2007年03月15日

民事訴訟法5

上訴の利益

基準の明確性から、当事者の申立と、原判決を比較して、後者が前者に及ばない場合に認められると考える。

附帯控訴

附帯控訴には移審効や確定遮断効がないので、控訴ではない。攻撃防御方法の一種と解すべきである。

posted by studyweb5 at 19:33| 民訴法論証 | 更新情報をチェックする

民事訴訟法4

「請求の基礎」(143条1項)の同一性の意義

訴えの変更制度の趣旨は訴訟経済にある。訴訟経済に資する場合とは、訴訟資料が共通している場合である。
よって、訴訟資料が新旧請求で共通し、新請求において流用可能な場合をいうと考える。

通常共同訴訟における共同訴訟人間の主張共通

通常共同訴訟は本来別個の訴訟であるから、主張共通は認められない。

通常共同訴訟における共同訴訟人間の証拠共通

裁判所が不自然な心証形成を強いられるのを避けるため、証拠共通は認めるべきである。

固有必要的共同訴訟と通常共同訴訟の区別

実体法との調和の観点から、実体法上単独では管理処分権が認められない場合が固有必要的共同訴訟となると考える。

主観的予備的併合の可否

共同訴訟人の一部のみ上訴した場合に審判の不統一が生じるし、予備的被告の地位が不安定であるから否定すべきである。

主観的追加的併合の可否

追加される者がそれ以前の訴訟の結果に拘束されるのは手続保障上問題があるので、否定すべきである。

補助参加の利益

主文以外は当事者ですら拘束されないのである(114条1項)から、参加の利益が認められるのは、
訴訟物についての判断に論理的に影響を受けるような法律的地位にある場合に限られると考える。

参加人は被参加人の形成権を行使できるか

訴訟上の形成権行使には私法上の形成権行使も含まれる以上、私法上行使できない参加人は、
訴訟上も被参加人の形成権を行使できない。

「効力」(46条)の意義

同上の趣旨は、被参加人と参加人の間で信義則上敗訴責任を分担すべきとする点にあるから、
被参加人敗訴の場合に被参加人と参加人間にのみ生じる、既判力とは異なる特殊の参加的効力であると考える。

被告知者が告知者の相手方に参加した場合の参加的効力

相手方に参加した以上、告知者と敗訴責任を分担する信義則上の義務はないというべきである。
よって、参加的効力は生じない。

「訴訟の結果によって権利が害される」(47条1項)の意義

「訴訟の結果」とはすなわち判決効と解されるので、判決効の拡張を受ける場合を言うと考える。

上告審での独立当事者参加の可否

上告審では事実の審理ができず、参加人の請求の当否を判断できないので、否定すべきである。

一人の上訴による移審の範囲

合一確定の必要から全部の請求に付き移審する。

一人の上訴による他の当事者の地位

上訴した当事者とは対立関係にあるので、被上訴人となる。

上訴していない当事者間の請求について判決しても304条に反しないか

三面訴訟という特殊性の下での合一確定の必要から、304条の例外であり、反しないと解する。

訴訟脱退者に対する判決の効力

脱退者は参加人と相手方の訴訟の結果に委ねたものといえるから、その勝敗を条件とする請求の放棄、認諾と考える。

任意的当事者変更の法的性格

できる限り明文上の制度で説明すべきであるから、新訴の提起と旧訴の取り下げの複合行為と解する。

訴訟承継原因

訴訟承継制度の趣旨は紛争主体と訴訟当事者を一致させて紛争解決を図ることにあるから、
紛争主体たる地位の承継が承継原因である。

posted by studyweb5 at 19:31| 民訴法論証 | 更新情報をチェックする

民事訴訟法3

固有必要的共同訴訟における単独の訴え取下げの可否

訴え提起も単独でできない以上、取り下げもできないと解すべきである。

「同一の訴え」(262条2項)の意義

再訴禁止の趣旨は、終局判決を徒労にしたことへの制裁であるから、訴訟物のみならず、訴えの利益も同一である必要がある。

意思の瑕疵に基づく訴えの取り下げ

取り下げによる訴訟の終了は当事者意思に根拠がある。よって、そこに瑕疵がある以上、終了効は認められないと考える。
当事者は、訴訟終了を否定して続行期日を指定して争うことができることになる。

