2018年06月12日

平成30年司法試験短答式試験の結果について(3)

1.科目別の平均点、最低ライン未満者の状況をみてみましょう。以下は、直近5年間の科目別の平均点及び最低ライン未満者割合の推移をまとめたものです。平成26年については、憲法の欄は公法系(憲法及び行政法)を、民法の欄は民事系(民法、商法及び民事訴訟法)を、刑法の欄は刑事系(刑法及び刑事訴訟法)を、それぞれ示しています。また、平成26年の平均点の欄には、他の年との比較のために2分の1にした数字を括弧書きで示しました。

憲法
平均点
民法
平均点
刑法
平均点
憲法
最低ライン
未満割合
民法
最低ライン
未満割合
刑法
最低ライン
未満割合
26 61.0
(30.5)
99.8
(49.9)
57.9
(28.9)
3.9% 3.9% 9.0%
27 32.8
51.6
36.3
2.3% 4.1% 4.3%
28 34.3
49.5
36.2
2.3% 6.1% 4.6%
29 32.0
48.0 33.8
3.7% 5.0% 3.2%
30 33.2 47.8 35.9 1.7% 7.1% 3.0%

 昨年は、全科目で平均点が下がり、全体的な難化となっていました。そのことが、合格点及び平均点を引き下げる要因となっていたのでした(「平成29年司法試験短答式試験の結果について(2)」)。今年は、憲法の平均点は1点程度、刑法の平均点は2点程度上昇し、民法はほぼ横ばいとなっています。その結果、前回の記事(「平成30年司法試験短答式試験の結果について(2)」)でみたとおり、全体の平均点が3点上昇したわけです。今年は、昨年の反動で、平易化したといえます。それでも、平成27年、平成28年と比べると、全体的にやや難しかったといえるでしょう。ここから、作問者の感覚を推測することができます。すなわち、平成27年、平成28年は、やや簡単に作りすぎた、という反省があった。そこで、平成29年は難しめに作ってみた。ところが、これはやや難しすぎたという反省があって、今年はもう少し易しめに作ってみた。このような感覚が、作問者にあったのでしょう。そうすると、今後の傾向としては、平成27年、平成28年ほどには易しくなりにくい一方で、平成29年ほど難しくもなりにくい。その間くらいの難易度で推移する可能性が高いだろう、という予測ができるでしょう。
 短答式試験の試験科目が7科目だった頃は、憲民刑の基本科目は比較的易しく、残りの4科目がやや難しいという感じでした。特に、民法はかなり易しく、普通に論文の学習をしているだけでも、7割くらいは取れる。短答対策をきちんとやっていれば、8割、9割は正解できて当然だろうという内容でした。しかし、憲民刑の3科目になってからは、そうもいかなくなっています。短答プロパーの知識をインプットしていないと、論文の学習だけでは、合格点を確実に取れるとはいえないという感じです。このことは、注意しておくべきことでしょう。短答7科目時代の合格者から、「論文の勉強を真面目にやっていれば短答は合格できるから、短答に特化した対策は不要ですよ。」というようなことを言われることがあるかもしれませんが、それは当時そうだった、というだけで、現在では当てはまらないことです。前回の記事(「平成30年司法試験短答式試験の結果について(2)」)でも説明したように、早い時期から肢別問題集をマスターしておくことが必要です。

2.最低ライン未満者割合をみると、憲法が減少、民法は増加、刑法は横ばい、という結果になっています。これを平均点と照らし合わせてみると、必ずしも、平均点の変化と対応していないことがわかるでしょう。憲法は1点程度しか平均点が上昇していないのに、最低ライン未満者割合は2%も減少しています。一方で、刑法は平均点が2点程度上昇しているのに、最低ライン未満者割合は横ばいになっている。民法は、平均点がほとんど変わっていないのに、最低ライン未満者割合は2%程度増加しています。これは、各科目における得点のバラつきの差によって生じている現象です。
 一般に、平均点が下がると、全体の得点が押し下げられますから、最低ライン未満者は増える。これは、わかりやすい現象です。一方で、得点のバラつきが大きくなると、どうなるか。得点のバラつきが大きくなるということは、極端に高い点数を取る人や極端に低い点数を取る人が増えるということです。最低ライン未満者というのは、極端に低い点数を取った人です。ですから、得点のバラつきが大きくなると、平均点が一定でも、最低ライン未満者は増えるのです。このことを理解すると、憲法は、昨年より得点のバラつきが小さく、民法は得点のバラつきが大きく、刑法は、得点のバラつきが大きくなった(それが平均点の増加の効果を打ち消した。)のだろう、と予測できます。実際のところは、どうか。ここでは、得点のバラつきを示す指標として、標準偏差を用いましょう。各科目の標準偏差は、法務省が公表している科目別の得点別人員調から算出することができます。以下は、175点満点になった平成27年以降の標準偏差の推移です。

