2017年05月01日

平成29年司法試験の受験予定者数について

1.法務省から、平成29年司法試験の受験予定者数が公表されています。受験予定者数は6624人で、出願者数の6716人よりも92人減っています。出願したものの、法科大学院を修了できなかった人が、92人いたということです。その他、出願者数公表時には含まれていなかった情報について、簡単にみていきましょう。

2.まず、受験回数別の受験予定者数です。以下は、直近5年の受験回数別受験者数の受験予定者数全体に占める割合の推移です。

  1回目 2回目 3回目 4回目 5回目
平成25 43.6% 33.2% 23.0% --- ---
平成26 43.5% 32.2% 24.1% --- ---
平成27 35.0% 29.4% 24.2% 11.3% ---
平成28 34.9% 25.0% 22.4% 13.4% 4.1%
平成29 34.2% 24.3% 19.3% 15.6% 6.4%

 4回目、5回目の受験生が、初めて全体の2割を超えてきました。4回目、5回目の受験生は、短答に強いことがわかっています(「平成28年司法試験の結果について(16)」)。短答合格者数の枠のうち、一定数は、4回目、5回目の受験生が取っていくということです。特に、初回の受験生は、短答を甘くみていると、思わぬ結果になりかねないので、注意すべきでしょう。

3.受験回数別の受験予定者数から、わかることがあります。それは、昨年の受験予定者で合格しなかったもののうちの、何割が今年も受験しようとしているか。すなわち、どのくらいの割合が再受験したかという、「再受験率」です。具体的には、昨年の受験回数別受験予定者数から受験回数別合格者数を差し引いて得た数字を今年の受験回数別受験予定者数で除した数字を「再受験率」として算出します。これをまとめたものが、下の表です。厳密には、昨年の受験予定者で合格しなかったものの中には、受控えをした者が含まれていますが、ここでは便宜上、「昨年の不合格者」と表記しています。

今年の
受験回数
昨年の
不合格者
今年の
受験予定者
再受験率
2回目 1723 1611 93.4%
3回目 1543 1280 82.9%
4回目 1484 1035 69.7%
5回目 894 429 47.9%

 受験回数が増えると、再受験率が低下しています。一度不合格になった程度では諦めないが、不合格の回数が重なってくると、撤退を考える人の割合が増えてくる。自然なことといえるでしょう。ただ、5回目の再受験率がここまで低いのは、やや意外な感じもします。4回目まで受験したのであれば、最後まで受験してみたい、と思う方が、自然なようにも思えるからです。5回目の再受験率の低さの要因の1つには、論文試験特有の、「受かりにくい人は、何度受けても受からない」法則があるのでしょう。論文は、勉強量を増やしただけでは成績が上がりませんから、2回、3回、4回と受験しても、論文の成績はなかなか上がらない、むしろ、下がってしまうことも普通です。そのため、「もう受かる気がしない。」と考えて、5回目の受験を諦める人が多いのかもしれません。

4.それから、法科大学院在学中の予備試験合格者について、少しみておきましょう。法科大学院在学中の予備試験合格者で、出願段階で法科大学院を修了する見込みのものは、予備試験の資格で受験するか、法科大学院を修了した場合は法科大学院修了の資格で受験するかを、願書記入の段階で選ぶことができます。

 

(「平成29年司法試験 受験願書の記⼊要領」より引用)

 法科大学院課程修了と司法試験予備試験合格の両方の受験資格を取得している場合は,いずれの受験資格に基づいて出願するか(「1」,「2」又は「3」)を選択し記入します。

(引用終わり)

 