請求の放棄・認諾・和解の既判力

「確定判決と同一の効果」とある以上、既判力を有すると解する。
もっとも、放棄認諾和解自体に瑕疵があれば、既判力発生の基礎が失われる。
よって、この場合は訴訟終了を否定し、新期日を指定して争うことができると考える。

訴訟上の和解の解除の効力

旧訴は復活しない。なぜなら、和解後の事情は新たな紛争だからである。

騙取された判決の効力

既判力制度による法的安定性の要請から、再審以外に当然無効を主張することはできないと解する。

争点効

否定すべきである。弾力的訴訟追行が不可能になって、114条の趣旨が没却されるからである。
個別の事案ごとに信義則(2条後段)により妥当な結論を導くべきである。

反射効

否定すべきである。既判力の拡張により妥当な結論を導きうるからである。

肯定すべきである。判決は当事者間に判決内容と同じ契約をなしたのと同様の効果を生じるので、
当事者間の処分行為に依存する第三者はこれを甘受すべきだからである。

既判力の基準時

事実審の口頭弁論終結時である。なぜなら、このときまでに攻撃防御方法の提出ができるからである。

基準時以前の取消・解除

既判力により遮断されるものと解する。当事者は行使できるものを行使しなかった以上、
その結果に自己責任を負うべきだからである。

基準時以前の相殺・建物買取請求権

既判力によっては遮断されないと解する。なぜなら、基準時以前の行使を期待できず、
自己責任を負わせる基礎を欠いているからである。

114条2項における既判力の物的範囲

既判力は基準時における権利関係を確定するのであるから、反対債権の不存在に及ぶと解する。

「承継人」(115条1項3号)の意義

同条の趣旨は紛争解決の実効性確保のためであるから、紛争主体としての地位を承継したものを言うと解する。

固有の抗弁を有する第三者は「承継人」にあたるか

あたらないと解する。固有の抗弁に付き前主の代替的手続保障が及ばないからである。

債権的請求権の拡張

実体法上、債権は第三者に主張できない相対権であるから、その調和の観点から、拡張されないと解する。

posted by studyweb5 at 19:26| 民訴法論証 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
最高裁長官に大谷氏を正式決定
最高裁判事で初の旧姓使用へ 来月就任の宮崎氏「当然」
法学セミナー 2018年 01 月号
取り調べ録音・録画「間違った印象与えるおそれも」
「平成30年司法試験用法文」印刷製本等業務の請負一式
判例法理から読み解く 企業間取引訴訟
第71期司法修習生に対する合同就職説明会のご案内(神奈川県弁護士会)
NHK、最高裁判決を受信料徴収の「錦の御旗にしない」「公平負担の徹底に努めたい」 上田良一会長会見詳報
裁判官! 当職そこが知りたかったのです。 -民事訴訟がはかどる本-
NHK訴訟 受信料、安易な徴収歯止め 制度議論は途上 (1/3)
NHK判決で「テレビ局離れ」が進む
国際裁判管轄の理論と実務-新設規定をめぐる裁判例・学説の検討と解釈-
NHK「受信料支払い拒否裁判」は時代錯誤も甚だしい
受信料訴訟、大きなアドバンテージが認められたNHKとその責任
主文例からみた請求の趣旨記載例集
NHK受信料判決、弁護士出身の裁判官1人が反対意見
「NHK受信料制度は合憲」最高裁が判決、支払い強制「立法裁量として許容される」
判例にみる 債務不存在確認の実務
「調書に誤り」差し戻し審で有罪判決 裁判長は問題調書について言及せず 大阪地裁
赤根国際司法協力担当大使兼最高検察庁検事の国際刑事裁判所裁判官当選について(外務大臣談話)
司法試験・予備試験 スタンダード100 (6) 民事訴訟法 2018年 (司法試験・予備試験 論文合格答案集)
「障害の影響限定的」元名大生控訴審で検察側鑑定医 
タクシーで暴れた弁護士、罰金30万円略式命令
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 民事訴訟法
名張毒ブドウ酒事件、再審請求棄却を決定 名古屋高裁
出廷被告のブラジャー禁止は「羞恥心を侵害する行為で人権侵害」と弁護士会
