2014年10月31日

2014年10月30日のtweet












posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年10月30日

平成26年司法試験予備試験論文式刑事実務基礎参考答案

第1.設問1

1.刑訴法316条の5第3号、5号、同規則208条3項に基づき、「被告人は、Bが乗車した際にバットを持っていることを認識していた」とする間接事実の立証趣旨及び共謀成立時につき求釈明を求める。
 なぜなら、「なお」書きの記載ではいかなる犯罪事実と関連する間接事実であるかが明らかでないから、その立証趣旨が明らかにされる必要があり(同規則217条の20、189条1項参照)、仮に、バットの認識を通じて暗黙のうちに強盗の共謀に至ったと主張する趣旨であれば、共謀成立時はBの助手席乗車時となって、証明予定事実と異なることになるからである。

第2.設問2

1.Vの警察官調書

(1) 刑訴法316条の15第2項1号の事項

ア.証拠の類型

 Vは甲4号証の供述者であり、同証不同意の場合にはVの証人尋問が予定されていると考えられるから、同条1項5号ロに該当する。

イ.識別事項

 本件についてVを取り調べて作成した警察官調書のうち、被害状況に関する供述を含むもの。

(2) 同条2項2号の事項

 警察官調書には、事件直後のVの供述が録取されているから、甲4号証の証明力を判断するために重要である。

2.甲1号証の診断に係る診療録(カルテ)

(1) 同項1号の事項

ア.証拠の類型

 診療録(カルテ)は特信文書(同法323条2号)と解されるところ、同法316条の15第1項各号が同法323条の書面を直接規定していないのは、特信文書が捜査過程で作成される書面ではなく、その存在、状態等も証拠資料となる書面であることから、証拠物たる書面として1号類型に含まれるからである。
 よって、同法316条の15第1項1号に該当する。

イ.識別事項

 甲1号証の診断の基礎となった診療録(カルテ)のうち、被害状況に係るVの供述に基づく内容を含むもの。

(2) 同条2項2号の事項

 診療録(カルテ)には、診断に当たった医師がVから聴取した内容が含まれるから、甲4号証の証明力を判断するために重要である。

3.甲3号証に係る鑑定書

(1) 同項1号の事項

ア.証拠の類型

 鑑定受託者の鑑定書には、同法321条4項が準用される(判例)。よって、同項4号に該当する。

イ.識別事項

 甲3号証に係る鑑定書であって、付着物に関するもの。

(2) 同法316条の15第2項2号の事項

 Vがバットで殴られたとすれば、バットにVの皮膚組織等が付着するはずであるから、甲4号証の証明力を判断するために重要である。

第3.設問3

1.実行正犯たるBに強盗致傷罪が成立しないこと

 強盗の実行行為である暴行は、反抗を抑圧するに足りる程度のものでなければならない。甲5号証によれば、Bは、かばんをつかんで後ろに引っ張ったに過ぎず、反抗を抑圧するに足りる暴行を加えていない。従って、Bに強盗致傷罪は成立せず、窃盗罪及び傷害罪が成立するにとどまる。従って、Aに強盗致傷の共同正犯が成立する余地はない。

2.窃盗罪の正犯意思を欠くこと

 共同正犯と幇助の区別は、犯行における役割の重要性、謀議への関与の程度、利益の帰属の程度等を総合考慮して自己の犯罪としてしたと認められるか否かによって判断する。甲5号証によれば、窃盗につき、Aは、車の運転役を引き受けたに過ぎない。どうやってかばんなどを奪うのかという具体的な犯行計画についても、Bから話を聞いていない。奪った現金10万円のうち、Bから受け取ったのは2万円のみである。以上を総合すると、Aが自己の犯罪としてしたとは認められない。従って、Bの犯行を容易にした点について、窃盗幇助となるにとどまる。

3.傷害罪についての共犯が成立しないこと

 本件における暴行ないし傷害に係る共謀又は幇助の故意の有無は、Bのバット所持についてのAの認識の有無による。甲5号証には、「当然気付いていたと思う」旨のBの認識が示されているが、バットについてのAの認識を基礎付ける具体的事実は示されていない。甲5号証によれば、Bはどうやってかばんなどを奪うのかについて、Aに話していない。そうである以上、Aが、Bのバット所持を認識していたとは認められない。従って、傷害罪につき、Aに共犯は成立しない。

4.よって、Aは、窃盗幇助(刑法62条1項、235条)の罪責を負うにとどまる。

第4.設問4

1.Aの公判において、検察官は、Bの証人尋問を請求(刑訴法298条1項)すべきである。これに対し、Aの弁護人は、同法316条の32第1項に違反するとして異議を申し立てる(同法309条1項、同規則205条1項)ことが考えられる。しかし、本件では、公判前整理手続後のBの新供述によって証人尋問の必要を生じたのであるから、同法316条の32第1項の「やむを得ない事由」があり、証人尋問の請求は適法である。よって、裁判所は決定で、異議を棄却する(同規則205条の5)。

2.Bが、証人尋問において証言を拒絶(同法146条)し、又はBの公判供述と異った供述をした場合には、検察官は、Bの公判調書を証拠請求すべきである。これに対し、Aの弁護人は不同意とする(同法326条1項)ことが考えられるが、同法321条1項1号に基づき、裁判所はこれを証拠とすることができる。

