2018年10月05日

平成30年司法試験の結果について(10)

1 論文には、素点ベースで満点の25%(公法系及び刑事系は50点、民事系は75点、選択科目は25点。)未満となる得点だった科目があると、それだけで不合格になるという、最低ラインがあります(※1)。以下は、論文採点対象者に占める最低ライン未満者の割合(最低ライン未満者割合)等の推移です。全科目平均点の括弧内は、最低ライン未満者を含む数字です。
 ※1 もっとも、実際には、最低ラインだけで不合格になることはほとんどありません(「司法試験論文式試験 最低ライン点未満者」の「総合評価の総合点を算出した場合,合格点を超えている者の数」の欄を参照。)。最低ラインを下回る科目が1つでもあると、総合評価でも合格点に達しないのが普通なのです。

最低ライン
未満者
割合
前年比 論文試験
全科目
平均点
前年比
18 0.71% --- 404.06 ---
19 2.04% +1.33% 393.91 -10.15
20 5.11% +3.07% 378.21
(372.18)
-15.70
(---)
21 4.68% -0.43% 367.10
(361.85)
-11.11
(-10.33)
22 6.47% +1.79% 353.80
(346.10)
-13.30
(-15.75)
23 6.75% +0.28% 353.05
(344.69)
-0.75
(-1.41)
24 8.54% +1.79% 363.54
(353.12)
+10.49
(+8.43)
25 7.62% -0.92% 361.62
(351.18)
-1.92
(-1.94)
26 13.4% +5.78% 359.16
(344.09)
-2.46
(-7.09)
27 6.78% -6.62 376.51
(365.74)
+17.35
(+21.65)
28 4.54% -2.24 397.67
(389.72)
+21.16
(+23.98)
29 8.71% +4.17 374.04
(360.53)
-23.63
(-29.19)
30 5.12% -3.59 378.08
(369.80)
+4.04
(+9.27)

 今年は、最低ライン未満者が減少し、過去の数字と比較しても低めの水準となっていることがわかります。
 最低ライン未満者数の主たる変動要因は、全科目平均点です。全科目平均点が高くなると、最低ライン未満者数は減少し、全科目平均点が低くなれば、最低ライン未満者数は増加する。全体の出来が良いか、悪いかによって、最低ライン未満になる者も増減するということですから、これは直感的にも理解しやすいでしょう。単純な例で確認すると、より具体的に理解できます。表1は、X年とY年で、100点満点の試験を実施した場合の受験生10人の得点の一覧です。

表1 X年 Y年
受験生1 60 70
受験生2 55 65
受験生3 50 60
受験生4 45 55
受験生5 40 50
受験生6 35 45
受験生7 30 40
受験生8 20 30
受験生9 15 25
受験生10 10 20
平均点 36 46
標準偏差 16.24 16.24

 25点を最低ラインとすると、最低ライン未満となる者は、X年は3人ですが、Y年には1人に減少しています。これは、平均点が10点上がったためです。表1では、得点のバラ付きを示す標準偏差には変化がありません。得点のバラ付きに変化がなく、全体の平均点が上昇すれば、そのまま最低ライン未満者は減少するということがわかりました。
 では、平均点に変化がなく、得点のバラ付きが変化するとどうなるか、表2を見て下さい。

表2 X年 Y年
受験生1 60 80
受験生2 55 70
受験生3 50 60
受験生4 45 50
受験生5 40 40
受験生6 35 30
受験生7 30 15
受験生8 20 10
受験生9 15 5
受験生10 10 0
平均点 36 36
標準偏差 16.24 27.00

