2018年06月12日

平成30年司法試験短答式試験の結果について(3)

1.科目別の平均点、最低ライン未満者の状況をみてみましょう。以下は、直近5年間の科目別の平均点及び最低ライン未満者割合の推移をまとめたものです。平成26年については、憲法の欄は公法系(憲法及び行政法)を、民法の欄は民事系(民法、商法及び民事訴訟法)を、刑法の欄は刑事系(刑法及び刑事訴訟法)を、それぞれ示しています。また、平成26年の平均点の欄には、他の年との比較のために2分の1にした数字を括弧書きで示しました。

憲法
平均点
民法
平均点
刑法
平均点
憲法
最低ライン
未満割合
民法
最低ライン
未満割合
刑法
最低ライン
未満割合
26 61.0
(30.5)
99.8
(49.9)
57.9
(28.9)
3.9% 3.9% 9.0%
27 32.8
51.6
36.3
2.3% 4.1% 4.3%
28 34.3
49.5
36.2
2.3% 6.1% 4.6%
29 32.0
48.0 33.8
3.7% 5.0% 3.2%
30 33.2 47.8 35.9 1.7% 7.1% 3.0%

 昨年は、全科目で平均点が下がり、全体的な難化となっていました。そのことが、合格点及び平均点を引き下げる要因となっていたのでした(「平成29年司法試験短答式試験の結果について(2)」)。今年は、憲法の平均点は1点程度、刑法の平均点は2点程度上昇し、民法はほぼ横ばいとなっています。その結果、前回の記事(「平成30年司法試験短答式試験の結果について(2)」)でみたとおり、全体の平均点が3点上昇したわけです。今年は、昨年の反動で、平易化したといえます。それでも、平成27年、平成28年と比べると、全体的にやや難しかったといえるでしょう。ここから、作問者の感覚を推測することができます。すなわち、平成27年、平成28年は、やや簡単に作りすぎた、という反省があった。そこで、平成29年は難しめに作ってみた。ところが、これはやや難しすぎたという反省があって、今年はもう少し易しめに作ってみた。このような感覚が、作問者にあったのでしょう。そうすると、今後の傾向としては、平成27年、平成28年ほどには易しくなりにくい一方で、平成29年ほど難しくもなりにくい。その間くらいの難易度で推移する可能性が高いだろう、という予測ができるでしょう。
 短答式試験の試験科目が7科目だった頃は、憲民刑の基本科目は比較的易しく、残りの4科目がやや難しいという感じでした。特に、民法はかなり易しく、普通に論文の学習をしているだけでも、7割くらいは取れる。短答対策をきちんとやっていれば、8割、9割は正解できて当然だろうという内容でした。しかし、憲民刑の3科目になってからは、そうもいかなくなっています。短答プロパーの知識をインプットしていないと、論文の学習だけでは、合格点を確実に取れるとはいえないという感じです。このことは、注意しておくべきことでしょう。短答7科目時代の合格者から、「論文の勉強を真面目にやっていれば短答は合格できるから、短答に特化した対策は不要ですよ。」というようなことを言われることがあるかもしれませんが、それは当時そうだった、というだけで、現在では当てはまらないことです。前回の記事(「平成30年司法試験短答式試験の結果について(2)」)でも説明したように、早い時期から肢別問題集をマスターしておくことが必要です。

2.最低ライン未満者割合をみると、憲法が減少、民法は増加、刑法は横ばい、という結果になっています。これを平均点と照らし合わせてみると、必ずしも、平均点の変化と対応していないことがわかるでしょう。憲法は1点程度しか平均点が上昇していないのに、最低ライン未満者割合は2%も減少しています。一方で、刑法は平均点が2点程度上昇しているのに、最低ライン未満者割合は横ばいになっている。民法は、平均点がほとんど変わっていないのに、最低ライン未満者割合は2%程度増加しています。これは、各科目における得点のバラつきの差によって生じている現象です。
 一般に、平均点が下がると、全体の得点が押し下げられますから、最低ライン未満者は増える。これは、わかりやすい現象です。一方で、得点のバラつきが大きくなると、どうなるか。得点のバラつきが大きくなるということは、極端に高い点数を取る人や極端に低い点数を取る人が増えるということです。最低ライン未満者というのは、極端に低い点数を取った人です。ですから、得点のバラつきが大きくなると、平均点が一定でも、最低ライン未満者は増えるのです。このことを理解すると、憲法は、昨年より得点のバラつきが小さく、民法は得点のバラつきが大きく、刑法は、得点のバラつきが大きくなった(それが平均点の増加の効果を打ち消した。)のだろう、と予測できます。実際のところは、どうか。ここでは、得点のバラつきを示す指標として、標準偏差を用いましょう。各科目の標準偏差は、法務省が公表している科目別の得点別人員調から算出することができます。以下は、175点満点になった平成27年以降の標準偏差の推移です。