憲法 民法 刑法
27 6.2 11.1 8.4
28 6.5 11.2 8.2
29 6.3 10.2 6.9
30 5.9 11.1 7.6

 標準偏差は、得点のバラつきが大きくなれば値が大きくなり、得点のバラつきが小さくなれば値が小さくなります。今年の憲法は、直近では最も得点のバラつきが小さかったことがわかります。このことが、憲法の最低ライン未満者割合の減少に寄与したのです。民法は、昨年一度小さくなったバラつきが、今年は平成27年、平成28年並みに戻っています。民法で、平均点がほとんど変わっていないのに最低ライン未満者割合の増加が生じたのは、このことが原因であったといえます。刑法も、民法と同様に、昨年小さめだったバラつきが、やや大きくなっています。刑法の平均点は2点程度上昇しているのに、最低ライン未満者割合がほぼ横ばいだったのは、このことが原因だったというわけです。
 上記の表のように、平成27年及び平成28年は、得点のバラつきが大きめに推移していました。これは、受験回数制限緩和の影響で、従来受控えをしていた者が受験するようになったことによる下位層の増加と、短答に極端に強い4回目、5回目受験生の参入という上位層の増加という要素が同時に加わったことが原因でした(「平成28年司法試験短答式試験の結果について(3)」)。
 昨年は、一時的に、全科目で得点のバラつきが小さくなった年でした。この原因は、問題の質の変化によるものでした。すなわち、「難しい問題は上位者でもなかなか取れないくらい難しい反面、易しい問題は下位者でも取れるくらい易しかった。」ということです。このことは、刑法に顕著に表れていました。平成28年は、約4割の人が刑法で40点以上を取っていたのに対し、昨年の刑法で40点以上を取った人は、2割強にすぎなかったのです(「平成29年司法試験短答式試験の結果について(3)」)。平成28年と昨年の刑法の標準偏差を比べてみても、大きな差があることがわかります。
 そして、今年は、憲法でさらにバラつきが小さくなった反面で、民法、刑法は再びバラつきが大きくなってきています。すなわち、憲法はかなり勉強をしても正誤の判断に迷う問題がある一方で、誰もが取れる易しい問題もあった。民法、刑法は、きちんと勉強していないと点が取れないが、きちんと勉強していれば高得点が取れる問題だった、ということです。特に刑法は、満点が48人もいることから、きちんと勉強していれば点が取れる問題だったことがわかります。過去の傾向からも、刑法は比較的満点を取る人の多い科目で、勉強しがいのある科目といえるでしょう。もっとも、まだ科目ごとの難易度の傾向は、流動的といえます。来年は、逆に憲法で得点のバラつきが大きくなる可能性もあるでしょう。いずれにせよ、短答に合格するためには、誰もが取れる問題をしっかり取る、ということが重要です。予備校等で問題ごとの正答率が公表されます。正答率が70%を超えるような問題を確実に解答できる程度の知識が、合格の目安になります。そのような問題というのは、ほとんどが過去問で繰り返し問われている知識を問うものです。過去問で繰り返し問われているので、誰もが正誤を正しく判断できるのです。そのようなことがあるので、過去問は、全肢潰すつもりでやるべきなのです。

