2019年05月31日

2019年05月30日のtweet


posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月30日

2019年05月29日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

令和元年司法試験論文式民事系第1問参考答案

【答案のコンセプトについて】

1.司法試験の論文式試験において、合格ラインに達するための要件は、概ね

(1)基本論点抽出できている。
(2)当該事案を解決する規範明示できている。
(3)その規範に問題文中のどの事実が当てはまるのかを摘示できている。

という3つです。とりわけ、(2)と(3)に、異常な配点がある。(1)は、これができないと必然的に(2)と(3)を落とすことになるので、必要になってくるという関係にあります。応用論点を拾ったり、趣旨や本質論からの論述、当てはめの事実に対する評価というようなものは、上記の配点をすべて取ったという前提の下で、優秀・良好のレベル(概ね500番より上の順位)に達するために必要となる程度の配点があるに過ぎません。 

2.ところが、法科大学院や予備校では、「応用論点に食らいつくのが大事ですよ。」、「必ず趣旨・本質に遡ってください。」、「事実は単に書き写すだけじゃダメですよ。必ず自分の言葉で評価してください。」などと指導されます。これは、必ずしも間違った指導ではありません。上記の(1)から(3)までを当然にクリアできる人が、さらなる上位の得点を取るためには、必要なことだからです。現に、よく受験生の間に出回る超上位の再現答案には、応用、趣旨・本質、事実の評価まで幅広く書いてあります。しかし、これを真似しようとするとき、自分が書くことのできる文字数というものを考える必要があります。
 上記の(1)から(3)までを書くだけでも、通常は6頁程度の紙幅を要します。ほとんどの人は、これで精一杯です。これ以上は、物理的に書けない。さらに上位の得点を取るために、応用論点に触れ、趣旨・本質に遡って論証し、事実に評価を付そうとすると、必然的に7頁、8頁まで書くことが必要になります。上位の点を取る合格者は、正常な人からみると常軌を逸したような文字の書き方、日本語の崩し方によって、驚異的な速度を実現し、7頁、8頁を書きますが、普通の考え方・発想に立つ限り、なかなか真似はできないことです。
 文字を書く速度が普通の人が、上記の指導や上位答案を参考にして、応用論点を書こうとしたり、趣旨・本質に遡ったり、いちいち事実に評価を付していたりしたら、どうなるか。必然的に、時間不足に陥ってしまいます。とりわけ、上記の指導や上位答案を参考にし過ぎるあまり、これらの点こそが合格に必要であり、その他のことは重要ではない、と誤解してしまうと、上記の(1)から(3)まで、とりわけ(2)と(3)を省略して、応用、趣旨・本質、事実の評価を書きにいってしまう。これは、配点が極端に高いところを書かずに、配点の低いところを書こうとすることを意味しますから、当然極めて受かりにくくなるというわけです。

3.上記のことを理解した上で、上記(1)から(3)までに絞って答案を書こうとする場合、困ることが1つあります。それは、純粋に上記(1)から(3)までに絞って書いた答案というものが、ほとんど公表されていないからです。上位答案はあまりにも全部書けていて参考にならないし、合否ギリギリの答案には上記2で示したとおりの状況に陥ってしまった答案が多く、無理に応用、趣旨・本質、事実の評価を書きにいって得点を落としたとみられる部分を含んでいるので、これも参考になりにくいのです。そこで、純粋に上記(1)から(3)だけを記述したような参考答案を作れば、それはとても参考になるのではないか、ということを考えました。下記の参考答案は、このようなコンセプトに基づいています。

4.参考答案の太字強調部分は、「司法試験定義趣旨論証集(民法総則)」及び「司法試験平成28年最新判例ノート」の付録の論証集に準拠した部分です。

 

【参考答案】

第1.設問1

1.前段

(1)本件事故は、甲建物の完成後、引渡し前に発生した。

(2)建築請負において、請負人が材料を提供した場合には、明示・黙示の特約がない限り、請負人が完成建物を原始取得する(判例)。黙示の特約があるかは、敷地の所有権者や報酬の支払時期などを考慮して判断する。
 確かに、Bは、必要な材料を全て自ら調達しており、本件契約には完成建物の所有権の帰属について明示の特約はない。
 しかし、敷地の所有権者はAであり、本件契約では、代金について、契約日に10%、着工日に30%、棟上げ日に40%、引渡日に20%を支払うこととされているから、完成建物の所有権はAに帰属する旨の黙示の特約があったといえる。

