2018年11月15日

2018年11月14日のtweet








posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

2018年11月13日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(3)

1 以下は、年齢層別の短答合格率(受験者ベース)です。

年齢層 短答
合格率
19歳以下 6.5%
20~24歳 22.1%
25~29歳 21.5%
30~34歳 21.2%
35~39歳 29.1%
40~44歳 24.1%
45~49歳 28.3%
50~54歳 29.9%
55~59歳 24.7%
60~64歳 28.5%
65~69歳 19.2%
70~74歳 15.4%
75~79歳 8.3%
80歳以上 0%

 当サイトでも、繰り返し説明しているとおり、短答は単純に知識で差が付くので、勉強量の多い年配者が有利です。それが、合格率にはっきり表れている。30代後半から60代前半までの年代は、全て24%を超える高い合格率です。これに対し、20代前半は22.1%に過ぎません。このことは、単純に知識だけで勝負させてしまうと、「30代後半くらいまで勉強を続けないとなかなか合格できない。」という怖い結果が出力されかねないことを示しています。合格率のトップが50代前半というのも、若い人からすれば、「意味がわからないよ。」という感じだと思います。このことは、30代後半から60代前半までの受験者の多くは、勉強期間が長い人達である。すなわち、30代、40代、50代になって初めて法曹を目指し始めた社会人ではなく、旧司法試験時代から、苦節10年、20年、30年と勉強を続けている人達である、ということを意味しています。旧司法試験時代に存在した滞留者問題は、解消されていないのです。前回の記事(「平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(2)」)で説明した若年化方策が必要とされる所以です。

2 上記のとおり、短答は年配者有利の結果でしたが、論文段階ではどうなるか。以下は、短答合格者ベースの年齢層別論文合格率です。

年齢層 論文
合格率
19歳以下 20.0%
20~24歳 33.8%
25~29歳 25.0%
30~34歳 15.8%
35~39歳 11.8%
40~44歳 5.0%
45~49歳 7.7%
50~54歳 2.6%
55~59歳 3.2%
60~64歳 2.7%
65~69歳 0%
70~74歳 5.8%
75~79歳 0%
80歳以上 ---

 短答では強かった年配者が壊滅し、若手が圧倒的に有利になっています。これが、前回の記事(「平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(2)」)で説明した若年化方策の効果です。法律の知識・理解だけで勝負させてしまうと、短答のように30代後半以降の者が有利になり、50代前半が最も受かりやすい試験になってしまう。「50代前半まで勉強を続けた者が一番受かりやすい試験」など、誰も受けたくないでしょう。だから、そのような年代層が受からないような出題、採点をする。具体的には、長文の事例問題を出題し、規範と事実、当てはめ重視の採点をするということです。規範も、判例の規範であれば無条件に高い点を付けるが、学説だとかなり説得的な理由を付していなければ点を付けない。若手は、とにかく判例の規範を覚えるので精一杯です。しかし、勉強が進んでくると、判例の立場の理論的な問題点を指摘する学者の見解まで理解してしまいます。「そうか判例は間違いだったのか。」と、悪い意味で目から鱗が落ちる。こうして、年配者は、「間違った」判例ではなく、「正しい」学説を書こうとします。この傾向を逆手に取れば、若年化効果のある採点ができるというわけです。この採点方法は、「理論と実務の架橋という理念からすれば、まず判例の立場を答案に示すことが求められる。」という建前論によって、正当化することができる点でも、優れています。
 予備試験の論文式試験の問題は、旧司法試験の問題に外見が似ています。しかし、旧司法試験時代と現在とでは、若年化方策が異なる旧司法試験時代は、比較的単純な基本重視で、とりあえず趣旨を書けば受かる、というものでした。だから、趣旨に遡る形式の予備校論証を貼っていれば、当てはめがスカスカでも受かっていたのです。これに対し、現在の予備試験は、規範の明示と事実の摘示に極端な配点を置く当てはめ重視です。ですから、論証を貼って当てはめがスカスカというのでは、危ない。旧司法試験過去問を解く場合には、この点に注意する必要があります。

3 このように、短答では知識重視の出題、採点をして高齢化させておいて、論文で若年化させる。現在は、そのような仕組みになっています。なぜ、短答段階でも若年化の方策を採らないのか、不思議に思う人もいるでしょう。かつての旧司法試験では、短答でも複雑なパズル問題を出題するなど、知識では解けない問題を出題して、若年化を図っていました。ところが、そのような手法は、見た目にも法律の知識・理解を問う気がないことがバレてしまう出題形式だったので、もはや法律の試験ではない、というまっとうな批判がなされました。しかも、短答段階で知識を問わなくなった結果、あまりにも知識のない者が合格してしまい、修習に支障が生じるという事態にもなりました(旧試験でも民法だけは知識重視の傾向が維持されたのは、これだけは譲れない一線だったからだと言われています。)。そして、そもそも、年配者も知識で解かないということに気付いてしまい、若年化効果が薄れてしまった。そこで、新司法試験では、そのような出題はしないこととされたのです。