 X年、Y年共に、平均点は36点で変わりません。しかし、最低ライン未満者は、X年の3人から、Y年は4人に増加しています。これは、得点のバラ付きが広がったためです。得点のバラ付きが拡大するということは、極端に高い点や、極端に低い点を取る人が増える、ということですから、極端に低い点である最低ライン未満を取る人も増える、ということですね。統計的には、得点のバラ付きが広がるということは、標準偏差が大きくなることを意味します。Y年の標準偏差を見ると、X年よりも大きくなっていることが確認できるでしょう。このように、得点のバラ付きの変化も、最低ライン未満者数を変動させる要因の1つです。ここで気を付けたいのは、論文の最低ライン未満の判定は、素点ベースで行われる、ということです。採点格差調整(得点調整)後の得点は、必ず標準偏差が100点満点当たり10に調整されます(※2)が、素点段階では、科目ごとに標準偏差は異なります。そのため、素点段階でのバラ付きの変化が、最低ライン未満者数を増減させる要素となるのです。もっとも、全科目平均点の変化と比べると、副次的な要因にとどまるというのが、これまでの経験則です。
 以上のことを理解した上で今年の数字をみると、今年は、全科目平均点が小幅に上昇しています。最低ライン未満者の減少のうちの相当程度の部分は、これで説明できます。このことは、今年と同じくらいの全科目平均点であった平成20年の最低ライン未満者割合が、今年と同じくらいの水準であることからもわかるでしょう。もっとも、前年との比較という観点からは、全科目平均点は昨年、一昨年ほどには大きく変動していません。全科目平均点の変動幅が小さい割には、最低ライン未満者割合の変動が大きいということです。これは、副次的な要因としての得点のバラ付きの変化によるものでしょう。すなわち、今年は、昨年に比べて、得点のバラ付きが小さかったということです。
 ※2 法務省公表資料では、得点調整後の標準偏差の基礎となる変数は、「配点率」とされているだけで、実際の数字は明らかにされていません。しかし、得点調整後の得点分布を元に逆算する方法によって、これが100点満点当たり10に設定されていることがわかっています。

2 以下は、直近5年における公法系、民事系、刑事系の最低ライン未満者割合の推移です。

公法 民事 刑事
26 10.33% 1.69% 1.59%
27 3.46% 2.76% 1.43%
28 1.01% 1.88% 0.73%
29 1.16% 3.78% 3.25%
30 2.23% 1.77% 0.89%

 従来は、公法系は最低ライン未満者が多い傾向でした。特に、平成26年は異常で、実に受験者の1割以上が、公法系で最低ライン未満となっていたのでした。昨年、一昨年は、例の漏洩事件を発端とする考査委員の交代の影響か、最低ライン未満者は1%程度まで減少しました。今年は、若干の増加となっています。一方、民事系と刑事系の最低ライン未満者は、減少しています。特に、刑事系の減少幅が大きい。このことから、全科目平均点の上昇とバラ付きの縮小に最も寄与したのは、刑事系だろうという推測ができます。

3 上記2では、過去の数字との比較を考えました。今度は、今年の素点ベース、得点調整後ベースの最低ライン未満者数の比較を考えます。この両者を比較することで、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点(厳密にはこれを1科目当たりに換算したもの。以下同じ。)より高かったか、低かったか素点段階のバラ付きが大きい(標準偏差10を超えている)か、小さい(標準偏差10を下回っている)かをある程度知ることができるのです。
 そのことを、簡単な数字で確認しておきましょう。まずは、素点段階における各科目の平均点と全科目平均点との関係を考えてみます。100点満点で試験を行ったとした場合の、受験生10人の素点と、全科目平均点を45点とした得点調整後の得点を一覧にしたのが、以下の表3です。

表3 素点 調整後
受験生1 40 57.7
受験生2 37 54.7
受験生3 35 52.7
受験生4 32 49.7
受験生5 30 47.7
受験生6 27 44.7
受験生7 25 42.7
受験生8 22 39.7
受験生9 19 36.7
受験生10 6 23.7
平均点 27.3 45
標準偏差 10 10

  最低ラインを25点とすると、素点では3人の最低ライン未満者がいるのに、調整後は1人しか最低ライン未満の点数となる者がいません。これは、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点より低かったために、得点調整によってその科目の平均点が全科目平均点に等しい値になるように全体の得点が引き上げられた結果、素点段階では最低ライン未満の点数だった者の得点が、最低ライン以上に引き上げられる場合が生じるためです。このように、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点より低いと、得点調整後には最低ライン未満の点数となる者が減少するのです。
 もう1つ、例を挙げましょう。

表4 素点 調整後
受験生1 80 57.7
受験生2 77 54.7
受験生3 75 52.7
受験生4 72 49.7
受験生5 70 47.7
受験生6 67 44.7
受験生7 65 42.7
受験生8 62 39.7
受験生9 59 36.7
受験生10 46 23.7
平均点 67.3 45
標準偏差 10 10

