2018年07月19日

平成30年司法試験論文式民事系第3問参考答案

【答案のコンセプトについて】

1.現在の司法試験の論文式試験において、ほとんどの科目では、合格ラインに達するための要件は、概ね以下の3つです。

(1)基本論点を抽出できている。
(2)当該事案を解決する規範明示できている。
(3)その規範に問題文中のどの事実が当てはまるのかを摘示できている。

 もっとも、民訴法は、必ずしも上記が当てはまらない独特の傾向でした。設問の内容自体は易しく、誰もが簡単に解答できてしまうものなのですが、その説明の仕方が出題趣旨に沿っていないと、点が付かない。そこでポイントになっていたのは、概ね以下の3つでした。

(ア)問題文で指定されたことだけに無駄なく答えている。
(イ)参照判例がある場合、まずその判例の趣旨を確認している。
(ウ)例外が問われた場合、まず原則論を確認している。

 上記(ア)から(ウ)までを守っていないと、理論的には全く正しい内容を書いているのに、全然点が付かない。一方で、上記(ア)から(ウ)を守ることさえ考えていれば、無難に合格点が取れる。このように、民訴は、他の科目とは異なる独特の採点傾向を把握しておくことが必要でした。

2.ただ、一昨年から、上記の傾向に変化が生じ、他の科目同様の事例処理的な傾向も混在するようになりました(「平成28年司法試験論文式民事系第3問参考答案」、「平成29年司法試験論文式民事系第3問参考答案」)。漏洩事件を受けた考査委員の交代の影響によるものなのでしょう。今年は、さらに事務処理的な傾向が強まったといえるでしょう。民訴も、他の科目とあまり変わらなくなってきています。

 

【参考答案】

第1.設問1

1.Bの訴えの訴訟物

 訴訟物とは、審判対象となる権利・法律関係をいう(判例)。金銭債務の一定金額を超える債務が存在しない旨の確認請求は、その債務額から上記一定金額を控除した残債務額についての不存在の確認を求めるものである(判例)。
 Bの訴えは、請求の趣旨において、「本件事故に係るBのAに対する不法行為に基づく損害賠償債務(以下「本件債務」といい、債権者との関係では「本件債権」という。)は150万円を超えないことを確認する」との判決を求めるものとされ、請求の原因において、Aは損害額が400万円を下回らないと主張して譲歩しようとしない旨が示されているから、本件債務の額の上限を400万円として、そのうちの150万円を控除した250万円について不存在の確認を求めるものである。
 よって、Bの訴えの訴訟物は、本件債務400万円のうちの250万円である。

2.課題(1)前段

(1)事件の同一性(142条)は、既判力抵触のおそれの有無によって判断する(判例)。 「主文」(114条)とは、訴訟物に対する判断をいう。
 課題(1)前段の訴えとBの訴えの当事者(115条1項1号)はいずれもA・Bである。課題(1)前段の訴えの訴訟物は本件債権全体であり、Bの訴えの訴訟物は本件債務400万円のうちの250万円である。したがって、本件債権のうち250万円については、既判力抵触のおそれがあるから、同一の事件といえる。
 以上から、課題(1)前段の訴えは、本件債権のうち250万円の支払を求める限度でBの訴えと重複する。

(2)重複する訴えについては、却下すべきとする判例もあるが、弁論の併合(152条1項)の余地がある限り、訴えを適法とした上で弁論を併合すべきである。
 課題(1)前段の訴えとBの訴えはいずれも民事訴訟であり、同一の訴訟手続(136条)である。両訴訟はいずれも乙地裁に提起されている。課題(1)前段の訴えとBの訴えは、いずれも本件債権に関する訴えである。したがって、弁論の併合の余地がある。
 以上から、乙地裁は、課題(1)前段の訴えを適法とした上で、Bの訴えと併合すべきである。

(3)よって、課題(1)前段の訴えは、適法である。

3.課題(1)後段

(1)課題(1)後段の訴えは、BCを共同被告とするものであるが、Bに対する訴えとCに対する訴えはいずれも民事訴訟であり、同一の訴訟手続(136条)である。訴訟物はいずれも本件債権であり、B・Cはその債務者であるから、訴訟の目的である義務が共通する(38条前段)。本件債務は共同不法行為(民法719条1項前段)に基づく不真正連帯債務であり、各債務者は全額の支払義務を負うから、両訴訟は通常共同訴訟の関係にある。