民事書記官事務の解説―第一審訴訟記録に基づいて 記録編
「アディーレは弁護士ムラの掟を踏みにじった」懲戒処分の舞台裏
アディーレが業務再開 2カ月の処分期間終える 
民事書記官事務の解説―第一審訴訟記録に基づいて 解説編
アディーレが業務再開 弁護士退職、一部は開けず
「出血量、自白と合わず」栃木小1殺害、弁護側証人
法学六法'18
覚醒剤所持の男が弁護士会館に逃走後、逮捕 弁護士会「避難場所との認識は不本意」
弁護士に自動的に付与した税理士資格、規定削除の改正法が可決(韓国)
民事訴訟判例 読み方の基本 The Fundamentals of Judicial Precedents on Civil Procedure
米、入国規制措置を施行 北朝鮮・イランなど8カ国 
米入国制限、暫定差し止め無効 連邦最高裁が判断 
裁判官はこう考える 弁護士はこう実践する 民事裁判手続
性犯罪の新判断 「社会の変化」と最高裁
強制わいせつ判例変更…「ふんぎりが悪い判決」「境目がわからない」弁護側が批判
はじめて学ぶ社外取締役・社外監査役の役割
強制わいせつ、性的意図は不要…最高裁判例変更
強制わいせつ「性的意図」不要 最高裁 47年ぶり判例変更
かんたん会社法 機関・形態編
強制わいせつ「性的意図」は不要 最高裁大法廷、約半世紀ぶりに判例変更
強制わいせつ罪、成立に「性的意図」不要 最高裁が判例変更
株式会社法 第7版(江頭憲治郎)
司法試験合格後の身辺調査について
【東京】≪法科大学院修了生対象≫2017年最後の個別相談会
【大阪】≪70期司法修習生対象≫就職先が決まっていない方の為の個別相談会
女性殺害元米軍属に無期、殺意を認定…那覇地裁判決
図解 会社法 平成29年版
旧優生保護法 不妊手術強制、初の国提訴「尊厳を侵害」
総務・法務担当者のための会社法入門
松橋事件、検察が特別抗告を検討 再審開始決定受け
松橋事件、福岡高裁も再審認める 85年の熊本の殺人
取引ステップで考える実践的M&A入門
所有者不明の土地対策 納税者情報活用へ 国交省
法科大学院等特別委員会(第83回) 配付資料
事例でみる 事業承継の実務-士業間連携と対応のポイント-
司法試験委員会 第135回会議(平成29年9月11日)
法制審議会民法(相続関係)部会第22回会議(平成29年6月20日) 議事録等
会社法のファイナンスとM&A
陛下退位 19年4月30日 新天皇は5月1日即位、改元
皇室会議、採決がない初のケース 25年ぶりの開催
企業法とコンプライアンス 第3版
トップの追及、高いハードル 笹子トンネル事故書類送検 
ヘイトスピーチで在特会の敗訴確定 最高裁、上告退ける
概説 労働市場法
殺傷力高い銃禁止の州法維持=「違憲」主張退ける―米最高裁
新潟水俣病、9人全員の患者認定命令 東京高裁 1審敗訴の2人も
商法判例集 第7版
新潟水俣病控訴審判決 全員救済に歓喜の輪 支援30年、弁護士「よかった」
長崎「被爆体験者」訴訟 大半の敗訴確定へ
取締役・取締役会制度
法科大学院入学、未修者3割枠撤廃へ 志願者が激減
変貌する法科大学院と弁護士過剰社会
「ネット中立性」の終焉は、インターネットにどんな不利益をもたらすか
誰も「自動運転」を正確に定義できない──自動運転機能の多様化が生む混乱
ジュリスト 2017年 12月号
司法修習生の給付金復活へ 「不公平」との声も
東京地検、「宿直勤務者」が2つの仰天不祥事
法学教室 2017年 12 月号
勾留・釈放取り違え 東京地検、身柄取り扱いミス2件
うるまの女性殺害、元米軍属に無期懲役を求刑 那覇地裁
受験新報 2018年 01 月号
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
いわゆるコンピュータ・ウイルスに関する罪について(PDF)
法曹養成制度関係閣僚会議
民法(債権関係)の改正に関する要綱案
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成29年司法試験予備試験の結果について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等