 素点では最低ライン未満者は1人もいないのに、調整後は1人が最低ライン未満の点数になっています。これは、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点より高かったために、得点調整によってその科目の平均点が全科目平均点に等しい値になるように全体の得点が引き下げられた結果、素点段階では最低ライン以上の点数だった者の得点が、最低ライン未満に引き下げられる場合が生じるためです。この場合には、成績表に表示される得点は最低ラインを下回っているのに、なぜか総合評価の対象となっているという、一見すると不思議な現象が生じます。このように、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点より高いと、得点調整後には最低ライン未満の点数となる者が増加するのです。

 次に、素点のバラ付きとの関係をみていきます。100点満点で試験を行ったとした場合の、受験生10人の素点と、全科目平均点を40点とした得点調整後の得点を一覧にしたのが、以下の表5です。

表5 素点 調整後
受験生1 80 55.62
受験生2 70 51.71
受験生3 60 47.81
受験生4 55 45.85
受験生5 40 40
受験生6 35 38.04
受験生7 25 34.14
受験生8 20 32.18
受験生9 10 28.28
受験生10 5 26.32
平均点 40 40
標準偏差 25.6 10

 素点では3人の最低ライン未満者がいるのに、調整後は1人も最低ライン未満の点数となる者がいません。これは、素点段階の得点のバラ付きが大きかった(標準偏差が10を超えている)ために、得点調整によって標準偏差を10に抑えられてしまうと、平均点付近まで得点が引き上げられてしまうためです。このように、素点段階の得点のバラ付きが大きい(標準偏差が10を超えている)と、得点調整後には最低ライン未満の点数となる者が減少するのです。表3及び表4の場合とは異なり、一律の幅で得点が変動しているわけではないことに注意が必要です。バラ付きが調整される場合と、平均点が調整される場合とでは、作用の仕方が異なるのです。
 もう1つ、例を挙げましょう。

表6 素点 調整後
受験生1 40 50.4
受験生2 39 47.08
受験生3 38 43.77
受験生4 37 40.46
受験生5 36 37.15
受験生6 35 33.84
受験生7 34 30.53
受験生8 33 27.22
受験生9 32 23.91
受験生10 31 20.59
平均点 35.5 35.5
標準偏差 3.02 10

 表6では、表5とは逆に、素点段階では1人もいなかった最低ライン未満者が、調整後には2人生じています。これは、素点段階の得点のバラ付きが小さかった(標準偏差が10より小さい)ために、得点調整によって標準偏差を10に拡大されてしまうと、下位者の得点が引き下げられてしまうためです。この場合にも、表4の場合と同様に、成績表に表示される得点は最低ラインを下回っているのに、総合評価の対象となっているという、一見すると不思議な現象が生じます。このように、素点段階の得点のバラ付きが小さい(標準偏差が10より小さい)と、得点調整後には最低ライン未満の点数となる者が増加するのです。
 以上のことを理解すると、素点段階の最低ライン未満者数と、得点調整後に最低ライン未満の点数となる者の数の増減を確認することによって、素点段階のその科目の平均点が全科目平均点より高かったか、低かったか、素点段階での得点のバラ付きが、標準偏差10より大きかったのか、小さかったのかをある程度判断することができることがわかります。法務省が公表する最低ライン未満者数は、素点段階の数字です。では、得点調整後の最低ライン未満者数はどうやって確認するか。これは、各科目の得点別人員調を見ればわかります。得点別人員調は、調整後の得点に基づいているからです。このようにして、素点ベース、得点調整後ベースの最低ライン未満者数をまとめたのが、以下の表です。倍率とは、得点調整後の数字が、素点段階の数字の何倍になっているかを示した数字です。

科目 素点 得点調整後 倍率
公法 82人 146人 1.78
民事 65人 114人 1.75
刑事 33人 150人 4.54

 公法系、民事系、刑事系のいずれも、得点調整後の方が数が増えています。これは、上記の例でいえば、表4又は表6のパターンだということですね。ここで注意すべきは、公法系、民事系、刑事系のいずれについても表4のパターンである、ということは通常あり得ないということです。公法系、民事系、刑事系の素点の平均点が、いずれも全科目平均点より高いということは、選択科目の平均点が極端に低くないと生じ得ないからです。他方で、公法系、民事系、刑事系のいずれについても表6のパターンである、ということはあり得ることです。仮に、公法系、民事系、刑事系のそれぞれの素点段階における平均点にはそれほど差がないと仮定すると、得点調整後の倍率が特に高い刑事系は、極端に素点のバラ付きが小さかったことになります。

