この合格枠制は、受験回数が3回以内なら、知識・理解というレベルでは4回以上の受験者より劣っていても合格させようというもので、上記の「普通に法律の知識・理解が反映されるような試験にするわけにはいかない。」という発想が如実に表れた制度でした。なお、この合格枠制の発想は、その後、新司法試験における受験回数制限へと形を変えて受け継がれていくことになります。

 

参院法務委員会平成03年04月16日より引用。太字強調は筆者。)

参考人(中坊公平君) この司法試験につきまして近時この試験に多数回受験の滞留現象という一種の病的な現象が発生し始めてまいりました。多数回受験の滞留現象と申しますのは、受験者の数が多いにかかわらず合格の数が余りにも少ないということから、合格水準に達しながらなお合格しない受験者が数多く滞留しておるということであります。この現象の結果は、合格平均年齢が現在では二十八歳を超え、また合格までの平均受験回数は七回に近い状態になってくることになりました。しかも、このような状態が長期間継続することによりまして大学卒業者が司法試験を敬遠することになり、出願者数も最近では減少傾向にあります。この結果、司法試験の本来の目的である幅広く多様な人材を得ること自体がまた困難になってきたという現象が発生してきたわけであります。

 (中略)

 先ほど言いましたような滞留現象というものがどうしても改善しなければ、…もっと考査委員が先ほどから言うように学識じゃなしに応用能力を本当に見られる、長期間要した者が有利にならないような問題の出題ができ、そしてまたその採点ができるというような体制に持っていかなければならない

 

政府委員(濱崎恭生君) 司法試験は、御案内のとおり、裁判官、検察官、弁護士となるための唯一の登竜門としての国家試験でございますが、最近といいますか昭和五十年ごろから急速に、合格までに極めて長期間の受験を要する状況になっております。その状態は大勢的には次第に進行しておりまして、今後放置すればますます進行するということが予想されるわけでございます。
 具体的には、現在、合格者の平均受験回数が六回ないし七回。それに伴って合格者の平均年齢も二十八歳から二十九歳ということになっておりまして、二年間の修習を経て実務につくのは平均的に三十歳になってからという実情になってきているわけでございます。そのこと自体大変大きな問題でございますが、そういうことのために法曹となるにふさわしい大学法学部卒業者が最初から司法試験というものをあきらめてしまう、そんな難しい試験は最初からチャレンジしない、あるいは一、二回試験を受けてそれであきらめてしまうというような、いわゆる試験離れの状況を呈しております。これは法曹界に適材を吸引するという観点から大変大きな問題であろうと思っております。
 さらには、合格者の年齢がそういうことから総体的に高くなっていることによって、裁判官、検察官の任官希望者の数が十分に確保できないのではないかという懸念が次第に強くなってきているわけでございます。
 そういうことで、こういう状態は一刻も放置できない、何らかの改革を早急に実現しなければならないということで取り組んでまいったわけでございまして、今回の改正の目的を端的に申しますと、こうした現状を緊急に改善するために、法曹としての資質を有するより多くの人がもっと短期間の受験で合格することができる試験にしようということでございます。もっと短い期間で合格する可能性を高めるということが今回の改正の目的でございます。

 (中略)

 御指摘の合格枠制、若年者にげたを履かせるという御指摘でございました。これが短絡的な発想ではないか、あるいは便宜的ではないかという受け取り方をされがちでございますけれども、こういう改革案を必要とする理由については、先ほど来るる申し上げさせていただきました。やはり合格者を七百人程度に増加させるということを踏まえました上で、もう少し短い期間で合格する可能性を高めるという方策といたしましてはこういう方策をとるほかはない、こういう制度をとらなくてもそういう問題点が解消できるということならばそれにこしたことはないというふうに思っておりますが、この制度はすべての受験者にとってひとしく最初の受験から三年以内は合格しやすいという利益を与えるわけでございまして、決して試験の平等性を害するというものではないと思っております。

(引用終わり)

 

 上記の政府委員の発言で、「もう少し短い期間で合格する可能性を高めるという方策といたしましてはこういう方策をとるほかはない」とありますが、当時、既に、若手でも受かる試験にするための様々な方策が採られていました。その1つが、若手でも点が取れるような基本的な問題にする、ということでした。

 

参院法務委員会平成03年04月16日より引用。太字強調は筆者。)

