2010年10月08日

平成22年度旧司法試験論文式試験の結果について

10月7日、法務省は平成22年度旧試験論文の結果を公表した(法務省HP)。
来年度は、口述しか実施されない。
実質上、旧司法試験はこれで終了した。

52人、7.0%

合格者数は、52人。
択一合格者ベースの合格率は、52÷742≒7.0%だった。
以下は、平成18年度以降の論文合格率の推移である。

年度

択一
合格者数

論文
合格者数

論文
合格率

18

3820

542

14.1%

19

2219

250

11.2%

20

1605

141

8.7%

21

1599

101

6.3%

22

742

52

7.0%

一昨年よりは厳しく、昨年よりは甘い。
一応、そのようにいうことができる。
とはいえ、論文だけでも、100人受けて、やっと7人受かる。
択一受験者(13222人)ベースにすると、合格率は、0.39%。
100人受けても、全滅するだろう、という感じだ。
常軌を逸した試験だった。

130点

合格点は、ちょうど130点だった。
以下は、平成16年以降の合格点の推移である。

 

合格点

前年度比

16

136.50

---

17

132.75

-3.75

18

133.75

+1.00

19

132.00

-1.75

20

132.00

±0

21

126.50

-5.50

22

130.00

+3.50

一昨年よりは甘く、昨年より厳しい。
合格率とは、逆になっている。
昨年度は、異常な出来の悪さだったということになるかもしれない。
ちょうど130点で、50人前後。
キリもいいしこんなところか、ということで、この点数なのだろう。
合格者数や合格点には、意外な点はない。
意外な点は、別の部分にある。

4割を大学生に奪われた

以下は、丙案時代以降の合格者に占める大学生割合の推移である。
なお、丙案(合格枠制)とは、一定割合(7分の5又は9分の7)を全受験者から決定し、残り(7分の2又は9分の2)を初回受験から3年以内の者から決定する制度のことである。

年度

大学生の割合

丙案の有無

(28.2%)

丙案無し

(43.3%)

7分の2

(38.7%)

7分の2

10

(31.8%)

7分の2

11

(29.1%)

7分の2

12

32.0%

7分の2

13

26.9%

7分の2

14

24.0%

9分の2

15

24.0%

9分の2

16

16.1%

丙案無し

17

15.1%

丙案無し

18

15.7%

丙案無し

19

15.6%

丙案無し

20

20.6%

丙案無し

21

27.7%

丙案無し

22

40.4%

丙案無し

驚くべき数字である。
昨年度から、12.7%も上昇した。
過去最高だった平成8年に次ぐ、学生割合の高さである。
合格者の実に4割が、学生だった。

これは、論文の若返り現象によるものである。
以下は、択一、論文各段階での合格者年齢等の推移である。

年度

択一合格者
平均年齢(A)

論文合格者
平均年齢(B)

A-B

択一合格者に占める
24歳以下の割合(C)

論文合格者に占める
24歳以下の割合(D)

D-C

12

28.55

26.61

1.94

22.6%

37.1%

14.5

13

28.91

27.33

1.58

21.1%

31.4%

10.3

14

28.79

27.59

1.20

22.5%

27.9%

5.4

15

28.82

28.19

0.63

22.0%

25.9%

3.9

16

29.54

28.98

0.56

17.8%

17.8%

17

30.00

28.89

1.11

16.4%

18.4%

2.0

18

30.43

29.37

1.06

15.7%

17.7%

2.0

19

31.51

29.80

1.71

16.1%

18.8%

2.7

20

33.36

29.98

3.38

13.0%

22.7%

9.7

21

35.10

29.29

5.81

12.9%

33.7%

20.8

22

34.96

28.56

6.40

16.6%

46.2%

29.6

今年度は、過去最高の若返りが生じている。
択一では34歳だったものが、論文では28歳へ。
6歳も若返っている。
24歳以下の割合は、これを反映したものとなっている。
択一では16%に過ぎないものが、論文では46%。
30%近い増加である。
以下は、今年度の結果を24歳以下と25歳以上に分けた数字である。

 