4 得点調整が行われると、具体的にどのくらい調整後の得点が変動するのか。これは、各科目の最低ラインとなる得点と、得点別人員調の順位を下から見た場合の最低ライン未満者数の順位に相当する得点を比較することで、ある程度把握することが可能です。例えば、公法系では82人の最低ライン未満者がいます。今年の論文の採点対象者は3669人ですから、下から数えて82位は、上から数えると3588位ですね。そこで、得点別人員調で3588位に相当する得点を見ると、41点です。こうして、素点の50点は、概ね得点調整後の41点に相当することがわかるわけです。このことは、得点調整によって、概ね9点程度の得点が変動していたことを意味します。同様のことを民事系、刑事系でも行い、何点程度変動したかをまとめたものが、以下の表です。

科目 得点調整
による
変動幅
公法 9点
民事 10点
刑事 20点

 今年は、刑事系の20点が最も大きい変動幅であることがわかります。問題は、この20点がどのように全体の得点に作用しているかです。仮に、刑事系の素点段階の平均点が全科目平均点とほぼ等しい数字だったとすると、これは専ら得点のバラ付きの調整として作用することになるわけです。つまり、最上位陣の者との関係では、素点から20点程度押し上げるものとして、最下位陣の者との関係では、素点から20点程度押し下げるものとして作用する。例えば、今年の刑事系のトップは176点を取っています(「平成30年司法試験の結果について(7)」)が、素点段階では156点くらいだった可能性が高いということです。他方、刑事系で10点未満だった者は9人いますが、この9人も、素点段階では30点弱くらいは取っていた可能性が高いということになるのです。
 仮に、刑事系の標準偏差が10に近い数字だったとすると、これは専ら平均点の調整として作用することになるこの場合には、素点から20点押し下げるものとして作用することになりますが、これはちょっと考えにくいように思います。なぜなら、その場合には、今年の刑事系のトップである176点の者は、素点段階では196点程度だったことになりますが、これはさすがにあり得ないと思えるからです。したがって、今年の刑事系は、標準偏差が10より小さかった、すなわち、素点段階ではほとんど差が付かない問題だったということになるのです。
 今年の刑事系のように、得点調整による変動幅が大きな科目は、要注意です。1つには、採点実感において、優秀、良好とされる得点の幅にズレを生じさせるからです。また、変動幅が素点段階のバラ付きが小さかったことによって生じている場合には、素点段階では些細な差に過ぎなかったものが、得点調整を経ると想像以上に大きな差となる、という現象が生じます。ちょっとしたことが致命傷になり得る、ということです。誰もが書く規範を1つ明示し忘れたとか、当てはめの事実を1つ落としてしまった。そんな些細なことが、得点調整後には致命的になり得るのです。今年は、刑事系でその現象が生じやすいでしょう。「他の人とほとんど変わらないのに、どうして俺だけこんなに低い点数なんだ。」ということが、普通に起きるわけです。再現答案等を比較する際には、こういったことも正しく理解しておく必要があるのです。