政府委員(濱崎恭生君) 現在の試験問題の出題の方針につきましては、正しい解答を出すために必要な知識は大学の基本書などに共通して触れられている基礎的な知識に限る、そういう基礎的な知識をしっかり理解しておれば正解を得ることができる、そういう考え方で問題の作成に当たり、そのためのそういう問題づくりについて鋭意努力をしていただいておるところであるということをつけ加えさせていただきます。

(引用終わり)

 

 しかし、単純に考えればわかりますが、若手でも解けるように問題を簡単にすれば、勉強量の多い年配者は、さらに確実に正解してきます。したがって、そのような方策には限界がある。そのことは、当時の考査委員も認めていました。

 

衆院法務委員会平成03年03月19日鈴木重勝参考人の意見より引用。太字強調は筆者。)

 早稲田大学の鈴木と申します。・・・まず、司法試験が過酷だとか異常だとか言われるのは、本当に私ども身にしみて感じているのでありますけれども、何といっても五年も六年も受験勉強しなければ受からないということが、ひどいということよりも、私どもとしますと、本当にできる連中がかなり大勢いまして、それが横道にそれていかざるを得ないというところの方が一番深刻だったのです。
 だんだん申し上げますけれども、初めは試験問題の改革で何とかできないかということで司法試験管理委員会から私ども言われまして、本当はそれを言われるまでもなく私ども常々感じていましたから、何とか改善できないかということで、出題を、必ずしも知識の有無とか量によって左右されるような問題でなく、また採点結果もそれによって左右されないような問題をやったのですけれども、これは先生方ちょっとお考えいただけばわかるのですけれども、例えば三年生と四年生がいましてどっちがよくできるかといえば、これはもう四年生の方ができるに決まっているのです今度は四年生と三年も浪人した者とどっちができるかといえば、こっちの方ができるに決まっているのです。ですから、逆に言いますと、在学生でも十分な解答ができると思うような問題を一生懸命つくりましても、そうすると、それはその上の方の連中ができるに決まっておる。しかも、単にできるのじゃなくて、公平に見ましても緻密で大変行き届いた答案をつくり上げます。表現も的確です。ですから、これはどう考えても初めから軍配が決まっていた感じはするのです。
 ところが、それでは問題が特別そういうふうに難しいのかと申しますと、これははっきり申し上げますけれども、確かにそういう難しいという批判はございます。例えば裁判官でもあるいは弁護士でも、二度とおれたちはあの試験は受からぬよ、こう言うのですけれども、それはもう大分たたれたからそういうことなんでありまして、現役の学生、現場の受けている学生にとりましては、そんな無理のないスタンダードの問題なんですね。どのくらいスタンダードかと申し上げますと、例えば、まだことしは始まっておりませんけれども、ことし問題が出ます。そうしますと、ある科目の試験問題、大体二問でできておりますから、二問持たせまして、そして基本参考書一冊持たせます。学校で三年、四年ぐらいの、二年間ぐらい終わった連中に基本参考書一冊持たせて、そして一室に閉じ込めて解答してみろとやります。そうすると、ほぼ正解というか、合格答案がほとんど書ける状況なんです。ですから、私ども決して問題が特別難しいとは思っていないわけでありますけれども、やはり長年やっていた学生、いわゆるベテランの受験生はそこのところは大変心得ておりまして、合格できるような答案を物の見事につくり上げるのです。
 その秘密は、見てみますと、大体長年、五年でも六年でもやっている連中は、もちろんうちにいるだけじゃなくて、さっきから何遍も言っておりますように、予備校へ参ります。そうしますと、模擬試験とか答案練習という会がございます。そこで、私どもがどんなに工夫しても、その問題と同じ、あるいは類似の問題を既に練習しているのですね。例えば五年、六年たちました合格者で、模擬試験で書かなかった問題がないと言われるくらい既に書いているわけです。ですから、これはよくできるのは当たり前。しかも、それは解説つきで添削もしてもらっていますから。ところが、そうすると現役の方はどうかといいますと、それほど経験も知識もありませんから、試験場で初めてその問題と直面して、そもそも乏しい知識を全知全能を絞ってやるわけですけれども、やはりこれは知れているものです。差が出てくるという、初めから勝負が決まっているという感じがします。
 こういうところから、私ども何とかできないか、試験の出題とか採点でできないかと思ったのでありますけれども、どうもそれには限界があるということがだんだんわかってきました。時には私どもちょっと絶望していた時期もありますけれども、何とかならないかということで、試験問題もだめ、それから採点の方もうまくいかない・・・(後略)。