択一
合格者

論文
合格者

論文合格率

24歳以下

123人

24人

19.5%

25歳以上

619人

28人

4.52%

24歳以下の論文合格率は、19.5%。
これに対し、25歳以上は、わずか4.52%である。
論文で、高齢受験生はここまで差を付けられている。

実質最後の旧試験だった。
長い間頑張って来た受験生は、これまでになく気合が入っていたはずである。
他方、学生は、ダメもと、腕試し程度だったのではないか。
学生は、2~4年程度しか、法律を勉強していないはずである。
一方で、択一合格者の平均年齢は、34歳。
34歳の受験生といえば、10年は勉強しているだろう。
なのに、4割を学生に奪われる。
この事実は、重い。

そもそも、平成18年以降の論文合格者の平均年齢は、毎年1歳ずつ増えなければおかしい。
この時期には新参者は少なく、滞留者は毎年1つ歳をとるからだ。
にもかかわらず、29で頭打ちになっている。
これは、滞留者が合格できていないことを示している。
この現象は、新試験でも顕著に現れている(平成22年度新司法試験の結果について(3)参照)。
今年度は、21年度既修の合格率は46.3%に対し、初代の17年度既修のそれは4.02%に過ぎない。

そして、滞留者が受かりにくい原因は、前記のように論文である。
その理由の一つとして、論文は勉強の効果が発揮されにくいということがある。
論文は、実力の反映されにくい試験である。
これは、新試験で明らかになっている。
新試験において、未修と既修とは顕著な実力の差がある。
しかし、論文では、その差が縮まっている(平成22年度新司法試験の結果について(4)参照)。

ただ、それだけでは、説明がつかない。
実力より運が作用する試験だということは、合格率の差が縮まることしか意味しない。
勉強量の少ない受験生と、勉強量の多い受験生。
前者が、後者とそれほど差が付かない。
そういう意味にしか、ならないはずである。
逆転するということは、説明できない。
しかし、前記のように、24歳以下と25歳以上の合格率に、顕著な差が出ている。
大きな逆転が生じている。
これは、運では説明できない。
なお、当然であるが、これは25歳以上が怠惰で、勉強していないことも意味しない。
それは、択一段階の平均合格年齢・24歳以下合格率をみれば、明らかなことである。

やはり、何か論文には見えないコツがある、ということだろう。
それを、若手は発見し易く、受験が長期にわたると発見できなくなる。
それは、趣旨から論じることであったり、細かい論点を捨てて基本論点を重視すること。
そういったことだろう。
しかし、近年の長期受験生は、そんなことは当然知っているはずだ。
趣旨から論じようとしているし、基本を重視している。
ただ、それが意識的になり過ぎているという感じはする。
若手は、ごく自然に、必要な限度でそれが出来ている。
一方、近時の長期の受験生は、むしろ過剰にそれをやっている。
そのため、わざわざ趣旨を書く必要もないところで、だらだらと趣旨を書いてしまう。
確かに基本ではあるけれども、前提論点でしかない。
そういうところまで、冗長に書いてしまう。
そのあたりの不自然さが、差に結びついているのではないか。

もう一つは、答案構成の問題である。
若手は、比較的ちゃんと答案構成をする。
答練慣れしていないから、きちんと下書きをするのである。
問題文を読み、構成し、書き出す。
一方、受験が長期になってくると、答案構成が雑になる傾向にあるように感じる。
問題文を深読みしすぎ、構成を途中で修正することも多い。
結果、「ああもうこんな時間だ」といって、見切り発車して失敗する。

すなわち、構成段階における基本の重視が欠けている。
基本知識だけを使ってさっさと構成し、頭を整理して書く。
そういうことができていない。
書いている途中で、別の論点を思い出して挿入してしまう。
若手は、そういうことが比較的少ない。
直感的ではあるが、その辺りが関係していそうである。

来年度以降、予備試験が始まる。
予備試験は、旧試験よりもさらに若手に有利である。
教養試験が含まれているからだ。
合格者数も、それほど期待できないだろう。
数字の上では、再度の挑戦が実を結ぶ確率は極めて低い。
受験を予定する人は、相応の覚悟をしておく必要がある。