 今年の出願者数公表の段階では、「司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」が408人「法科大学院課程修了見込者で、同課程修了の資格に基づいて受験するが、同課程を修了できなかったときは司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」は138人でした。それが、受験予定者数公表の段階では、「司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」は、410人になっています。これは、出願段階で、「法科大学院課程修了見込者で、同課程修了の資格に基づいて受験するが、同課程を修了できなかったときは司法試験予備試験合格の資格に基づいて受験する者」であった138人のうち、2人が法科大学院を修了しなかったことを意味しています。逆にいえば、残りの136人は、法科大学院を修了したので、「法科大学院課程修了の資格に基づいて受験する者」の方にカウントされている、ということになります。
 このように、法科大学院在学中の予備試験合格者については、受験者の任意の選択によって、法科大学院修了者としてカウントされたり、予備試験合格者としてカウントされたりするのです。そのために、法科大学院在学中の予備試験合格者に関する情報が、統計情報として扱いにくくなってしまっています。法科大学院関係者の中には、「法科大学院在学中の予備試験合格者は、法科大学院のおかげで司法試験に合格できたのだから、一律に法科大学院修了者としてカウントすべきだ。」と考えている人もいるようです。

 

法科大学院特別委員会(第76回) 議事録より引用。太字強調は筆者。)

上田信太郎(北海道大学大学院法学研究科教授)委員「本人の司法試験の受験願書を書く際の自己申告に基づいてということになっていると思うのですけども,やはりどこかで歯止めというか,制度化をしていかないと,この司法試験に合格した功績というのが,予備試験なのか,それとも法科大学院なのかという問題があると思います。今,結構シビアな議論ずっとしていますので,こういう場合には,例えば修了生についてはもう法科大学院という形でカウントしていくというようなことを決めていかないと,ちょっと予備試験と法科大学院の教育の質というか,そういったものがないまぜになってしまうような感じが致します。あるいは,どこかで歯止めを掛けていく必要があるのではないかと思いますがどうでしょうか。」

(引用終わり)

 

 しかし、そのようなことが可能なのであれば、「法科大学院修了の資格のみを有する者」、「予備試験合格の資格のみを有する者」、「法科大学院修了及び予備試験合格の資格を有する者」に区分して統計を取ればよいのです。それができないのは、現状の方式では受験資格の有無を出願時に提出される資料によってしか確認できないからです。そのようなことを可能にするためには、どちらの資格で受験するかにかかわりなく、保有する資格をすべて願書に記載させる必要があります。その場合、予備試験合格の資格で受験するのに、法科大学院修了の資格を有することまで申告させてよいか、というような問題が一応生じますが、現在でも、受験の可否に必ずしも関係のない学歴等の情報を自己申告させていますから、そのような記載を自己申告で求めることは、不可能ではないでしょう。いずれにせよ、この点は、もう少し改善の余地があるように思います。