posted by studyweb5 at 01:56| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
司法試験平成30年最新判例ノート
バイト賞与なし「違法」 大阪高裁…格差「不合理」認定
バイトに賞与なし「違法」 大阪高裁「正社員の6割」支給命令
憲法 第七版
駒澤大学法学研究所が、通常会員(社会人)を募集 -- 2月28日まで応募受付
国会訴追委がツイッター裁判官に出頭要請
教職課程のための憲法入門 第2版
高検事務官、着服で停職 仙台、親睦団体会費35万円
視察欠席の市議が逆転敗訴 最高裁「厳重注意は適法」
憲法の最高法規性と基本権 (学術選書176)
強姦冤罪事件を生み出した“プロ失格”の検察と裁判所が“14歳の少女”のウソを見抜けず
ネットで集まった男たちの凶行 2つの公判でも真相分からぬまま
ヘイト・スピーチ法 研究原論 (ヘイト・スピーチを受けない権利)
AIが企業のリスク要因に? グーグルとマイクロソフトが年次報告に記載した真意
なぜスイスの女性は賃金格差を理由に雇用主を訴えないのか
憲法適合的解釈の比較研究
韓国原告側 資産売却開始を表明…新日鉄住金 協議応じず
トランプ大統領、壁建設へ非常事態宣言 民主党は法廷闘争の構え
トランプ大統領の「非常事態宣言」、法廷闘争に火蓋
メディア判例百選 第2版 (別冊ジュリスト241号)
新たな壁、100%機能…トランプ氏会見要旨
トランプ氏、非常事態宣言…壁建設に80億ドル
インドの憲法〔新版〕 ―「国民国家」の困難性と可能性―
英検察、交通事故起こしたフィリップ殿下を訴追せず
人権法の現代的課題: ヨーロッパとアジア
日産がはじくゴーン被告の「コスト」
女性活躍 検事も…4人に1人に
侵害留保原則の埒外の領域はあるか?―奈良県ため池条例事件と浦安ヨット事件
平成31年司法試験の試験場
平成31年司法試験用法文登載法令
法学セミナー 2019年 03 月号
「みんなで筋肉体操」出演東大卒弁護士に聞く 筋肉は裏切らない!
自己破産6.2%増 銀行カードローン抑制したけど…
一○六○の懲戒事例が教える 弁護士心得帖
司法試験合格者「過剰」 13弁護士会が声明 
13弁護士会が声明「さらに司法試験合格者減らすべき」 裁判官、検察と比べ「弁護士だけが増加」
Newえんしゅう本 6―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 刑法
虐待事案への法的助言も、弁護士活用に文科相
「公正で寛容な社会に」 草野最高裁判事が就任会見
Newえんしゅう本 7―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 刑訴
象印元副社長ら殺害 死刑確定へ
<秋田・弁護士殺害国賠訴訟>警察は真摯に検証を
Newえんしゅう本 2―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 行政法
遺された妻「悲しみが深くなる判決」 秋田弁護士刺殺事件控訴審判決
弁護士刺殺、県も賠償責任 高裁支部が警官不手際認定 
警察官のためのわかりやすい警察行政法
警官が侵入者取り違え、弁護士刺殺 県に賠償命じる判決
80歳弁護士、和解金800万円流用の疑い
刑事訴訟法 第2版 (Next教科書シリーズ)
「無罪請負人」弘中弁護士がゴーン被告の担当に、大鶴氏は辞任
ゴーン被告の大鶴弁護人ら辞任=新たにロス疑惑の弘中氏
ロクシン刑法総論〈第1巻 基礎・犯罪論の構造〉【第4版】[翻訳第1分冊]
ゴーン氏の弁護士を尾行…東京地検特捜部「極秘作戦」の狙いと中身
警察官の服制に関する規則及び警察官等けん銃使用及び取扱い規範の一部を改正する規則(国家公安委一)
国家補償法の研究I―その実践的理論
拳銃入れ改良、奪われにくく 交番襲撃で警察庁が対策
グーグルがWikipediaへの支援を拡大、そこには「将来の利益」を見据えた戦略があった
強制採尿の違憲性 (証拠法研究第六巻)
“池袋東口暴走事件”確定判決から考える「てんかん」という病気の本当の姿
重機死傷事故に懲役10年求刑「危険認識、厳しい非難」
取調べハンドブック
【松橋事件再審無罪へ】目に余る検察の“引き延ばし戦略”…冤罪救済のために再審制度の見直しを
松橋再審 無罪へ…即日結審 検察 求刑せず 熊本地裁
新警察民法〔改訂版〕
交番射殺25年求刑…検察側「前代未聞の事件」
刑事弁護人のための科学的証拠入門 (GENJIN刑事弁護シリーズ24)
「法曹コース」設置で教育連携協定 神戸大と新潟大
岡口裁判官「要件事実マニュアルは掟破りだった」 裁判官の出版事情語る
Newえんしゅう本 5―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 民訴
「登録弁護士制度」、4月から…大阪弁護士会
公務員生活10年から弁護士へ 福岡市の弁護士事務所に入所
Newえんしゅう本 4―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 商法
性別変更の要件 手術の「強制」は人権侵す
性別変更、手術必要は「合憲」も 裁判官2人が「違憲の疑い」と踏み込んだ理由
Newえんしゅう本 1―司法試験/予備試験 ロースクール入試・進級・卒業/ 憲法
捜査当局にTカード情報提供「約款に明記しても解決しない」 鈴木正朝教授が徹底解説
弁護士 アイドルプロデュースのきっかけは“奴隷契約”の相談
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
平成31年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等