posted by studyweb5 at 06:59| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
『筋肉体操』で話題の小林航太さん 東大出身、仕事は弁護士……でも「自信がないから筋トレしてた」
法科大学院制度が失敗、国が抜本的見直しを検討か…「旧司法試験」復活論も
司法試験・予備試験 この勉強法がすごい!
「若手法曹の積極的なチャレンジを応援する院内意見交換会」の開催について(日弁連)
両親の言葉支えに…28歳視覚障がい女性が進む「弁護士への道」
プレステップ会社法 (プレステップシリーズ 18)
大岡越前にも「誤判」 最高裁長官が伝えたかったこと
新任判事補82人に辞令 最高裁長官「畏れ、危うさの感覚が大切」
合同会社の法と実務
「福田淳一」前財務次官を救った「弁護士資格認定制度」
忘れられる権利「域外適用できず」、EU最高裁法務官
上村達男先生古稀記念 公開会社法と資本市場の法理
司法試験にも合格、東大医学生の24時間
Tカード情報、令状なく提供 レンタルやポイント履歴 会員規約に明記せず
法律から見えてくる「金融」の未来
弁護士ドラマが多い…理不尽な世の中を反映?
元最高裁判事・園部逸夫(89)(10)
株主総会判例インデックス
元最高裁判事・園部逸夫(89)(9)
元最高裁判事・園部逸夫(89)(8)
国際取引法講義(第2版)
元最高裁判事・園部逸夫(89)(7)学者から裁判官は珍しい
元最高裁判事・園部逸夫(89)(6)寮歌を「日本遺産」にしたい
別冊商事法務№438 コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析〔平成30年版〕
あおり殺害、検察側「追突直前は100キロ超」
検察「まれに見る殺人運転」母親「一生許さぬ」
M&A契約研究 -- 理論・実証研究とモデル契約条項
あおった男「無謀な運転で残酷に殺害」検察論告
大崎事件 検察が新たな意見書 弁護団「この期に及んで時間稼ぎ」
会社法 第2版
大崎事件、検察側が意見書 「蒸し返し」と弁護団批判
差し押さえ逃れ、服役中の羽賀研二受刑者ら逮捕
図解ポケット 最新会社法がよくわかる本
看護師遺体遺棄 鈴木被告、反省の弁とともに検察批判「都合の良いストーリー」
自然災害の公的支援ガイド 弁護士ら発案「被災者ノート」活用進む
コーポレートガバナンス・コードの読み方・考え方〔第2版〕
「信頼できる」は自衛隊がトップ 本社郵送世論調査
逆風のゴーン被告捜査 検察は意義語れ
コーポレートガバナンス・コードの実務〔第3版〕
自筆証書遺言に関するルールが変わります。(法務省)
法曹養成制度改革連絡協議会第11回配布資料
法学セミナー2019年2月号 通巻 769号 最高裁判例から過失犯論を問い直す
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(5) 旧制高校の先生はすごかった
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(4)死を覚悟した16歳の入隊
入門民法総則
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(3)
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(2)
民事再生実践マニュアル
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(1)オープンな議論望みたい
平成31年司法試験における印刷等業務の請負 一式
図解入門ビジネス 最新 民法改正の基本と勘所がよ~くわかる本
日本の地方議員報酬、日額6万円「世界的に見ても異例」
ゴーン元会長の事件は納得のいく立証を 
相続道の歩き方
五輪招致疑惑 ゴーン事件3カ月前から竹田氏聴取調整
仏裁判所、竹田JOC会長の捜査開始 五輪招致巡り 
これからの民事実務と理論─実務に活きる理論と理論を創る実務─
海外から「異質」に映る日本の刑事司法制度 
ゴーン前会長、高熱 弁護士接見できず  
オリエンテーション民法
カルロス・ゴーン氏弁護団会見で露わになった、日本の司法の前近代的システムに海外メディアが驚愕
大鶴弁護士、ゴーン被告は「顔が非常に細くなった」
相続法改正と金融実務Q&A
ゴーン弁護士は元特捜部長「検察の日産肩入れはない」
うかつなネット投稿をなめている人の超盲点
破産法・民事再生法 第4版
徴用工訴訟、日立造船の控訴棄却…ソウル高裁
インド「女人禁制」寺院 女性参拝めぐり対立拡大
民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア)
FPSゲームのアクセス記録も確認。良心的兵役拒否をめぐって韓国検察
検察の個人情報リスト 過剰な収集は憲法違反だ
私の司法試験合格作戦 2019年版 (YELL books)
顧客情報、令状なく取得 検察、方法記すリスト共有
詐欺文面 AIが判別 弁護士の川目さん アプリ無料配信
国家試験受験のためのよくわかる行政法
ゴーン容疑者が地裁に出廷へ、勾留理由開示請求で-担当弁護士
元東京地検特捜部エースが語る「日産VS.検察」の行方
行政契約の機能と限界 (北海道大学大学院法学研究科叢書21)
「特捜vs.ゴーン」検察史上に残る闘いの行方を読み解く
1カ月ぶり保釈のケリー被告 日産&検察の“騙し討ち”に激怒
新・情報公開法の逐条解説 -- 行政機関情報公開法・独立行政法人等情報公開法 第8版
粘るゴーンが仕掛ける“検察vs海外メディア”の国際ドロ仕合
弁護士が警告 不動産の「契約書」「重要事項説明書」に潜む罠とは
ピンポイント行政法 (DAILY法学選書)
生き残る「弱者」は、「点」ではなく「線」で考える
法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会第17回会議議事録等
肢別本 2 平成30年度版―司法試験/予備試験ロースクール既修者試験 公法系行政法
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
平成31年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等