posted by studyweb5 at 11:56| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
司法試験平成29年最新判例ノート
GPS捜査 識者の見方は
大内恒夫氏死去(元最高裁判事)
ハイローヤー 2018年 04 月号
【強制不妊手術】東京は昭和24~41年に510人 以降は実態不明
ビラ禁止看板 法的根拠は?自治体の撤去相次ぐ 
基本行政法 第3版
ビラ禁止看板 偽りあった 弁護士「法的根拠は?」→自治体撤去相次ぐ
ビラ禁止看板 違法 神奈川の駅前 撤去相次ぐ 自治体「法的根拠なし」 自由法曹団支部の指摘に
自治体政策法務講義 改訂版
アレフに10億円賠償請求=オウム被害者支援機構が提訴-東京地裁
1票の格差 広島高裁松江支部は「合憲」判断 昨年衆院選
ケーススタディ行政不服審査法-自治体における審査請求実務の手引き-
「1票の格差」で請求棄却 29年衆院選、高裁宮崎支部「合憲」判断
医師の残業代、年俸に含まず、500万円支払い命じる 東京高裁差し戻し審
条例づくりのきほん ケースで学ぶ立法事実
いじめ防止で弁護士助言 三重県教委、連携へ条例案とりまとめ 生徒相談にSNS活用も
両親殺害、長男の無罪確定へ=検察側の上告棄却-最高裁
行政法概説II -- 行政救済法 第6版
袴田さん、再審へ支援訴え 東京の集会であいさつ
なぜ人間は「猫」を殺してはいけないのか? ペット法学からみた「動物愛護」の課題
行政法II 現代行政救済論 第3版
「女子学院は派手すぎて」 人権派司法女子の桜蔭時代
逆境乗り越え、人生拓く重度障害の弁護士
自動走行と自動車保険 (交通法研究)
法制審議会民事執行法部会第12回会議議事録等
平成30年司法試験の試験場で使用する机, 椅子等の物品の賃貸借等 一式
法治国原理と公法学の課題 (行政法研究双書)
平成30年司法試験用法文,印刷物等の搬送業務の請負 一式
「女性専用車両」違憲訴訟、男性側敗訴のケースも…トラブルの火種、くすぶり続ける
行政上の主体と行政法 (行政法研究双書)
ソニー社員自殺、高裁も労災認めず 「退職強要」も一転否定、父「息子は侮辱された」
法務局の上席訟務官、弁護士への恐喝未遂容疑
法務局職員、弁護士への恐喝未遂容疑 東京地検が逮捕
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 行政法
日本郵便の待遇格差訴訟 扶養手当不支給「違法」 契約社員が範囲拡大勝訴
扶養手当不支給は「不合理」 日本郵便訴訟で大阪地裁 
受験新報 2018年 04 月号
検察事務官宅に副検事侵入、容疑で逮捕 京都地検
浜名湖・切断遺体 男性2人を殺害、死刑判決 静岡地裁
法学教室 2018年 03 月号
渋谷暴動 大坂被告蔵匿で中核派活動家に懲役2年求刑 大阪地裁 弁護側は無罪主張
元刑務官4人の再審認めず 革手錠で受刑者の腹部締め付け2人死傷、第2次請求 名古屋地裁
ジュリスト 2018年 03 月号
法科大学院の改革案、弁護士から賛否の声 「法科大学院から発想離すべき」「学者の教育に疑問」の指摘も
法曹養成、文部科学省が5年コース案 飛び級で4年目から大学院へ
法学セミナー 2018年 03 月号
【リニア】東京地検、行き過ぎ捜査で重大な「弁護権の侵害」か…弁護士PC押収&恫喝疑惑
最高裁判事に大阪高検検事長の三浦守氏
精読憲法判例[人権編]
「任天堂法務部最強伝説」は本当? ドンキーコング訴訟からコロプラ訴訟まで
暴行徳島県職員の免職取り消し 最高裁で確定
別冊商事法務№428 株主総会想定問答集〔平成30年版〕
個人の自己破産 2年連続で前年超え  背景に銀行カードローンか
AIが性差別・人種差別をするのはなぜか? どう防ぐか?
別冊商事法務№429 招集通知・議案の記載事例〔平成30年版〕
AIで弁護士も大量に失業する時代が来る
法廷で検察に中指突き立て退廷 トランクに1歳児遺棄 男に懲役6年6月 大阪地裁
会社法の学び方
自民、「合区」解消条文案を了承 都道府県に1人以上
衆院選1票の格差、広島高裁岡山支部も「合憲」
商法総論・会社法総則
大物ヤメ検弁護士が語る「地面師事件が続発する本当の原因」
「優生保護法」で強制的に不妊手術を施された女性の絶望の日々
商法学通論〔補巻II〕 新運送法―改正商法案と新民法を基に
元特捜部長運転の車、歩道に突っ込み男性死亡
シンドラー元課長、無罪確定 検察が上告断念
会社法計算書類の実務〈第10版〉
「殺した」「私ではない」と被告 6人殺害、検察と質疑かみ合わず
法制審議会民法(相続関係)部会第24回会議議事録等
民訴法十番勝負(旧司法試験編)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
商法すべて口語に 改正案を再び閣議決定 
予備試験・司法試験短期合格者本 読み解く合格思考 行政法 (予備試験・司法試験短期合格者本 5)
ニューヨーク留学を終えた、東大卒の一流弁護士。国際派エリート男の“残念極まる”欠点とは?
東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等