2014年05月31日

2014年05月30日のtweet












posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年05月30日

今年の民法設問1の参考判例

(最判昭50・2・25(穀用かます事件)より引用、太字強調は筆者)

 乙第五号証は、「精算通知書並びに差額督促書」と題し、上告会社青森出張所長から被上告人にあてた昭和三九年二月二七日付同日差出にかかる内容証明郵便であつて、その内容は、要するに、受領したかますには欠陥があることを具体的に指摘したうえ、したがつて、穀用かますとしての商品価値が認められず、一枚当り二〇円、数量一二万八一〇〇枚、この代金二五六万二〇〇〇円としての減価採用で「精算」させていただくというにあることが明らかであり、同号証が真正に成立したものであることは原審が適法に確定しているところであるから、特別の事情がないかぎり上告人は被上告人に対し右書面どおりの表示行為をしたものと認定するのが、相当である。
 そこで、右表示の意味内容を検討すると、右書面は代金減額を請求する趣旨が明確に表示されているわけではないし、また、目的物に瑕疵があることを理由としては当然には代金減額の請求をすることができるものでもないのであるから、右書面による表示を代金減額の請求とみることが表示者の意図した目的に合致するものとはいいがたい。もとより、右書面には、上告人が代金減額の請求だけをし損害賠償の請求はしない趣旨が表示されているわけではない。むしろ、右書面においては、「精算」という文言が用いられ、受領物の瑕疵が具体的に指摘され結論として約定代金額より少額の代金債務額を負うにすぎないことが具体的に主張されているのであつて、右の表示が代金額を知悉している売買当事者間でされたものであることと考え合わせて右書面の内容を解釈すれば、受領物には瑕疵があつたから、上告人は約定代金債務額から瑕疵相当の損害額を差引清算した残額についてのみ支払義務を負うべき趣旨のものと解するのが、相当である。そして、このようにみることができる以上、右の表示によつて自働債権と受働債権の特定がされており、かつ、その相対立する債権を対当額で消滅させたいという効果意思をうかがうことができるから、特別の事情がないかぎり、上告人は右の表示により受領物の瑕疵に基く損害賠償の請求をするとともに該請求権による相殺をしたものというべきものである

(引用終わり)

posted by studyweb5 at 18:25| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2014年05月29日のtweet














posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
平成30年司法試験合格者(官報)
"54歳から弁護士になった人"の人生設計
法学部、ロースクール、司法研修所で学ぶ法律知識――主要10法と法的思考のエッセンス
【東京】≪司法試験受験者対象≫早期の就職を目指す方向け個別相談会
【大阪】≪司法試験受験者対象≫ご好評につき継続中!合格発表後の活動をサポート!個別相談会
【名古屋】≪司法試験受験者対象≫企業への就職を希望される方の為の個別相談会
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 憲法
大法廷で石綿検出 イベント中止 最高裁
「裁判官にもつぶやく自由はある」岡口裁判官の分限裁判で声明文、弁護士269人が賛同
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈6〉民事系民訴〈平成30年度版〉
中3が“弁護士の秘書”かたり特殊詐欺未遂 容疑で大阪府警逮捕
BEXA 学習傾向解析を活用 司法試験合格者が4年連続増
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈5〉民事系商法〈平成30年度版〉
「通勤講座」、10周年記念で全22講座の受講料を10%オフに
山下新法相「国民の胸に落ちる法務行政を」「死刑廃止は適当ではない」
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈8〉刑事系刑訴〈平成30年度版〉
甲南大法科大学院の新科目 初回は神戸市長が講義
フジモリ氏の恩赦取り消し決定 ペルー最高裁
司法試験&予備試験短答過去問パーフェクト〈2〉公法系行政法〈平成30年度版〉
米司法の保守色強まる カバノー最高裁判事が就任 
ブレット・カバノー氏、最高裁判事に就任 上院が承認
商法総則・商行為法のポイント解説
李明博元大統領に懲役15年 ソウル中央地裁 収賄罪など
弁護士・法務人材 就職・転職のすべて
法制審議会民事執行法部会第19回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第18回会議議事録等
法制審議会民事執行法部会第17回会議議事録等
弁護士・法務人材 就職・転職のすべて
絶望的に進む司法統制  特別寄稿「ツイッター分限裁判」
事業拡大後、社員の半分が退職 サイトビジット鬼頭氏が味わったマネジメントの苦労
事業譲渡の実務――法務・労務・会計・税務のすべて
グーグルの検索、歯科医の削除請求認めず 最高裁
自賠責支払い、被害者へ多く 最高裁が初判断
事例で学ぶ会社の計算実務
会社の飲み会は「業務」か 飲酒で事故、労災認定の例も
「勝手についてきてうっとうしかった」自転車で日本一周の男逮捕
【改訂版】民法がわかると会社法はもっと面白い! ~ユミ先生のオフィスアワー日記~民法改正対応
樋田容疑者の身柄を山口県で確保
大阪の警察署から逃走の男 山口で身柄確保、48日ぶり
条文から読み解く 民法[相続法制]改正点と実務への影響
樋田容疑者「成功して大阪のタワマン住みたい」
富田林署から逃走の容疑者、自転車で道の駅へ 身柄確保
会社に関する商業登記 一発即答703問
参院選大阪選挙区で立民、亀石弁護士擁立へ
弁護士の亀石倫子氏擁立へ 参院大阪選挙区
労働法講義(第2版)
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等