同時に、他の道も模索すべきだろう。
よく、もう就職はできませんよ、という人がいる。
確かに、新卒に比べると、はるかに不利だろう。
しかし、それは今年の旧試験ほど困難なのか。
本気で考えることなく、目をそむけている人が多いように思う。
幸い、現在はネットを使って短時間で情報を集めることが可能だ。
ある程度は時間を割いて、情報収集をするべきである。

予備試験について

それでも、どうしても予備試験を受けたい。
そういう人は、行政法がポイントになると思う。
他の科目は、もう飽きるほどやっている。
しかし、行政法だけは、若手に近い感覚で勉強できるはずだ。
そのときの感覚。
基本書を読んでも意味がわからない部分がある。
しかし、気にしないで飛ばしたりしている。
論文では、食らいつけるところだけ、しっかり書こうとしている。
論点を落としても、「そんなの知らないよ」と、気にしていない。
そういう、他科目ではもはや感じられない新鮮な気持ちを持って、学習できるはずである。
その感覚を、逆に他科目の論文感覚にフィードバックしていく。
それが、論文で若手に近づくコツなのではないか。
そんな風に思う。

また、教養については、その比重を意識しておくべきである。
法務省は、「司法試験予備試験における出題範囲及び問題数等について」を公表している。
これによれば、短答は法律科目が合計で70~105問。
教養が40問中20問の選択である。
教養のウェイトは、4分の1から5分の1程度である。
これは、無視してよいとまではいえない。
かといって、必死になってやる程のものでもない。
そもそも、教養は範囲が広い。
手をつけがたい、というのも、やむを得ないところである。

もっとも、サンプル問題をみると、短答は平易な知識で解けるもの。
または、その場の論理操作で解けるもの。
そういったものが、何問か含まれている。
これは、意識的にそのように作られている。

司法試験委員会会議予備試験サンプル問題検討メンバー(一般教養科目)に対するヒアリングより引用、下線は筆者)

 出題の水準については,大学卒業程度を基本とすることとされているが,具体的にどのようなものを想定するのかについては,例えば,大学での履修によって初めて身に付くような専門的な内容を含めるべきかどうかなど,検討メンバーの間でも議論があった。この点については,大学の設置基準において教養科目と専門科目の区別が取り払われており,大学卒業時に必ず身に付けておくべき学識の定義が明確でなくなっていること,受験者は,短答式試験において法律基本科目7科目と同時に一般教養科目を受験することになり,一般教養科目に特化した準備を求めるのは困難ではないかと考えられること,大学卒業者であっても,予備試験の受験まで一定の年数を経ていることが想定され,過去に履修した当時の知識を子細かつ正確に記憶していることを求めるのは困難ではないかと考えられることなどを考慮して,ある程度の基本的な知識は前提とするが,過度に難解で専門的な内容は問わないこととする。また,大学卒業までの過程で,学習し,理解した経験があれば,その当時に習得した知識を子細かつ正確に記憶していなくとも,ある程度は解答が可能となるようなものとするのが適当であろうと考えた。

(引用終わり)

そういった自分でも解ける問題を、時間内にいかにうまくピックアップできるか。
その訓練の方に、重点を置いておくべきである。

一方、論文の方の問題数は、法律基本7、教養1、実務基礎2である。
教養は、10分の1に過ぎない。
また、特別な知識は要求されないようになっている。

司法試験委員会会議予備試験サンプル問題検討メンバー(一般教養科目)に対するヒアリングより引用、下線は筆者)

 論文式試験において,どのような素材を用いてどのような設問を作成するかを検討するに当たり,全受験者が同一の問題を解答することを考慮し,専門的な知識の有無が解答に際して有利・不利にならないように配慮する必要があるとの認識で一致していた。

(引用終わり)