 

新司法試験実施に係る研究調査会報告書(平成15年12月11日)より引用。太字強調は筆者。)

第4 短答式試験の在り方

1 出題の在り方

 (中略)

 基本的知識が体系的に理解されているかを客観的に判定するために,幅広い分野から基本的な問題を多数出題するものとし,過度に複雑な出題形式とならないように留意する

(引用終わり)

 

 このことは、司法試験考査委員会議で申し合わせ事項として確認され、予備試験における短答式試験の実施方針においても留意事項とされています。

 

(「司法試験における短答式試験の出題方針について」(平成29年11月16日司法試験考査委員会議申合せ事項)より引用。太字強調は筆者。)

 司法試験の短答式による筆記試験は,裁判官,検察官又は弁護士となろうとする者に必要な専門的な法律知識及び法的な推論の能力を有するかどうかを判定することを目的とするものであるが,その出題に当たっては,法科大学院における教育内容を十分に踏まえた上,基本的事項に関する内容を中心とし,過度に複雑な形式による出題は行わないものとする。

(引用終わり)

(「予備試験の実施方針について」(平成21年11月11日司法試験委員会)より引用。太字強調は筆者。)

第2 短答式試験について

 (中略)

3 出題方針等

(1) 法律基本科目(憲法,行政法,民法,商法,民事訴訟法,刑法,刑事訴訟法をいう。以下同じ。)

○ 幅広い分野から,基本的な事項に関する内容を多数出題するものとする。
新司法試験の短答式試験において,過度に複雑な形式による出題は行わないものとしていることにも留意する必要がある

(引用終わり) 

 

 短答は、出題形式や採点方法に工夫の余地が少ないのに対し、論文は、採点をブラックボックスにできるので、工夫の余地が大きいのです。そして、現在の方策は、外見上、法律の知識・理解が問われているように見えるので、年配者も気が付きにくい。不合格になっても、来年に向けて法律の知識・理解を深めようと努力してくれれば、その年配者を落とすことができるので、問題がないわけです。

4 ただ、前回の記事(「平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(2)」)でも説明したとおり、今年の結果をみると、この若年化方策の効果が、薄まりつつあるように感じます。これは、論文合格率を一昨年(平成28年)の数字と比較すると、わかります。以下は、短答合格者ベースの論文合格率の平成28年と今年の比較表です。

年齢層 平成28年 今年 両者の差
19歳以下 0% 20.0% +20.0%
20~24歳 37.8% 33.8% -4.0%
25~29歳 24.5% 25.0% +0.5%
30~34歳 11.7% 15.8% +4.1%
35~39歳 8.3% 11.8% +3.5%
40~44歳 4.3% 5.0% +0.7%
45~49歳 4.7% 7.7% +3.0%
50~54歳 2.3% 2.6% +0.3%
55~59歳 2.1% 3.2% +1.1%
60~64歳 2.7% 2.7%
65~69歳 0% 0%
70~74歳 0% 5.8% +5.8%
75~79歳 0% 0%
80歳以上 --- --- ---
全体 17.6% 17.2% -0.4%

 全体の論文合格率でみると、平成28年と今年は、ほぼ同じです。しかし、年代別でみると、20代前半だけが合格率を落とし、他の年配者層は概ね合格率を伸ばしていることがわかります(※)。若年化方策の効果が、薄まってきているといえるでしょう。当サイトが、規範の明示と事実の摘示の重要性を繰り返し説明し、平成27年からこれに特化した参考答案を掲載するようになったこともあって、若年化方策の手口が知られるようになってきたことが、影響しているのでしょう。もっとも、合格率の数字自体は、いまだに20代前半がトップであることに変わりはない。前回の記事(「平成30年予備試験口述試験(最終)結果について(2)」)で説明したとおり、若年化方策の効果が若干薄れたとはいえ、その効果が消失しそうな状況には、全くなっていないということです。そうである以上、法務省としても、今の論文の出題、採点の方針を変更する理由はない。したがって、当面は、論文の傾向は変わらない、と考えておいてよいでしょう。
 ※ 19歳以下が大幅に伸びているようにみえますが、これは母数が少ないことによるものです。