(引用終わり)

 

 その後、平成10年以降になってくると、単に簡単な問題を出す、というのではなく、より新たな試みがなされました。それは、「大学受験の国語のような、知識で差が付かないような問題」を出す、ということです(※)。これが最も顕著だったのは、短答式試験の穴埋め、並替え問題です。ほとんど法律の知識がなくても、文章を読んで意味が通るように並び替えれば正解になる。この種の問題の特徴は、知識で解こうとすると、解けない、ということでした。よく勉強し、知識・理解の豊富な年配者は、知識で解こうとするので、解けない。それに対し、知識の乏しい若手は、その場で文章の辻褄が合うようにするにはどうすればよいか(例えば、「甲の○○という行為」という文言を含む文章と、「甲の当該行為」という文言を含む文章であれば、前者が先で後者が後に来るように並び替えるべきことがわかる。)、という目で問題文を読むため、スラスラ解ける。このようにして、法律の知識・理解の豊富な年配者を落とし、法律の知識・理解の乏しい若手を受からせることに、一時的に成功したのでした。しかし、そのような問題は、「知識で解かない」ということがわかってしまえば、年配者でも解けるようになってしまいます。そのため、この「大学受験の国語のような問題」は、すぐに若手優遇の効果を失ってしまったのでした。
 ※ ちなみに、論文式試験に国語の問題そのものを本当に導入してしまったのが、予備試験論文式試験における一般教養科目です(大学受験の現代文の解法でそのまま解けることについては、「平成28年予備試験論文式一般教養の解法と参考答案」を参照)。

 

衆院法務委員会平成13年06月20日佐藤幸治参考人の意見より引用。太字強調は筆者。)

 私も、九年間司法試験委員をやりました。最初のころは、できるだけ暗記に頼らないようにということで、私がなったとき問題を工夫したことがあります、そのときの皆さんで相談して。そうしたら、国語の問題のようだといって御批判を受けたことがありました。しかし、それに対してまたすぐ、数年たちますと、それに対応する対応策が講じられて、トレーニングをするようになりましたその効果はだんだん薄れてまいりました
 申し上げたいのは、試験を一発の試験だけで決めようとすると、試験の内容をどのように変えても限界があるということを申し上げたいわけです。

(引用終わり)

 

 このように、司法試験の歴史は、「知識・理解の豊富な年配者を落とし、知識・理解の乏しい若手を受からせる」ための方策を一生懸命考えては、挫折してきた、という歴史だったのです。知識・理解を試す試験において、知識・理解にかかわらない結果を出力させようという試みですから、少し考えれば挫折するのは当然の帰結でした。
 そして、法科大学院制度と受験回数制限が、最後の切り札として、採用された。法科大学院に通う人しか受験させなければ、母数が減ります。そして、受験回数制限をかければ、年配者は退出していく。これで、本来であれば、滞留による高齢化問題は解消するはずでした。ところが、様々な事情で予備試験が残ってしまい、法科大学院に通わない人も受験でき、しかも、受験回数制限によって一度受験資格を失っても、なお予備試験ルートで受験できるようになってしまいました。そのため、滞留問題は、解消されなかったのです。しかも、その後、受験回数制限が5年5回に緩和されたため、この滞留問題は、深刻化してきていたのでした。
 以上のような状況は、新しい若手優遇策を必要とします。そこで、新司法試験になって採用された、新しい若手優遇策が、長文の事例を用いた「規範と当てはめ」重視の論文試験の出題及び採点です。知識・理解の乏しい若手は、規範を明示するので精一杯です。ならば、そこに大きな配点をおけば、若手も点が取れる。他方、知識・理解の豊富な年配者は、なぜそのような規範を用いるのか、制度趣旨は何か、という抽象論に至るまでよく知っていますから、これを書きたがりますならば、そこには大きな配点を与えないようにすればよい。また、知識・理解の乏しい若手は、頭の中にある知識・理解が乏しいので、現場で目の前にある問題文を使おうとする。そのため、若手はとにかく問題文を丁寧に引用する傾向がある。これに対し、知識・理解の豊富な年配者は、事実の持つ意味付け(評価)を重視し、問題文の事実自体の引用を省略して、評価から先に書こうとしますならば、単純な事実の引用に重い配点を置き、事実の評価は加点事由程度にしてしまえばよいこの方法は、「実務と理論の架橋という新制度においては、規範を具体的事実に当てはめるという法的三段論法が特に重要である。したがって、規範の理由付けや事実の評価よりも、規範の明示と具体的事実の摘示に極端な配点を置くべきだ。」という建前論によって正当化できるという点においても、優れていたのでした。しかも、おそらくこれは考査委員自身も気が付いていないようですが、若手は字を書く速度が早いため、事実の摘示をこなせるのに対し、年配者は字を書く速度が遅いため、配点の高い事実の摘示ができないという強力な若年化効果もありました。この方法論は、司法試験の論文における顕著な若返りの傾向として、かなりの成果を挙げています(「平成30年司法試験の結果について(13)」)。そして、この方法論は、予備試験でも使われている。論文の学習をするに当たっては、この点を意識しておく必要があるのです。がむしゃらに勉強して、知識・理解を深めることは、かえって当局が落とそうとしている人物像に当てはまってしまうということです。知識・理解は、規範と、その規範を使うのはどのような場合かを的確に把握できる程度で十分です。後は、規範の明示と事実の摘示というスタイルで最後まで書き切る筆力を身に付ける。司法試験も予備試験も、この点は変わりません。