サンプル問題をみる限り、単なる現代文である。
これは、大学入試の頃は、苦手だった人が多かったはずである。
しかし、ここは飽きるほど短答の読解問題や論文答練をやった経験が生きる。
ざっとサンプル問題をみてみよう。
まず、設問1の要約は、かつて択一で出た判例読解を意識すればよい。
ポイント部分だけ、骨子だけ下線を引いて、引用摘記すれば足りる。
詳論は避けるが、ポイントは、「私は「一八〇〇年以前の音楽は話し,それ以後の音楽は描く」と言いたい。」の部分である。
ここを起点に、話すとは何か、描くとは何か、に該当する部分だけ摘記すればよい。
要は、前者はわかる者にだけわかるものである。
筆者としては、本来の音楽、という肯定的ニュアンスがある。
他方、後者は誰にでもわかるものであって、政治的・煽動的なものである。
本来の音楽を、恣意的に歪め、利用している、という批判的ニュアンスがある。
設問2は、一種の小論文である。
しかし、上記要約を踏まえて論理的にどういうことがいえるか、を書けば足りる。
民法や民訴の一行と、書き方は同じだ。
これまでの過酷な訓練で、信じられないほど文章力は付いているはずだ。
書いてみると、それほど苦にならないはずである。
本問では、安易に外国に理解されるような形に変容する危険。
例えば、外国人の体格に合わせたルール変更や、技の名称変更。
そういったものが、本来の国技の本質を失わせないか。
または、国技の国際化によって国威発揚に利用される危険。
そういったものを強調して、否定的な帰結を導きうることを示す。
その上で、自分なりに肯否の理由と結論を述べればよいだろう。

以上のように、短答・論文共に、さほど特別の知識を要しない。
慌てて教養の勉強をするのは、得策ではない。
ある程度、短答向けの知識の習得の時間を取るとすれば、薄いセンター対策本を読むくらいだろう。
知識の水準としては、センターレベルが念頭に置かれているからである。

司法試験委員会会議予備試験サンプル問題検討メンバー(一般教養科目)に対するヒアリングより引用、下線は筆者)

 検討メンバーから,「解答に際して必要となる知識としては,大学入試センター試験レベルの知識あるいは教養的知識を基本とし,その知識を前提として,大学で身に付けるような思考・分析・理解を展開すれば,解答が可能なものとするのが相当ではないか。」との意見が述べられ,大方の賛同を得ていた。

(引用終わり)

また、実務基礎科目については、前記の通り、ウェイトは2割程度である。
無視できないが、それほど高くもない。
内容的には、民事は要件事実と手続に重点を置いた民訴。
刑事は、当てはめに重点を置いた刑法と刑訴。

旧試験組として気をつけるのは、要件事実である。
これは、本番の新試験でも、出題される。
しっかりやっておきたい。
教材としては、類型別 問題研究 30講 がオーソドックスである。
最終的な知識としては、類型別でよい。
その理解の前提として問題研究。
より深めた実質の理解の参考として、30講。
そういった位置づけで考えると良い。

その他の部分は、何とかなるだろう。
民訴・刑訴については、規則も引けるようにはなっておきたい。
規則については、新試験短答で出題されている。
従って、予備試験短答でも出題可能性がある。
余裕のあるうちに一度素読しておくべきだろう。
同様に、民事については、執行・保全についても学習しておく必要がある。
執行・保全は実務基礎として出題されうるし、本試験でも付随的に出題されているからである。

司法試験委員会予備試験サンプル問題検討メンバー(法律実務基礎科目(民事))に対するヒアリングより引用)

 論文式試験のサンプル問題には,民事保全や民事執行を入れなかったが,これも出題範囲には含まれることとなる。

(引用終わり)

 

平成21年度新司法試験採点実感等に関する意見商法より引用、下線は筆者)

2 採点方針,採点実感等

 民事系科目第2問の設問4から設問6までが商法からの出題であるが,これらは,いずれも,問題文に示された比較的詳細な事実や議決権行使書面及び委任状といった法的文書を読み解き,分析して,商法上の論点を的確に抽出した上,民事訴訟や民事保全の手続をも活用しつつ,事案に即した有効な法的対応を行うことができるかという,法曹に求められる基本的な知識と能力を試すものである。