posted by studyweb5 at 10:59| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
念願の岩手で弁護士活動 横浜出身三森さん陸前高田に着任へ
タトゥー彫師の無罪勝ち取った美人弁護士 来夏に立憲民主から出馬の追い風に
ピンポイント行政法 (DAILY法学選書)
裁判長の大人げない弁護士イジメ 2度の忌避申し立てで提訴
政活費の支出、不正あっても返還請求できず 最高裁判決 
紛争リスクを回避する 自治体職員のための住民監査請求・住民訴訟の基礎知識
法科大学院等特別委員会(第89回) 配付資料
司法試験委員会 第143回会議(平成30年9月10日)
行政法研究【第27号】
法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会第16回会議議事録等
爆薬など製造の少年 家裁が検察官送致の決定
自治立法綱要
強盗強姦 上告棄却で起訴から8年で無期確定へ
少年に懲役20年求刑 名古屋女性強殺で検察側 
行政法 第2版
パワハラ自殺賠償確定 名古屋の会社 最高裁
スーツ姿で弁護士になりすました「受け子」は中学生 詐欺未遂で14歳少年を逮捕 大阪府警
行政法判例集 II -- 救済法 第2版
スリランカ最高裁、大統領の「議会解散」を差し止め
18歳の弁護士誕生 ブラジルでは最年少に
法治行政論 (行政法研究双書 37)
平成31年司法試験受験案内
平成30年司法試験予備試験口述試験(最終)結果
法学セミナー 2018年 12 月号
政府 法科大学院定員を管理 負担軽減、5年コース新設へ
弁護士会の集い 改憲主題、京都府が共催断る
いま日本国憲法は〔第6版〕: 原点からの検証
飲酒運転で2台巻き添え 弁護士業務停止 新潟
司法予備試験の合格者数、初の前年割れ 最年長は64歳
憲法研究【第3号】
弁護士よりもAIの方が秘密保持契約書(NDA)の処理を素早く正確に行える
日本初の自動車用弁護士ステッカー あおり運転の未然防止策
ドイツの憲法判例IV
年間100日以上海外を“旅行する弁護士”の「働き方改革」とは?
弁護士による退職代行サービス提供を開始! 料金一律6万円
他社提供サービスと異なり 弁護士が提供する適法・安心なサービス

憲法問答
横浜の無免許死亡事故で嘘教唆の弁護士起訴
うそ教唆の罪で弁護士起訴 無免許死亡事故、横浜地検
「表現の自由」の明日へ:一人ひとりのために、共存社会のために
世界の大定番ゲーム「テトリス」には不安とストレスを軽減する効果があると判明
史上最年少で予備試験を突破し、今年司法試験に合格 栗原連太郎さん(法1)
法の本質: デジタル復刻
裁判員候補、出席2割 選任手続き 制度形骸化の恐れ
裁判員辞退 昨年76%
比較憲法学の現状と展望
審理期間が最長207日、地裁支部が無期判決
確定死刑囚、無罪を主張 執行先送り目的か 東京地裁初公判
法による国家制限の理論
死刑囚、2人の殺害を否認 東京地裁初公判
わいせつで停職6カ月、兵庫・加古川市の処分は妥当 最高裁
国会の立法権と地方自治 憲法・地方自治法・自治基本条例 (北海道自治研ブックレットNo.6)
弁護士が教えるTOEIC高得点につながる最短暗記術
徴用工判決「日本政府の対応はプロパガンダ」「請求権協定の白紙撤回を」弁護士たちの様々な声
メディア法研究【創刊第1号】
徴用工判決で問われる「日韓国交正常化の闇」
徴用工問題で日本政府、国際司法裁に提訴へ 大使召還は行わず
憲法講義 第2版
徴用工原告側と面会せず 新日鉄住金、警備員がメモ代読
徴用工裁判の不当性、対外発信を本格化
憲法ガールII
負傷の米最高裁判事が退院 リベラル派 
最高齢の米最高裁判事が入院 リベラル派 
AI時代の憲法論 人工知能に人権はあるか
若者の強制送還猶予、撤廃認めず 米連邦控訴裁 
認知症患者を安楽死させた医師を訴追へ、オランダ合法化後初
憲法講話 (岩波文庫)
東大卒で元財務官僚の山口真由「やりたいことが何にもない」
奨学金、保証人の義務「半額」なのに…説明せず全額請求
司法試験論文過去問演習 民法―実務家の事案分析と答案作成法
1.8億円横領容疑で弁護士を逮捕…大阪地検
1億8千万円横領容疑で弁護士逮捕 大阪地検特捜部
刑事訴訟法 第2版 (伊藤真ファーストトラックシリーズ 6)
ひろゆきと唐澤貴洋弁護士が因縁対決 「ネット掲示板の管理責任」めぐり激論
マリカー判決、コスプレ著作権「パンドラの箱」はなぜ開かなかったのか? 福井弁護士が判決文を読み解く
ブリッジブック刑法の考え方〔第3版〕 (ブリッジブックシリーズ)
精神鑑定「迅速判断を」=裁判員裁判の公判前長期化で-最高裁
共犯の基礎理論
黙秘、動機不明 殺意立証、苦悩の検察
被告、殺意を否認 寝屋川中1男女殺害の初公判 
寝屋川中1男女殺害 殺意否認 被告側、致死罪主張 大阪地裁初公判
逮捕勾留プラクティス
育てリーガル女子、福岡県弁護士会などシンポ 
<韓国、徴用工判決>賛成11人、反対2人…反対の理由は?
刑事司法と精神鑑定
「徴用工の勝訴」は用意周到に準備されていた
韓国に分かる形で怒り示そう
犯罪加害者と表現の自由――「サムの息子法」を考える
韓国に2・5兆円ほど要求しては?
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等