憲法 民法 刑法
27 6.2 11.1 8.4
28 6.5 11.2 8.2
29 6.3 10.2 6.9
30 5.9 11.1 7.6

 標準偏差は、得点のバラつきが大きくなれば値が大きくなり、得点のバラつきが小さくなれば値が小さくなります。今年の憲法は、直近では最も得点のバラつきが小さかったことがわかります。このことが、憲法の最低ライン未満者割合の減少に寄与したのです。民法は、昨年一度小さくなったバラつきが、今年は平成27年、平成28年並みに戻っています。民法で、平均点がほとんど変わっていないのに最低ライン未満者割合の増加が生じたのは、このことが原因であったといえます。刑法も、民法と同様に、昨年小さめだったバラつきが、やや大きくなっています。刑法の平均点は2点程度上昇しているのに、最低ライン未満者割合がほぼ横ばいだったのは、このことが原因だったというわけです。
 上記の表のように、平成27年及び平成28年は、得点のバラつきが大きめに推移していました。これは、受験回数制限緩和の影響で、従来受控えをしていた者が受験するようになったことによる下位層の増加と、短答に極端に強い4回目、5回目受験生の参入という上位層の増加という要素が同時に加わったことが原因でした(「平成28年司法試験短答式試験の結果について(3)」)。
 昨年は、一時的に、全科目で得点のバラつきが小さくなった年でした。この原因は、問題の質の変化によるものでした。すなわち、「難しい問題は上位者でもなかなか取れないくらい難しい反面、易しい問題は下位者でも取れるくらい易しかった。」ということです。このことは、刑法に顕著に表れていました。平成28年は、約4割の人が刑法で40点以上を取っていたのに対し、昨年の刑法で40点以上を取った人は、2割強にすぎなかったのです(「平成29年司法試験短答式試験の結果について(3)」)。平成28年と昨年の刑法の標準偏差を比べてみても、大きな差があることがわかります。
 そして、今年は、憲法でさらにバラつきが小さくなった反面で、民法、刑法は再びバラつきが大きくなってきています。すなわち、憲法はかなり勉強をしても正誤の判断に迷う問題がある一方で、誰もが取れる易しい問題もあった。民法、刑法は、きちんと勉強していないと点が取れないが、きちんと勉強していれば高得点が取れる問題だった、ということです。特に刑法は、満点が48人もいることから、きちんと勉強していれば点が取れる問題だったことがわかります。過去の傾向からも、刑法は比較的満点を取る人の多い科目で、勉強しがいのある科目といえるでしょう。もっとも、まだ科目ごとの難易度の傾向は、流動的といえます。来年は、逆に憲法で得点のバラつきが大きくなる可能性もあるでしょう。いずれにせよ、短答に合格するためには、誰もが取れる問題をしっかり取る、ということが重要です。予備校等で問題ごとの正答率が公表されます。正答率が70%を超えるような問題を確実に解答できる程度の知識が、合格の目安になります。そのような問題というのは、ほとんどが過去問で繰り返し問われている知識を問うものです。過去問で繰り返し問われているので、誰もが正誤を正しく判断できるのです。そのようなことがあるので、過去問は、全肢潰すつもりでやるべきなのです。

posted by studyweb5 at 06:59| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
平成30年司法試験合格者(官報)
"54歳から弁護士になった人"の人生設計
法学部、ロースクール、司法研修所で学ぶ法律知識――主要10法と法的思考のエッセンス
【東京】≪司法試験受験者対象≫早期の就職を目指す方向け個別相談会
【大阪】≪司法試験受験者対象≫ご好評につき継続中!合格発表後の活動をサポート!個別相談会
【名古屋】≪司法試験受験者対象≫企業への就職を希望される方の為の個別相談会
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 憲法
大法廷で石綿検出 イベント中止 最高裁
「裁判官にもつぶやく自由はある」岡口裁判官の分限裁判で声明文、弁護士269人が賛同
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈6〉民事系民訴〈平成30年度版〉
中3が“弁護士の秘書”かたり特殊詐欺未遂 容疑で大阪府警逮捕
BEXA 学習傾向解析を活用 司法試験合格者が4年連続増
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈5〉民事系商法〈平成30年度版〉
「通勤講座」、10周年記念で全22講座の受講料を10%オフに
山下新法相「国民の胸に落ちる法務行政を」「死刑廃止は適当ではない」
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈8〉刑事系刑訴〈平成30年度版〉
甲南大法科大学院の新科目 初回は神戸市長が講義
フジモリ氏の恩赦取り消し決定 ペルー最高裁
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈2〉公法系行政法〈平成30年度版〉
米司法の保守色強まる カバノー最高裁判事が就任 
ブレット・カバノー氏、最高裁判事に就任 上院が承認
商法総則・商行為法のポイント解説
李明博元大統領に懲役15年 ソウル中央地裁 収賄罪など
弁護士・法務人材 就職・転職のすべて
法制審議会民事執行法部会第19回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第18回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第17回会議議事録等
弁護士・法務人材 就職・転職のすべて
絶望的に進む司法統制  特別寄稿「ツイッター分限裁判」
事業拡大後、社員の半分が退職 サイトビジット鬼頭氏が味わったマネジメントの苦労
事業譲渡の実務――法務・労務・会計・税務のすべて
グーグルの検索、歯科医の削除請求認めず 最高裁
自賠責支払い、被害者へ多く 最高裁が初判断
事例で学ぶ会社の計算実務
会社の飲み会は「業務」か 飲酒で事故、労災認定の例も
「勝手についてきてうっとうしかった」自転車で日本一周の男逮捕
【改訂版】民法がわかると会社法はもっと面白い! ~ユミ先生のオフィスアワー日記~民法改正対応
樋田容疑者の身柄を山口県で確保
大阪の警察署から逃走の男 山口で身柄確保、48日ぶり
条文から読み解く 民法[相続法制]改正点と実務への影響
樋田容疑者「成功して大阪のタワマン住みたい」
富田林署から逃走の容疑者、自転車で道の駅へ 身柄確保
会社に関する商業登記 一発即答703問
参院選大阪選挙区で立民、亀石弁護士擁立へ
弁護士の亀石倫子氏擁立へ 参院大阪選挙区
労働法講義(第2版)
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等