4 今後の法科大学院教育に求めるもの

 受験生には,議決権行使書面と委任状の問題,民事保全の手続による救済等のように,基本的であり,かつ,実務的にも非常に重要な制度に関する理解ができていない傾向が見られる。

(引用終わり)

ただ、ここは他の受験生も手薄なところである。
余裕があれば、適当な概説書 を一冊選んで、条文を引きながらざっと通読しておく程度でよい。

法曹倫理は、独立の科目としては出題されない。
また、そもそも毎年出題されるわけではない。
特に、刑事系では、出題頻度は低くなりそうである。

司法試験委員会会議第64回(平成22年3月29日)より引用、下線は筆者)

 法律実務基礎科目のサンプル問題には,サンプルとして示すという趣旨から,民事・刑事のいずれにも法曹倫理の問題が含まれている。サンプル問題には法曹倫理も入れておくとしても,実際の試験では,年によって法曹倫理が出題されないこともあるということで構わないと考えている。

(引用終わり)

 

司法試験委員会予備試験サンプル問題検討メンバー(法律実務基礎科目(刑事))に対するヒアリングより引用、下線は筆者)

 刑事の法曹倫理は,出題範囲としては非常に限られるので,必ずしも毎年出題しなければならないというものではない。

(引用終わり)

また、その内実も、主として弁護士倫理である。

司法試験委員会予備試験サンプル問題検討メンバー(法律実務基礎科目(民事))に対するヒアリングより引用)

 法曹倫理という場合には,法曹三者それぞれの倫理を考えることができると思うが,事件関係者との直接的なかかわりという視点から考えると,弁護士倫理が主要なポイントになる。

(引用終わり)

具体的には、弁護士法弁護士職務基本規程の一部である。
多くの人が、ここまでは手が回らないだろう。
また、出題も常識的に判断できるようなものになりそうである。
とはいえ、普段ほとんど馴染みのない条文であるし、また、何をよりどころに論じればよいかわからない。
余裕があれば、概説書 を参照しつつ関係規定を一読するとよいだろう。

最後に、最も重要な点は、刑法プラス応用3法の知識である。
旧試験では、応用3法は択一がないし、刑法はほとんどパズルだった。
そのため、これらの科目の知識は、長期の受験生でもかなり乏しい。
しかし、新試験の短答では、これら科目でもかなり細かい知識が訊かれる。
予備試験でも、それなりに知識を訊いてくるだろう。
教養や実務基礎の方に目を奪われて、これらを落とすと、手痛いことになる。
全体のウェイトは、あくまで法律基礎の方にあることを、忘れてはいけない。
肢別本 等を使って、手堅く押さえておきたい。

posted by studyweb5 at 19:57| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験定義趣旨論証集(憲法)
司法試験令和2年最新判例ノート
司法試験定義趣旨論証集(物権)【第2版】
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)【第2版】
司法試験令和元年最新判例ノート
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【新刊書籍・法学論文・ニュース等のリンク】

Amazon司法試験売れ筋ランキング

最近の最高裁判例

弁護士ドットコムニュース

≪法科大学院修了生≫初めての就職活動に向けた個別相談会

司法試験定義趣旨論証集(憲法)

法学セミナー 2021年6月号 通巻797号 ◇統治機構における学問の自由

完全講義 法律実務基礎科目[民事]─司法試験予備試験過去問 解説・参考答案─

伊藤塾 合格セレクション 司法試験・予備試験 短答式過去問題集 民法 (伊藤塾合格セレクション)

精読憲法判例[統治編]

未成年者の基本的人権: 憲法学的考察

訴訟をするならこの1冊(第7版) (はじめの一歩)

刑事訴訟法判例ノート 第3版

家庭裁判所調査官が自ら担当した事件に関する論文等の公表とプライバシー侵害
最高裁判所第二小法廷令和2年10月9日判決
福岡県立大学教授 森脇敦史

令和元年参議院議員通常選挙における平成30年改正後の定数配分規定の合憲性
最高裁判所大法廷令和2年11月18日判決
帝京大学助教 吉川智志

暗号資産取引のパスワード盗用事例における損害の負担
東京地方裁判所令和2年3月2日判決
中央大学客員教授・弁護士 片岡義広

ヘイト・スピーチに対し名誉毀損罪の成立を認めた例
大阪高等裁判所令和2年9月14日判決
大阪市立大学教授 金澤真理

司法試験、12日から実施 法務省

【令和3年司法試験】短答式試験解答速報を5/24(月)より公開!!