(2)課題(1)後段の訴えのうち、Bに対するものは、上記2(1)と同様、本件債権のうち250万円の支払を求める限度で重複する訴えとなる。他方、Cに対するものは、当事者(115条1項1号)が異なるから、既判力抵触のおそれはなく、重複する訴えとはならない。
 また、課題(1)後段の訴えとBの訴えはいずれも民事訴訟であり、同一の訴訟手続(136条)である。両訴訟はいずれも乙地裁に提起されている。課題(1)後段の訴えのうちCに対するものとBの訴えについては、訴訟の目的である義務が共通する(38条前段)。したがって、弁論の併合の余地がある。
 課題(1)後段の訴えをBの訴えに併合すべきか、Bの訴えを課題(1)後段の訴えに併合すべきか。Bの訴えが本件債務の一部の不存在確認の訴えであるのに対し、課題(1)後段の訴えは、本件債権全部の給付の訴えであり、重複する訴えではないCに対する訴えも含まれていることからすれば、Bの訴えを課題(1)後段の訴えに併合することが適切である。
 以上から、乙地裁は、課題(1)後段の訴えを適法とした上で、Bの訴えを課題(1)後段の訴えに併合すべきである。

(3)よって、課題(1)後段の訴えは、適法である。

4.課題(2)

(1)課題(2)の訴えは、甲地裁に提起する点を除けば、上記3の課題(1)後段の訴えと同じである。
 重複する訴えが既に係属する事件の受訴裁判所と異なる裁判所に提起された場合であっても、移送して弁論を併合する余地がある限り、訴えを適法なものとした上で、移送して弁論を併合すべきである。
 課題(2)の訴えは、甲地裁に提起する点を除けば、上記3の課題(1)後段の訴えと同じであるから、前記3(2)と同様の理由により、課題(2)の訴えとBの訴えは、移送して弁論を併合する余地がある。
 課題(2)の訴えを乙地裁に移送してBの訴えに併合すべきか、Bの訴えを甲地裁に移送して課題(2)の訴えに併合すべきか。Bの訴えが本件債務の一部の不存在確認の訴えであるのに対し、課題(2)の訴えは、本件債権全部の給付の訴えであり、重複する訴えではないCに対する訴えも含まれていることからすれば、訴訟の著しい遅滞を避け、又は当事者間の衡平を図るため必要があるものとして、17条に基づき、Bの訴えの全部を甲地裁に移送すべきである。
 以上から、甲地裁は、課題(2)の訴えを適法とし、乙地裁はBの訴えの全部を甲地裁に移送すべきである。その上で、甲地裁は、Bの訴えを課題(2)の訴えに併合すべきである。

(2)よって、課題(2)の訴えは、適法である。

第2.設問2

1.Dに220条4号の文書提出義務があるとして、文書提出命令を申し立てることが考えられる。これに対するDの反論として、同号ハ又はニに該当するとするものが予想される。

2.同号ハ該当性について

(1)ア.診療記録に記載されている患者Aに関する情報は、医師の職にある者が職務上知り得た事実(197条1項2号)といえる。

イ.「黙秘すべきもの」(197条1項2号)とは、一般に知られていない事実のうち、弁護士等に事務を行うこと等を依頼した本人が、これを秘匿することについて、単に主観的利益だけではなく、客観的にみて保護に値するような利益を有するものをいう(判例)。
 診療記録に記載されている患者Aに関する情報は、医師に診療を依頼したAが、これを秘匿することについて客観的にみて保護に値するような利益を有するといえるから、「黙秘すべきもの」に当たる。

ウ.したがって、Aの診療記録は、「第百九十七条第一項第二号に規定する事実…が記載されている文書」に当たる。

(2)もっとも、Aは、主張に見合った領収証や診断書を提出し、一定の診療記録もD病院で謄写して提出している。そうである以上、D病院は、診療記録について黙秘の義務が免除されたといえる。したがって、「黙秘の義務が免除されていないもの」に当たらない。

(3)以上から、220条4号ハに当たらない。

3.同号ニ該当性について

(1)専ら内部の者の利用に供する目的で作成されたものであり、外部の者に開示することが予定されていない文書であって、開示によってその文書の所持者の側に看過し難い不利益が生ずるおそれがあると認められる場合には、特段の事情がない限り、その文書は「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」(220条4号ニ)に当たる(判例)。
 Aの訴えにおいて、Aが一定の診療記録をD病院で謄写して提出しているとおり、診療記録は訴訟の証拠となることも予定されているから、専ら内部の者の利用に供する目的で作成されたものであり、外部の者に開示することが予定されていない文書とはいえない。また、謄写に応じている以上、開示によってDに看過し難い不利益が生ずるおそれがあるともいえない。したがって、「専ら文書の所持者の利用に供するための文書」に当たらない。

