2014年06月30日

2014年06月29日のtweet










posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年06月29日

司法試験平成26年民事系第3問設問3について

1.平成26年司法試験民事系第3問設問3は、最後のP発言の示す法律構成を検討すればよいということは、容易に読み取ることができます。その法律構成は、「あるいは」の前後で2つに分かれています。

 

問題文より引用、太字強調は筆者)

P:そうしますと,既判力肯定説に立ちつつ,我々に有利な結論を導くには,和解条項第2項及び第5項について生じる既判力を本件後遺障害に基づく損害賠償請求権の主張を遮断しない限度にまで縮小させる,あるいは,本件和解契約は同請求権を対象として締結されたものではないから,訴訟上の和解につき既判力肯定説を採るとしても,本件の和解条項第2項及び第5項につき同請求権を不存在とする趣旨の既判力は生じない,というような議論を考えればよいわけですね。

(引用終わり)

 

2.前者は既判力の縮減の話です。これは、場面は違いますが、平成25年にも出題されたテーマですから、比較的すぐに理解できるでしょう。ただし、民訴法117条の使い方が難しい。ヒントとして挙げられていますが、むしろ問題を難しくしています。
 ポイントは、同条が、なぜ定期金の場合のみ定めているのか
、ということです。同条は、一時金請求の一部認容として定期金賠償を認める判決をする場合の根拠となる等、定期金賠償を命じやすくする条文と言われています。同条が置かれる前の最判昭62・2・6は、一時金請求の一部認容として定期金賠償とすることは許されないとしていました。

 

最判昭62・2・6より引用、太字強調は筆者)

 損害賠償請求権者が訴訟上一時金による賠償の支払を求める旨の申立をしている場合に、定期金による支払を命ずる判決をすることはできないものと解するのが相当であるから、定期金による支払を命じなかつた原判決は正当である。

(引用終わり)

 

 しかし、現在では、117条により、場合によっては事後に判決を変更できるのだから、一部認容として定期金賠償とすることも許されるとするのが、下級審裁判例の傾向です(東京高判平15・7・29など)。原告(被害者)としては、定期金より一時金の方が良い。定期金だと、加害者の無資力のリスクを被害者が負うことになりやすいだけでなく、加害者との関係を早期に打ち切りたいという被害者の意思にもそぐわないことが多いのです(※1)。上記判例も、その辺りを考慮して、一部認容を否定していたのでしょう。117条の存在によって、直ちに原告の意思に反しないといえるかは、微妙な面がないわけではありません(※2)。理論的には、不法行為時に全損害の履行期が到来している(この点が、継続的不法行為との違いです)はずなのに、なぜそれが定期金賠償となり得るのか。期限の利益の発生根拠が不明であるという困難な問題もあると思います。

※1 長期の低金利が常態化している現在では、原告(被害者)にも、法定利息による過大な中間利息控除を定期金賠償によって回避できるというメリットがあります。また、加害者に定期の賠償を継続させることに懲罰的意味があるとして、原告(被害者)側が定期金賠償を望むこともないわけではありません。
※2 そのため、定期金賠償を認める下級審裁判例は、一時金賠償か定期金賠償かは義務の履行方法に過ぎないから、処分権主義が及ばないという理由を付加することが多いのですが、これについても、本当にそのように言い切れるのか、疑問の余地があるでしょう。