司法の窓 第86号

「資格スクエア」、AIが試験問題を予測する「未来問模試」に
司法試験予備試験受験生1140人受験

【無料オンラインセミナー】『M&Aを視野に入れた拡大成長戦略セミナー』を
全6回に渡り開催

聴覚・視覚障害の弁護士たちが立ち上った!
難聴の11歳女児死亡事故裁判に異議

二足のわらじ、1級建築士で弁護士 きっかけは親孝行

ウイグル問題は「取引停止」で片づけてはいけない

【コロナ危機下の不動産経営】賃借人からの中途解約は可能?

親族に賃貸する場合、家賃はいくらまで安く設定できる?

夫婦別姓、自民論客に聞く

「今こそ法の理念を」
最高裁長官、憲法記念日で会見

夫婦別姓や同性婚「新たな社会的問題、
裁判官は広い視野で」相次ぐ裁判で最高裁長官

最高裁長官「裁判官は広い視野を」憲法記念日にあわせ会見

TVあればNHKの受信料を払わないといけない
⇒「納得できない」64%【朝日新聞世論調査】

反五輪デモで国立競技場周辺は騒然…
公安警察の〝抗議運動潰し〟も発覚

「東京五輪中止」の署名がついに20万人を突破!
開始49時間の〝超絶スピード〟続く

年収夫700万円、妻100万円…
子連れ離婚でもらえる養育費は?

「絶対もうかる」と甘い誘い文句も…
無登録業者もはびこる海外FXに潜む危険

時短要請応じぬ15飲食店名、宮城県が公表
仙台の居酒屋やキャバクラ

「入管の権限が強いまま」入管法改正案めぐり弁護士団体

「帰ったら殺される」 入管法改正案、在日ミャンマー人の叫び

ネットの法律相談に駆け込む「転売ヤー」のリアルな悩み

女性を自宅に連れ込み性的暴行容疑 千葉市の弁護士を再逮捕

死刑制度 大阪弁護士会が廃止と存続の議論を動画に

「娘を捨てた」 空き家に赤ちゃんの遺体
横浜市の22歳女 死体遺棄容疑で送検へ

茨城一家殺傷 岡庭由征容疑者が少年時の
公判で語っていた攻撃衝動と性的衝動

大津園児死傷事故2年、現場で根絶の祈り
園児ら16人死傷、市民らが献花

遺族ら検審に申し立て 「心から笑えない」 大津死傷事故2年

猛スピード生徒2人死亡…少年に実刑
専門家「重い処罰。危険運転は故意犯」
近年は遺族感情も重視か

【長崎】諫早コンビニ強盗ベトナム人に懲役6年求刑

中国旅行「便宜が目的と思った」勝沼元議員が証言 IR汚職公判

ベンツ放火で逮捕の20歳男 灯油を容器に準備し犯行か…
前日にも高級車ばかり6台の連続不審火

首都高は速度超過80キロが運命の分かれ目。
スピード違反を罰金で解決できない職業がある

元大学生らと共謀…持続化給付金400万円を騙し取った罪
税務署の元職員に懲役3年・執行猶予5年の判決

接近禁止命令の夫が妻を銃撃、生きたまま放火
女性殺人に衝撃広がる フランス

機銃掃射でいじめ 頭に袋、縛り20分継続―仏空軍

フロイドさん事件、連邦法違反罪でも起訴 新たな裁判へ

ウーバー、運転手採用コストが4-6月期業績圧迫へ-株価下落

大物弁護士が超大物クライアントを裏切る日

Facebook監督委、トランプ前大統領の投稿制限を支持

トランプ氏停止は支持、だがFacebookは無責任と「最高裁」が言う

幕を開けたアップルvs「フォートナイト」開発元の
“手数料訴訟”は、ある単純な「問い」で勝負が決まる

Epic GamesとAppleの『フォートナイト』訴訟がitch.ioに飛び火。
「口に出すのもはばかられるゲーム」(=アダルトゲーム)が配信されているという
Apple弁護士の言葉を受け、itch.ioがジョークで反撃