以上

posted by studyweb5 at 04:03| 予備試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2014年10月29日のtweet






posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
大阪地検、弁護士ら在宅起訴へ 非弁活動に関与で
資格ない事務員に債務整理させた罪 弁護士を在宅起訴へ
司法試験論文過去問演習 民事訴訟法―実務家の事案分析と答案作成法
衆議院議員階猛君提出法曹養成制度改革に関する質問に対する答弁書
法曹養成制度改革に関する質問主意書 提出者階猛
伊藤真の速習短答過去問 刑法―司法試験・予備試験
【東京】≪71期司法修習生対象≫就職先が確定していない方向け個別相談会
【東京】≪司法試験受験者対象≫企業への就職を希望する方向け個別相談会
民事訴訟法 第6版(伊藤眞)
【大阪】≪71期司法修習生対象≫就職先が決まっていない方の為の個別相談会
通勤講座暗記ツール付き『マイノート』機能をリリース(KIYOラーニング)
よくわかる民事裁判 -- 平凡吉訴訟日記 第3版 (山本和彦)
受刑者に「軍隊式行進」は人権侵害 弁護士会が是正勧告
高速道で停車「危険運転」、検察側が因果関係主張…東名あおり初公判
ADR法制の現代的課題 -- 民事手続法研究III
東名あおり「別事件でも被告憤慨」交通トラブルきっかけ…検察側指摘
同乗女性証言、石橋被告を制止「反応なかった」
民事訴訟関係書類の送達実務の研究―新訂― (裁判所書記官実務研究報告書)
東名あおり被告、パトカー追尾も…公判で検察側主張
リーガルフォース、5億円調達 
民事訴訟法講義案(三訂版)
「平成31年司法試験用法文」印刷製本等業務の請負 一式
「歴代プリキュア全員言える」仕事は4時間、超時短のパパ弁護士が語る育児
条解民事訴訟規則
法務年鑑(平成29年)
徴用工判決に「具体的な対抗措置を」 自民党外交部会で強硬論続出
元徴用工の「個人請求権」なぜ残る 弁護士ら声明で指摘
民事保全の理論と実務
司法試験、在学受験再考を 学者グループが要請書
余命三年「大量懲戒請求」事件、請求者18人を提訴 原告は嶋崎弁護士
司法試験論文過去問演習 商法―実務家の事案分析と答案作成法
視覚障害で配置換え、無効が確定 岡山短大の准教授、最高裁決定
17年衆院選「1票の格差」 最高裁で弁論、年度内に判断
公務員弁護士のすべて
受刑者ら優遇措置の基準に差異 札幌弁護士会が全国調査
秋田刑務所元受刑者の男性「弁護士への手紙、黒塗りは違法」国を提訴
平成30年(2018年)単年版 司法試験・予備試験 短答 過去問集
裁判官の押印がない…無効な逮捕状発付 那覇簡裁ミスで容疑者一時釈放
山口真由「本には神様がいるけど、財務省にはいなかった」
司法試験予備試験 論文式で合格答案を書く方法
なぜ、「相手に勝とう」とする人ほど交渉に弱いのか?
ゴーン事件の弁護士が「特捜部長」時代に語った抱負 弱い立場の働く人の味方に…
司法試験予備試験 短答式に最速合格する方法
事執行法制の見直しに関する要綱案
法制審議会民事執行法部会第23回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第22回会議議事録等
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 民法
法制審議会民事執行法部会第21回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第20回会議議事録等
会社法 第2版(田中亘)
河野外相、韓国への「対抗措置」に言及 元徴用工訴訟で
徴用工問題、企業は対応苦慮=賠償拒否なら差し押さえも
コーポレートガバナンス・コードの読み方・考え方〔第2版〕
関係悪化歯止めかからず=韓国政府、日本に自制要求-元徴用工判決
「ビジネス成り立たない」元徴用工判決に経済界から懸念
コーポレートガバナンス・コードの実務〔第3版〕
元徴用工・挺身隊訴訟、三菱重工に賠償命令 韓国最高裁 
韓国最高裁、三菱重工にも賠償命令 元徴用工らの訴訟
詳解 相続法
最年少19歳で司法試験合格! ガリ勉なの? 慶応大生の意外な素顔
図解でわかる 改正相続法入門
示談書署名、強要容疑で弁護士ら逮捕 大阪府警
ジュリスト 2018年 12 月号
「分かっとるやろ…」強要容疑、弁護士逮捕
不祥事相次ぐ弁護士業界 裁判所の文書を偽造する弁護士現る!
法学教室 2018年 12 月号
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律の施行期日について
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律等の概要について
受験新報 2019年 01 月号
平成31年司法試験予備試験の受験願書の交付等について
司法試験の実施に関する司法試験委員会決定等について
論点体系 判例民法<第3版>10
法科大学院の学生募集、2019年度は全国36校に
京都 最高裁国民審査用紙127万票分を廃棄
論点体系 判例民法<第3版>7
看護師連れ去りに「重大な役割」…懲役7年求刑
寝屋川中1殺害、被告に死刑求刑 弁護側は殺人罪否定か
論点体系 判例民法<第3版>6
弁護士のホームページ 県内事務所38.8%所有
NY州弁護士・山口真由さん 「絶対できる」が自信に
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等