 いずれにせよ、定期金賠償は、一時金賠償よりも妥協的な賠償形式ということは、間違いないでしょう。これが、本問を解く手がかりになります。117条は定期金賠償という妥協的解決が可能であることを前提とした上で、そのような場合には、既判力が制限されることを認めています。妥協的解決方法には厳格な既判力がなじまないという法理を、ここから読み取ることができるわけです。
 117条によって、定期金賠償がやりやすくなったというのは、事後の変更が可能であることを念頭に置いた上で、踏み込んで予測的な賠償額を認定できるという意味も含んでいます。将来的に予測と異なる事情が生じれば、判決の変更をすればよい、ということです。裁判所としては、損害額算定の基礎の予測が難しいと感じた場合には、その部分の請求を棄却するのではなく、定期金賠償とすることによって、将来の変更の余地を残しつつ一応の解決を図ることが可能となるわけです。117条は、定期金賠償にそのような独自の妥協的紛争解決機能を持たせる規定であるということもできるでしょう。
 このことを、同様に妥協的解決である訴訟上の和解にスライドさせて考えるとどうか。それが、求められていたのではないかと思います。すなわち、既判力の客観的範囲の原則を厳格に貫くと、妥協的解決が困難になる場合があることから、訴訟上の和解については既判力の生じる範囲を弾力的に理解すべきだ、ということですね。当サイトの参考答案は、そのような理解で書いています。

3.他方、後者は、直接には既判力の話ではありません。冷静によく読まないと気付きにくいのですが、ポイントは、「本件和解『契約』は」となっていることです。訴訟上の和解ではなく、私法上の和解の側面を問うているのです。設問1でも、訴訟上の和解としての効力が否定された場合の私法上の和解の効力が問われていましたが、設問3でも、同様の問い方がされていたわけです。そして、設問1は、設問3のヒントにもなっていた。設問1で、訴訟上の和解が私法上の和解を前提に成立するということに気付いていた人は、私法上の和解が成立しない部分について、訴訟上の和解は成立しませんから、その部分に既判力が生じないという、気付いてしまえば当たり前のことに気付きやすいでしょう。そこで、以前に紹介した判例(「民事系第3問設問3の参考判例」)のように、私法上の和解の原則、例外を書いていけばよかったのだと思います。気付いてしまえば簡単に感じるのですが、気付くのが難しい。そういう問題だったと思います。

4.重要なことは、原則論を示すことです。昨年の出題趣旨を見れば明らかなとおり、ここに大きな配点がある。当たり前なので省略してしまいがちですが、これをまず確認する。この原則論は、多くの人がわかるはずです。逆に、その後の部分は、多くの人がわからない。わかるところをきちんと正確に書いたかどうかで、差が付くのです。

posted by studyweb5 at 05:42| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2014年06月28日のtweet










posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
『筋肉体操』で話題の小林航太さん 東大出身、仕事は弁護士……でも「自信がないから筋トレしてた」
法科大学院制度が失敗、国が抜本的見直しを検討か…「旧司法試験」復活論も
司法試験・予備試験 この勉強法がすごい!
「若手法曹の積極的なチャレンジを応援する院内意見交換会」の開催について(日弁連)
両親の言葉支えに…28歳視覚障がい女性が進む「弁護士への道」
プレステップ会社法 (プレステップシリーズ 18)
大岡越前にも「誤判」 最高裁長官が伝えたかったこと
新任判事補82人に辞令 最高裁長官「畏れ、危うさの感覚が大切」
合同会社の法と実務
「福田淳一」前財務次官を救った「弁護士資格認定制度」
忘れられる権利「域外適用できず」、EU最高裁法務官
上村達男先生古稀記念 公開会社法と資本市場の法理
司法試験にも合格、東大医学生の24時間
Tカード情報、令状なく提供 レンタルやポイント履歴 会員規約に明記せず
法律から見えてくる「金融」の未来
弁護士ドラマが多い…理不尽な世の中を反映?
元最高裁判事・園部逸夫(89)(10)
株主総会判例インデックス
元最高裁判事・園部逸夫(89)(9)
元最高裁判事・園部逸夫(89)(8)
国際取引法講義(第2版)
元最高裁判事・園部逸夫(89)(7)学者から裁判官は珍しい
元最高裁判事・園部逸夫(89)(6)寮歌を「日本遺産」にしたい
別冊商事法務№438 コードに対応したコーポレート・ガバナンス報告書の記載事例の分析〔平成30年版〕
あおり殺害、検察側「追突直前は100キロ超」
検察「まれに見る殺人運転」母親「一生許さぬ」
M&A契約研究 -- 理論・実証研究とモデル契約条項
あおった男「無謀な運転で残酷に殺害」検察論告
大崎事件 検察が新たな意見書 弁護団「この期に及んで時間稼ぎ」
会社法 第2版
大崎事件、検察側が意見書 「蒸し返し」と弁護団批判
差し押さえ逃れ、服役中の羽賀研二受刑者ら逮捕
図解ポケット 最新会社法がよくわかる本
看護師遺体遺棄 鈴木被告、反省の弁とともに検察批判「都合の良いストーリー」
自然災害の公的支援ガイド 弁護士ら発案「被災者ノート」活用進む
コーポレートガバナンス・コードの読み方・考え方〔第2版〕
「信頼できる」は自衛隊がトップ 本社郵送世論調査
逆風のゴーン被告捜査 検察は意義語れ
コーポレートガバナンス・コードの実務〔第3版〕
自筆証書遺言に関するルールが変わります。(法務省)
法曹養成制度改革連絡協議会第11回配布資料
法学セミナー2019年2月号 通巻 769号 最高裁判例から過失犯論を問い直す
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(5) 旧制高校の先生はすごかった
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(4)死を覚悟した16歳の入隊
入門民法総則
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(3)
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(2)
民事再生実践マニュアル
【話の肖像画】元最高裁判事・園部逸夫(89)(1)オープンな議論望みたい
平成31年司法試験における印刷等業務の請負 一式
図解入門ビジネス 最新 民法改正の基本と勘所がよ~くわかる本
日本の地方議員報酬、日額6万円「世界的に見ても異例」
ゴーン元会長の事件は納得のいく立証を 
相続道の歩き方
五輪招致疑惑 ゴーン事件3カ月前から竹田氏聴取調整
仏裁判所、竹田JOC会長の捜査開始 五輪招致巡り 
これからの民事実務と理論─実務に活きる理論と理論を創る実務─
海外から「異質」に映る日本の刑事司法制度 
ゴーン前会長、高熱 弁護士接見できず  
オリエンテーション民法
カルロス・ゴーン氏弁護団会見で露わになった、日本の司法の前近代的システムに海外メディアが驚愕
大鶴弁護士、ゴーン被告は「顔が非常に細くなった」
相続法改正と金融実務Q&A
ゴーン弁護士は元特捜部長「検察の日産肩入れはない」
うかつなネット投稿をなめている人の超盲点
破産法・民事再生法 第4版
徴用工訴訟、日立造船の控訴棄却…ソウル高裁
インド「女人禁制」寺院 女性参拝めぐり対立拡大
民法4 債権総論 (有斐閣ストゥディア)
FPSゲームのアクセス記録も確認。良心的兵役拒否をめぐって韓国検察
検察の個人情報リスト 過剰な収集は憲法違反だ
私の司法試験合格作戦 2019年版 (YELL books)
顧客情報、令状なく取得 検察、方法記すリスト共有
詐欺文面 AIが判別 弁護士の川目さん アプリ無料配信
国家試験受験のためのよくわかる行政法
ゴーン容疑者が地裁に出廷へ、勾留理由開示請求で-担当弁護士
元東京地検特捜部エースが語る「日産VS.検察」の行方
行政契約の機能と限界 (北海道大学大学院法学研究科叢書21)
「特捜vs.ゴーン」検察史上に残る闘いの行方を読み解く
1カ月ぶり保釈のケリー被告 日産&検察の“騙し討ち”に激怒
新・情報公開法の逐条解説 -- 行政機関情報公開法・独立行政法人等情報公開法 第8版
粘るゴーンが仕掛ける“検察vs海外メディア”の国際ドロ仕合
弁護士が警告 不動産の「契約書」「重要事項説明書」に潜む罠とは
ピンポイント行政法 (DAILY法学選書)
生き残る「弱者」は、「点」ではなく「線」で考える
法制審議会会社法制(企業統治等関係)部会第17回会議議事録等
肢別本 2 平成30年度版―司法試験/予備試験ロースクール既修者試験 公法系行政法
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
平成31年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等