(3)よって、本件事故が発生した時点における甲建物の所有者は、Aである。

2.後段

(1)所有者の工作物責任(717条1項ただし書)を検討する。

(2)「土地の工作物」とは、土地に接着して人工的に設置された物などをいう。
 甲建物はBの工事によって建築された鉄骨鉄筋コンクリート造9階建ての建物であるから、土地に接着して人工的に設置された物であり、「土地の工作物」に当たる。

(3)「瑕疵」とは、通常有すべき安全性を欠いていることをいう(近鉄アスベスト事件判例参照)。
 甲建物に用いられた建築資材は、必要な強度を有しない欠陥品であったから、通常有すべき安全性を欠いている。したがって、甲建物の設置には「瑕疵」がある。

(4)「よって」とは、瑕疵と損害に因果関係があることをいう。
 確かに、本件事故の直接の原因は震度5弱の地震である。しかし、Cの損害は甲建物の一部が損傷して落下したことによるもので、甲建物の一部損傷をもたらした原因は建築資材の欠陥にあったから、瑕疵と損害に因果関係がある。

(5)「占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をした」かを判断するにあたっては、占有者の負うべき注意義務と、その違反の有無を考慮すべきである。
 本件事故は引渡前に生じたから、甲建物の占有者はBである。
 確かに、Bは、必要な材料を全て自ら調達したから、建築資材を調達したのもBである。しかし、この資材は定評があり、多くの新築建物に用いられていたこと、欠陥品の建築資材が出荷された原因は製造業者の検査漏れであること、甲建物にはたまたま用いられていたことを考慮すれば、Bに改めて検査すべき注意義務があったとはいえない。したがって、「占有者が損害の発生を防止するのに必要な注意をした」といえる。

(6)717条1項ただし書の所有者の責任は無過失責任であるから、Aに免責の余地はない。

(7)よって、Cは、Aに対し、所有者としての責任を追及して、本件事故による損害の賠償を請求することができる。

第2.設問2

1.Hの主張

(1)「その効力を生ずる」(借地借家法31条1項)とは、旧所有者・賃借人間の賃貸借関係が当然に新所有者・賃借人間に移転すること(賃貸人の地位の移転)を意味する(判例)。
 Hは、本件賃貸借契約に基づくEへの引渡しの後に乙建物を買い受けてその旨の移転登記をしたから、同項の適用により、DE間の賃貸借関係は、当然にHE間に移転する。

(2)確かに、Hが乙建物の所有権を取得し、登記を備えたのは、本件譲渡契約とEへの通知の後である。
 しかし、Dは、自分が取得する賃料を譲渡することはできても、他人が取得する賃料は譲渡できない。したがって、本件譲渡契約は、Dが取得する賃料のみを対象とし、Hが取得する賃料には及ばない。
 よって、Hは、本件譲渡契約にかかわらず、乙建物の所有権を取得し登記を備えることによって、Eから本件賃貸借契約に係るそれ以後の賃料の支払を受けることができる。

2.Fの主張

(1)将来債権の譲渡は、対象が特定され、公序良俗(90条)に違反しない限り、有効である。
 本件譲渡契約の対象は本件賃貸借契約に係る平成28年9月分から令和10年8月分までの賃料債権であり、特定されている。確かに、12年分の賃料が対象で、その額は3600万円になる。しかし、FのDに対する同額の貸金の回収を目的とすること、賃借人がE県であり、事前に了解を得ていたことを考慮すると、公序良俗に違反するとはいえない。
 以上から、本件譲渡契約は、有効である。

(2)Hは、賃料を譲渡したDの地位を承継するから、本件譲渡契約の効力を否定することはできない。
 よって、Fは、本件売買契約にかかわらず、本件賃貸借契約に係る賃料の支払を受けることができる。

3.㋐と㋑のいずれが正当か。
 将来債権の譲渡は、特段の付款のない限り確定的に効力を生じ、債権が将来発生したときに当然に譲受人は債権を取得する(判例)。
 そして、新賃貸人に移転する賃貸借の内容は、従前の賃貸借契約の内容のすべてにわたり、賃料前払も含まれる(判例)こと、Fが本件譲渡契約時に本件売買契約を予見していた事実はないのに対し、Hは本件売買契約時に本件譲渡契約を知っていたことも考慮すると、前記1(2)の主張は正当ではなく、前記2(2)の主張が正当である。
 よって、㋑が正当である。

第3.設問3

1.本件債務引受契約自体の錯誤無効(95条)