4 上記のような若手優遇策が採られているにもかかわらず、昨年、今年と、若手が増加しなくなってきた。これを、どう考えるかです。考えられるのは、上記の若手優遇策の効果が、薄れてきたのではないか、ということです。上記の若手優遇策は、「規範と事実にあり得ない配点がある。」ことについて、多くの人が知らない、という前提があって、初めて大きな効果を生じさせます。しかし、当サイトがそのことをあからさまに指摘するようになって、既に数年が経過しました。特に、平成27年からは、規範の明示と事実の摘示に特化したスタイルの参考答案を当サイトに掲載するようになったので、具体的にどのようなスタイルで書けばよいかも、わかるようになった。このことが、上記の若手優遇策の効果を薄れさせている可能性は、十分あるように思います。司法試験の予備組の結果にも、このことが表れています(「平成30年司法試験の結果について(9)」)。
 論文の傾向分析との関係で留意すべきことは、「現在の若手優遇策が無効になった場合には、法務省は別の若手優遇策を考えてくる。そうなると、論文の出題、採点傾向が大きく変わるであろう。」ということです。とはいえ、今後、上記の若手優遇策の効果が完全に消失することになるかというと、それはない、と思います。なぜなら、上記若手優遇策の効果は、「年配者は字を書く速度が遅い。」ということによっても生じているからです。こればかりは、なかなか急には改善できない。加齢による衰えは、ある程度仕方がないものだからです。今年の結果をみても、20代は確かに減少したものの、依然として合格者全体の75.5%を占めているのですから、圧倒的な強さに変わりはないのです。ですから、現段階で、直ちに上記の若手優遇策が有効ではなくなった、ということはできません。したがって、当面は、現在の論文の傾向が大きく変わることはないだろうと思っています。 

posted by studyweb5 at 15:01| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
念願の岩手で弁護士活動 横浜出身三森さん陸前高田に着任へ
タトゥー彫師の無罪勝ち取った美人弁護士 来夏に立憲民主から出馬の追い風に
ピンポイント行政法 (DAILY法学選書)
裁判長の大人げない弁護士イジメ 2度の忌避申し立てで提訴
政活費の支出、不正あっても返還請求できず 最高裁判決 
紛争リスクを回避する 自治体職員のための住民監査請求・住民訴訟の基礎知識
法科大学院等特別委員会(第89回) 配付資料
司法試験委員会 第143回会議(平成30年9月10日)
行政法研究【第27号】
法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会第16回会議議事録等
爆薬など製造の少年 家裁が検察官送致の決定
自治立法綱要
強盗強姦 上告棄却で起訴から8年で無期確定へ
少年に懲役20年求刑 名古屋女性強殺で検察側 
行政法 第2版
パワハラ自殺賠償確定 名古屋の会社 最高裁
スーツ姿で弁護士になりすました「受け子」は中学生 詐欺未遂で14歳少年を逮捕 大阪府警
行政法判例集 II -- 救済法 第2版
スリランカ最高裁、大統領の「議会解散」を差し止め
18歳の弁護士誕生 ブラジルでは最年少に
法治行政論 (行政法研究双書 37)
平成31年司法試験受験案内
平成30年司法試験予備試験口述試験(最終)結果
法学セミナー 2018年 12 月号
政府 法科大学院定員を管理 負担軽減、5年コース新設へ
弁護士会の集い 改憲主題、京都府が共催断る
いま日本国憲法は〔第6版〕: 原点からの検証
飲酒運転で2台巻き添え 弁護士業務停止 新潟
司法予備試験の合格者数、初の前年割れ 最年長は64歳
憲法研究【第3号】
弁護士よりもAIの方が秘密保持契約書(NDA)の処理を素早く正確に行える
日本初の自動車用弁護士ステッカー あおり運転の未然防止策
ドイツの憲法判例IV
年間100日以上海外を“旅行する弁護士”の「働き方改革」とは?
弁護士による退職代行サービス提供を開始! 料金一律6万円
他社提供サービスと異なり 弁護士が提供する適法・安心なサービス