(2)以上から、220条4号ニに当たらない。

4.よって、Dには、Aの診療記録について、220条4号に基づく文書提出義務がある。

第3.設問3

1.Cの主張(ア)について

 補助参加の申出は、補助参加人としてすることができる訴訟行為とともにすることができる(43条2項)。補助参加人は、訴訟について、上訴の提起をすることができる(45条1項本文)。Bは控訴期間内に控訴を提起したから、「補助参加の時における訴訟の程度に従いすることができないもの」(同項ただし書)に当たらない。
 以上から、Cの主張(ア)は正当でない。

2.Cの主張(イ)について

 42条における「訴訟の結果」には、主文のみならず判決理由中の判断をも含み、「利害関係」とは、法律上の利害関係、すなわち、参加人の法的地位・利益に影響を及ぼすおそれがあることをいう(判例)。
 AC間の訴訟における判決理由中の判断において、Cの過失の有無が判断される。したがって、AC間の訴訟の結果は、BがCに対して行使できる求償権の有無に影響を及ぼすおそれがある。したがって、Bは、AC間の訴訟の結果について利害関係を有する。
 以上から、BはAC間の訴訟に補助参加できる。Cの主張(イ)は正当でない。

3.よって、丙高裁の受訴裁判所は、Bの控訴を適法と判断すべきである。

以上 

posted by studyweb5 at 18:38| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
元修習生の敗訴確定=給費制廃止めぐる訴訟―最高裁
山口・周南5人殺害事件、死刑確定へ 最高裁、上告棄却
法学セミナー 2019年 08 月号
山口5人殺害、死刑確定へ=保見被告の上告棄却-最高裁
覚醒剤使用の女性に無罪判決「男の暴力に恐怖心」
伝聞法則に強くなる (法セミ LAW CLASS シリーズ)
盗撮疑いの最高裁事務官、通行人が取り押さえる
「焼肉酒家えびす」食中毒 富山検察審査会、元社長ら2人の「不起訴不当」
日本一稼ぐ弁護士の仕事術
千葉小4虐待死、母の懲役2年6月執行猶予付き判決確定
千葉小4虐待死、母の判決確定 保護観察付き執行猶予
手続集中論
取り調べ音声のみ証拠、東京地裁 映像「直感的な判断の危険高い」
受刑者手紙黒塗り訴訟、国に賠償命令 「一部抹消は違法」
図表で明快! 擬律判断 ここが境界―実務刑法・特別法―
「漫画村」関係者逮捕が意味すること 中島博之弁護士の解説
三浦瑠麗対談:私が徴兵制が再び必要だと言う理由
犯罪者処遇論の展開
「仕事速いね!」と言われる人が意識している、たった3つのコツ
大阪は全国屈指の激戦区「美しすぎる弁護士」も苦戦
Q&A見てわかるDNA型鑑定〔第2版〕 (GENJIN刑事弁護シリーズ)
夫婦別姓、参院選争点に浮上 首相だけ賛否に挙手せず
元東大首席が教える!日常生活で賢い頭をつくる「12のルール」
起訴前・公判前整理・裁判員裁判の弁護実務
弟刺殺の女、過剰防衛認めた実刑確定へ 最高裁
【伊藤詩織さん裁判傍聴記】法廷で一体何があったのか?性犯罪被害者を支援する立場から
警察官のための刑事訴訟法講義〔第四版〕
53歳被告、懲役23年確定へ 最高裁、強殺未遂など7事件の上告棄却
上級国民は逮捕されても即釈放…国家公務員らの醜悪事件簿
日本版司法取引の実務と展望: 米国等の事情に学ぶ捜査協力型司法取引の新潮流
「再審制度ゆがめる」大崎事件で法学者92人が抗議声明
謝罪の裏、法的責任否定 政府声明、談話と矛盾 ハンセン病家族訴訟
裁判員裁判記録教材〈第2号〉殺人未遂事件
ハンセン病家族訴訟で「国が控訴へ」の誤報はなぜ起きたのか
厳しい偏見、差別の存在は厳然たる事実 ハンセン病訴訟 首相談話
実例中心 捜査法解説 第4版 捜査手続・証拠法の詳説と公判手続入門
遮断機降りず重傷事故 初公判で京福電鉄運輸課長が無罪を主張
第73期司法修習生等東京三弁護士会就職合同説明会(日弁連、関弁連共催)のご案内
犯罪と刑罰 第28号
法曹養成制度改革連絡協議会第12回協議会(令和元年7月1日開催)