(1)Eは、㋐を前提に本件債務引受契約をしたから、㋑が正当であるとすれば、その動機に錯誤があった。

(2)動機の錯誤が要素の錯誤となるためには、その動機が相手方に表示されて法律行為の内容となり、もし錯誤がなかったならば表意者がその意思表示をしなかったであろうと認められる場合であることを要する(判例)。
 ㋐は乙建物の収益性に関する事項であり、引き受ける債務の額や債権者が誰かなどと関わりがないから、たとえ表示されても本件債務引受契約の内容とはならない。したがって、要素の錯誤がない。

(3)以上から、本件債務引受契約自体の錯誤無効を主張できない。

2.本件売買契約の錯誤無効

(1)本件売買契約は、Dに対して売買代金の支払をするのではなく、DのGに対する本件債務の弁済を引き受けることによって売買代金債務を消滅させるものとされているから、第三者のためにする契約(537条1項)である。
 第三者のためにする契約に基づく諾約者と受益者の間の法律関係は、対価関係とは無因であるが、補償関係とは有因である(539条)。
 したがって、本件売買契約の錯誤無効は、本件債務引受契約の無効事由となる。

(2)Eは、㋐を前提に本件売買契約をしたから、㋑が正当であるとすれば、その動機に錯誤があった。

ア.平成29年12月1日の合意①において、乙建物の代金がその収益性を勘案して6000万円とされたことから、㋐はDに黙示に表示されていた。

イ.売買は、目的物と代金額を要素とする(555条)。㋐は、本件売買契約の目的物である乙建物の収益性に関する事項であり、上記アのとおり代金額の基礎とされた事情でもあるから、上記アの表示により、本件売買契約の内容となっていた。

ウ.Eは、㋐と考えて自ら乙建物を購入することとしたから、もし錯誤がなかったならば本件売買契約の意思表示をしなかったであろうと認められる。

エ.以上から、Eのした本件売買契約の意思表示には要素の錯誤があった。

(3)平成29年12月1日の合意①から、Dも㋐を前提としていたと考えられるから、共通錯誤である。共通錯誤の場合には相手方保護の必要性に乏しいから、95条ただし書は適用されない。したがって、Eの重過失の有無は問題とならない。