憲法問答
横浜の無免許死亡事故で嘘教唆の弁護士起訴
うそ教唆の罪で弁護士起訴 無免許死亡事故、横浜地検
「表現の自由」の明日へ:一人ひとりのために、共存社会のために
世界の大定番ゲーム「テトリス」には不安とストレスを軽減する効果があると判明
史上最年少で予備試験を突破し、今年司法試験に合格 栗原連太郎さん(法1)
法の本質: デジタル復刻
裁判員候補、出席2割 選任手続き 制度形骸化の恐れ
裁判員辞退 昨年76%
比較憲法学の現状と展望
審理期間が最長207日、地裁支部が無期判決
確定死刑囚、無罪を主張 執行先送り目的か 東京地裁初公判
法による国家制限の理論
死刑囚、2人の殺害を否認 東京地裁初公判
わいせつで停職6カ月、兵庫・加古川市の処分は妥当 最高裁
国会の立法権と地方自治 憲法・地方自治法・自治基本条例 (北海道自治研ブックレットNo.6)
弁護士が教えるTOEIC高得点につながる最短暗記術
徴用工判決「日本政府の対応はプロパガンダ」「請求権協定の白紙撤回を」弁護士たちの様々な声
メディア法研究【創刊第1号】
徴用工判決で問われる「日韓国交正常化の闇」
徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず
憲法講義 第2版
徴用工原告側と面会せず 新日鉄住金、警備員がメモ代読
徴用工裁判の不当性、対外発信を本格化
憲法ガールII
負傷の米最高裁判事が退院 リベラル派 
最高齢の米最高裁判事が入院 リベラル派 
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか
若者の強制送還猶予、撤廃認めず 米連邦控訴裁 
認知症患者を安楽死させた医師を訴追へ、オランダ合法化後初
憲法講話 (岩波文庫)
東大卒で元財務官僚の山口真由「やりたいことが何にもない」
奨学金、保証人の義務「半額」なのに…説明せず全額請求
司法試験論文過去問演習 民法―実務家の事案分析と答案作成法
1.8億円横領容疑で弁護士を逮捕…大阪地検
1億8千万円横領容疑で弁護士逮捕 大阪地検特捜部
刑事訴訟法 第2版 (伊藤真ファーストトラックシリーズ 6)
ひろゆきと唐澤貴洋弁護士が因縁対決 「ネット掲示板の管理責任」めぐり激論
マリカー判決、コスプレ著作権「パンドラの箱」はなぜ開かなかったのか? 福井弁護士が判決文を読み解く
ブリッジブック刑法の考え方〔第3版〕 (ブリッジブックシリーズ)
精神鑑定「迅速判断を」=裁判員裁判の公判前長期化で-最高裁
共犯の基礎理論
黙秘、動機不明 殺意立証、苦悩の検察
被告、殺意を否認 寝屋川中1男女殺害の初公判 
寝屋川中1男女殺害 殺意否認 被告側、致死罪主張 大阪地裁初公判
逮捕勾留プラクティス
育てリーガル女子、福岡県弁護士会などシンポ 
<韓国、徴用工判決>賛成11人、反対2人…反対の理由は?
刑事司法と精神鑑定
「徴用工の勝訴」は用意周到に準備されていた
韓国に分かる形で怒り示そう
犯罪加害者と表現の自由――「サムの息子法」を考える
韓国に2・5兆円ほど要求しては?
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等