神奈川逃走事件を招いた甘過ぎ「女性裁判官」の知られざる人物像
刑事弁護ビギナーズver.2.1 (季刊刑事弁護増刊)
マンション売買の際は要注意!不動産の登記にまつわる基礎知識
「借地権」を完全所有権に…地主から「底地」を購入するには?
警察政策 第21巻
マンション敷地の一部を駐車場にしたい…適用される法律は?
内容証明を無視されたら?弁護士が教える「家賃滞納」への対処
井上正仁先生古稀祝賀論文集
ザッカーバーグの「言論の自由」には、“偽情報”も含まれる? シンポジウムでの発言の真意
FBIと米入国管理局、運転免許の写真を顔認識システムに無断流用。毎月4000件以上
刑事訴訟法 第2版 (Next教科書シリーズ)
国勢調査で米市民権の有無質問、トランプ氏が断念表明
アメリカ国籍の有無を問う、国勢調査にストップが
刑事精神鑑定ハンドブック
仏で議論呼んだ植物状態の男性、生命維持装置停止から9日目に死去
「拷問の恐れ」中国に引き渡し拒否 スウェーデン最高裁
強制採尿の違憲性 (証拠法研究第六巻)
司法改革理念ほど遠い 山添氏 法科大学院改定案批判
司法試験合格率は上昇傾向、文科省が法科大学院改革検証
体験型プログラム~法科大学院生対象~
刑事法実務の基礎知識:特別刑法入門 2
子どもに検察官の取り調べ見学を
山下貴司法務相 吉本新喜劇に出演
刑事法判例の最前線
夫婦別姓禁止、多大な経済損失と手間を強いられる事例多発…戸籍制度は日本と中国だけ
「夫婦同姓も別姓も、自分たちで選べる社会に」。最高裁判決から4年、選択的夫婦別姓を求める訴訟が相次ぐ理由。
法と哲学【第5号】
国会への「ファストパス」 特定枠が新登場
「死後のパブリシティ権」を考える:死んだあとホログラム復活したくないけど、どうすればいい?
犯罪者処遇論の展開
司法試験委員会 第148回会議(令和元年6月5日)
大阪地検事務官を逮捕 盗撮目的でトイレ侵入疑い 
Q&A見てわかるDNA型鑑定〔第2版〕 (GENJIN刑事弁護シリーズ)
大崎事件異議審理せず 最高裁 再審取り消し決定確定
大崎事件再審取り消し決定は明らかに法に反する
会計と犯罪――郵便不正から日産ゴーン事件まで
終電がまさかの運休! 鉄道会社にタクシー代を肩代わりしてもらえるってホント?
3月に続いた性犯罪4つの無罪判決の解き方
国際刑事裁判の政治学: 平和と正義をめぐるディレンマ
夫殺害で懲役25年求刑 水戸地裁、モルタル遺体
懲役1年6月を求刑 初司法取引、9月判決
責任原理と過失犯論 増補版
呼吸器事件、新証拠開示へ 検察側、初期の捜査資料など
神戸女児殺害、最高裁決定に母「命の重さ理解してない」
刑法ガイドマップ(総論)
神戸女児殺害、無期確定へ 最高裁が死刑破棄を支持 
「最高裁は敵前逃亡」 諫干開門派弁護団 敗訴確定受け会見
刑事政策の新動向 法学教室DIGITAL LIBRARY
袴田事件で「捜査機関が証拠を”捏造”」 弁護団が新証拠の補充書を最高裁に提出
「自白は強要」補充書提出 袴田さん再審で弁護団
刑法基本講義 総論・各論 第3版
参院選「1票の格差」、「合憲」の3倍を下回る
少女5人への強姦致傷などの罪で懲役18年 名古屋地裁判決
刑法講義総論 新版第5版
マンションの共用部分の管理…「耐震改修」に関わる法律とは
「瑕疵担保責任免責」の物件を購入する裏技…弁護士の見解は?
未遂犯の理論 (刑事法研究 第19巻)
「弁護士保険」で身を守れ!セクハラ、酒席トラブルの防止にも効果
53歳男、懲役23年確定へ
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
令和元年司法試験の結果について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判 平成30年版
プロシーディングス刑事裁判 平成30年版
検察講義案 平成27年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等