(4)以上から、本件売買契約は、錯誤により無効である。

3.よって、Eは、本件売買契約の錯誤無効を原因とする本件債務引受契約の無効を主張することができる。

以上

posted by studyweb5 at 16:08| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
司法試験委員会 第149回会議(令和元年7月3日)
弁護側主張 分からない 県弁護士会、裁判員裁判対策を模索
物権法・担保物権法 (伊藤塾呉明植基礎本シリーズ 5)
松川事件70年「諏訪メモ」スクープの元記者・倉嶋さん「冤罪終わらせて」
管理組合の弁護士費用補償=10月から新特約—損保ジャパン
アガルートの司法試験・予備試験 総合講義1問1答 民法
7割のフリーランスが報酬トラブルあり、損保ジャパンが日本初の保険
勾留却下の留学生、海外逃亡 公判打ち切り
条文あてはめ刑法
参院合区解消の協議停滞=地元は低投票率に危機感
リクナビによる「内定辞退率」データ提供の問題点はどこにあったか 法的観点から弁護士が解説
刑事政策の新たな潮流
リクナビ問題が大炎上した真相 “利用者不在”の人材ビジネスに潜む「構造的歪み」とは
知財は経営に寄り添うべき 翌日から世界が変わるダイナミクスがそこにある
大コンメンタール刑法〈第5巻〉第60条~第72条
N国・立花党首のマツコ・デラックス突撃に弁護士「喧嘩の仕方が上手い」
舞鶴女子高生殺人で無罪判決の「中勝美」、再び殺人未遂で逮捕、“獄死“の数奇な人生
刑事法の理論と実務1
第2次大戦中、日系人のふりをして進んで収容所に入ったアメリカ人がいた
<米国民として 日系人と戦争>(3)抵抗 強制収容 分断生んだ
[笑うケースメソッドIII]現代日本刑事法の基礎を問う
ジブラルタル、イランのタンカー解放命令 米国の要請に反し
ゴーン被告は「掃除係」…? 待ち受ける「刑務所生活」の厳しい現実
刑事法実務の基礎知識:特別刑法入門 2
21分内に12件の犯行、男に有罪評決 米オハイオ州
アマゾンが日本で法人税を納めずに済む仕掛け
Facebook「リブラ」公聴会に参加した法律専門家の見解
刑事法判例の最前線
令和2年司法試験の実施日程等について
令和2年司法試験予備試験の実施日程等について
アガルートの司法試験・予備試験 総合講義1問1答 民法
債務放棄、把握から3カ月以内=2次相続めぐり初判断―最高裁
借金の相続放棄 知ってから3カ月以内なら可能 最高裁初判断
ガイダンス 監査役・監査役会の実務
親の親族の債務、認知後3カ月は相続放棄可 最高裁
在外被爆者側の敗訴確定=死後20年、請求権消滅―最高裁
法学セミナー 2019年 09 月号
境の男性「無免許けん引」 罰金命令間違い 無罪 「非常上告」で最高裁判決
水戸地検が道交法の解釈誤り、罰金に 最高裁が取り消し
改訂 弁護士研修ノート 相談・受任~報酬請求 課題解決プログラム
諫早干拓上告審、9月13日判決 最高裁「ねじれ」巡り判断か
弁護士が教える!「不動産賃貸借契約書」を読むときのポイント
仮処分等を活用した反社会的勢力対応の実務と書式〔第2版〕─相談・受任から訴訟までの実践対策─
保釈後逃走検証 検察の再発防止策は心許ない
相次ぐ危害予告「一生を棒に振る」、ネットで100万回殺された唐澤弁護士が警告
〈概説〉民事訴訟法
女性が男性にセックスを強要……それはレイプなのか
リクルートはなぜ就活生の「内定辞退率予測」を売ったのか?学生無視した迷走の背景
現代民事手続法の課題 (春日偉知郎先生古稀祝賀)
弁護士が語る「起業で成功する人の共通点」とは
第2回 プロボノ活動の枠を超え 議員の道を選んだ弁護士が「2020」に描く夢
日弁連研修叢書 現代法律実務の諸問題<平成30年度研修版>
「最高裁」名刺をチラつかせ…裁判所事務官の結婚詐欺を女性が告発
事務官2人が盗撮逮捕もどこ吹く風 最高裁“上級国民”の傲慢
民事訴訟における事案の解明
NHK、3日連続で「受信料」に理解求める番組放送 N国への危機感あらわ
大阪・枚方の寺院、墓地経営の許可狙い裁判所欺く? 「隣接地の所有者も了承」
民事裁判入門 裁判官は何を見ているのか (講談社現代新書)
弁護士探しやすく 分野別検索サービス開始 大阪弁護士会
弁護士と相談者をアプリで身近に結ぶ!「Legalus」が 『かんたん法律相談アプリ』を8月5日(月)にリリース!
簡裁民事ハンドブック3<少額訴訟債権執行編>〔第2版〕 (簡裁民事ハンドブックシリーズ)
佐川氏ら10人、再び不起訴 森友問題 改ざん・背任捜査終結
薬物依存症も障害基礎年金の受給者に?スイス最高裁が決定
新債権法における要件事実と訴状記載のポイント
税金を払わぬ巨大企業 日本だけの問題ではないGAFAの法人税逃れ
宮崎地家裁の冷房停止で検察官も裁判官も汗だく レジオネラ菌検出、再開まで1週間以上
TKC、商事法務研究会との提携を拡充『旬刊商事法務』Web版を提供開始
学び効率が最大化するインプット大全
誤認逮捕された女子大学生の手記
愛媛の女子大生誤認逮捕に「昭和の古い捜査手法」…小川泰平氏が指摘した3点の捜査ミス
司法試験&予備試験 短答過去問題集(法律科目) 令和元年【改正民法完全対応】
愛媛県警に誤認逮捕された20代女性が手記 「悔しかった。許せない」
組織づくりとテクノロジー活用の観点から、これからの法務に求められる機能を考える
未来世代の環境刑法 2 【1-第Ⅳ章】<Principles原理編>
東京弁護士会が調査命令 司法書士法人から「事件」紹介、法律事務所に 書士会「違反に当たらず」
最高裁の事務官が女性宅侵入の疑い 東京
最高裁事務官を再逮捕 盗撮目的で女性宅侵入疑い
副業AV女優
法曹の道、学生にアピール 最高裁で初イベント
最高裁で学生対象イベント「法曹という仕事」
未来世代の環境刑法 1 <Textbook基礎編>
笹子崩落事故 点検担当2人不起訴不当 甲府検察審「予見できる可能性」
保守担当2人を「不起訴不当」…笹子9人死亡
アガルートの司法試験・予備試験 合格論証集 民法
空き巣4人の不起訴不当 名古屋・検察審査会
これが新時代の「自由な働き方」? Uber配達員、事故にあっても「補償なし」に募る不満
アガルートの司法試験・予備試験 合格論証集 商法・民事訴訟法
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
令和元年司法試験の結果について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判 平成30年版
プロシーディングス刑事裁判 平成30年版
検察講義案 平成27年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等