英スコットランド議会選、独立派が勝利-住民投票実施求め攻勢へ

リオ貧民街、麻薬捜査で25人死亡 警官も犠牲に

リオ警察の「虐殺」に住民怒り 国連は調査要求

国情院、裁判所の「ベトナム戦民間人虐殺」
関連事実照会要請も拒否

慰安婦訴訟判決を読み解く

捜査体系の切り替え急いだ公捜処、
結果が出ないまま文在寅政権が終わるか=韓国

韓国与党議員「尹錫悦元検察総長、
能力は優れているが、モンゴル騎兵のようだ」

文在寅「大統領侮辱罪」騒動…
国民もメディアも政権に完全に背を向けた

検察総長指名の金浯洙氏、「政権の世話人」の汚名が残らぬように

論究ジュリスト 2021年春号(36号) (ジュリスト増刊)

法学教室 2021年 05 月号

司法試験&予備試験 令和2年 論文過去問 再現答案から出題趣旨を読み解く。 (シリーズ)

伊藤塾 合格セレクション 司法試験・予備試験 短答式過去問題集 憲法 (伊藤塾合格セレクション)

伊藤塾 合格セレクション 司法試験・予備試験 短答式過去問題集 刑法 (伊藤塾合格セレクション)

伊藤塾 合格セレクション 司法試験・予備試験 短答式過去問題集 憲法 (伊藤塾合格セレクション)

憲法の階梯

国会法概説

憲法問題32 2021

行政刑法 罰則と処分法則

民法1 総則・物権法 第4版

民法入門III 債権法

第4版 離婚調停

特定調停法逐条的概説

『ストーリーで学ぶ会社の仕組み』会社で必要なことはこの本で学べる

論点体系 会社法<第2版>1

論点体系 会社法<第2版>2

論点体系 会社法<第2版>3

論点体系 会社法<第2版>4

論点体系 会社法<第2版>5

論点体系 会社法<第2版>6

Q&A令和元年改正会社法【第2版】

政策形成訴訟における理論と実務 福島原発事故賠償訴訟・アスベスト訴訟などからの考察

民事訴訟雑誌67号

規範論と理論刑法学

刑事裁判は生きている 刑事事実認定の現在地

大コンメンタール刑事訴訟法(第三版) (第8巻)

人事労務の法律問題 対応の指針と手順〔第2版〕

アメリカ家族法 (アメリカ法ベーシックス 14)

複数の介在行為が問題となる事例と危険の現実化による判断枠組み
東名高速道路あおり運転事件控訴審判決
東京高判令和元年12月6日
里見 聡瞭

媒質の思考(1) : 表現の自由の根幹について
山羽 祥貴

「必要な処分」規定の必要性
星周一郎

所有者不明土地の解消に向けた民事基本法制の見直し
(民法・不動産登記法等一部改正法・相続土地国庫帰属法)

令和3年司法試験予備試験の受験の際の公共交通機関の利用について

令和3年司法試験の受験の際の公共交通機関の利用について

司法試験委員会 第164回会議(令和3年4月9日)

文部科学広報 2021年4月号

B型肝炎訴訟 患者の救済範囲広げた最高裁

逆転勝訴「うれし涙出た」
中傷や副作用も… 苦悩の闘争13年

最高裁で逆転勝訴 B型肝炎訴訟で

B型肝炎、20年以上での再発も救済
最高裁「損害賠償請求できる」

B型肝炎、患者が逆転勝訴
損害賠償、起算点は「再発時」―救済進展へ・最高裁

ペルー人親子の在留特別許可認めず
最高裁が退ける

京都府警のひき逃げ事件捜査
弁護士が異例の立ち会い

生きづらさの原因は「発達障害」だった…
自閉スペクトラム症の50歳男性が人生を肯定するまで

紀州のドン・ファン裁判が「超難航しそう」な訳

どうなる「紀州のドン・ファン」13億遺産の行方
元妻逮捕の影響は?親族側弁護士に聞いた

「実質的な勝訴」の陰で…
別姓婚「日本も有効」で露呈した戸籍制度の矛盾

「選択的夫婦別姓」36年前の世論調査では…
今では自民支持層も賛成6割に 最高裁の判断後に逆転した賛否

「動かないで」上野のストリップで捜査員は叫んだ…
70年前に最高裁が示した判断は

大阪弁護士会、人質司法に対抗
不服申し立てに「報酬」

「新証拠」提示し再び再審請求へ 飯塚事件弁護団

え、これって労働時間? あいまいなオン・オフの境界線――
実務上、労使トラブルになりがちな3つのケース

元大阪特捜部長、弁護士登録へ 証拠改ざん隠蔽で有罪

二足のわらじ、1級建築士で弁護士 きっかけは親孝行

「明日から会社来ないで」突然クビになった女性の怒りと素早い行動

山尾志桜里議員「疑惑連発に釈明」でも問われる議員の資質

意外と知らない「弁護士に頼むべき離婚、そうでない離婚」の違い

住宅での盗撮ほとんど“対象外”だった…
自治体ごとにバラバラな『迷惑防止条例』多くで盗撮禁止なのは公共の場所

山梨県と富士急行との裁判
着手金1億4300万円を専決処分
県有地の訴訟の弁護士費用

相模原土地整理問題
百条委で弁護士選任へ

弁護士業界で今、「労働事件」が大流行!
誰もが被害者になるカジュアル化の実態

女性に乱暴容疑で弁護士を起訴 千葉地検

「モンペ対策には弁護士を」そんな“教育のマニュアル化”には反対です

業務上横領で弁護士起訴 遺産2800万円着服 大阪地検

弁護士は六法全書を暗記してる?
大切なのは「解釈」と「適用」

暴言、たたく、宛先表示「クズ」…
弁護士のパワハラ認定

弁護士事件管理サービス『LegalWin』が
電子化した記録への書込み機能、記録の行数表示機能を追加
有料プランの登録受付開始
初月から12か月連続有料会員増加中!

示談金700万円私的流用 弁護士を懲戒処分

大分市議 覆面着用求め仮処分申請
弁護士「人格権を侵害」

学術会議任命拒否巡り、
弁護士らが理由記載の行政文書の開示請求…
拒否された6人も

河井克行被告に懲役4年求刑、
検察側「前代未聞の悪質な犯行」

なぜ2900万円の選挙買収なのに追徴求刑が150万円?
差額はどうなるか

目閉じたまま一礼 河井被告、求刑に―参院選買収

【池袋暴走事故 被告人質問詳報】(1)
車いすで出廷「パーキンソン症候群の可能性あると…」

「中指立てた写真」投稿でチア活動1年停止処分
米最高裁が審理へ

ジュリアーニ氏の家宅捜索でトランプ氏周辺に恐怖心、情報筋

米検察、元NY市長宅など捜索
前大統領弁護士のジュリアーニ氏

法学者、米国仮想通貨規制の治外法権の範囲に対して警告

「絶滅した」先住民の権利、外国在住の子孫に認める カナダ最高裁

韓国検察総長、前任者の政治行動と新任者の課題

任期最後の検察総長、中立性が最優先=韓国

韓国最高裁の判事候補者
「『慰安婦』被害者の名誉回復のために努力する」

マラドーナ氏は「見殺し」にされた 医療委員会が報告

ナワリヌイ氏、痩せ細った姿で出廷 関係組織は解散発表

ナバリヌイ本部は「テロ関与団体」 ロシア当局が指定

会社法の一部を改正する法律案

民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)

商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案

民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

令和2年司法試験予備試験の実施について

令和3年司法試験の実施について

司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

司法試験ファイル,旧司法試験第二次試験ファイル及び
司法試験予備試験ファイルに係る開示請求について


  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判 平成30年版
プロシーディングス刑事裁判 平成30年版
検察講義案 平成27年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等