【最新ニュース・新刊書籍リンク】

司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
平成29年司法試験の出願状況について(速報値)
法学未修者の入試、小論文など必須 法科大学院で中教審
司法試験・予備試験 体系別短答過去問 憲法〈平成29年版〉
JASRAC、音楽演奏への徴収方針を改めて強調--「カラオケ著作権管理30年」シンポジウム
元アイドル、弁護士に 別府市出身の平松まゆきさん
平成28年司法試験 試験委員コメント集 知的財産法
「薬の投与が必要なので収監は無理」院長も病状虚偽の報告書作成か
診断書にまつわる数々の犯罪〜虚偽の記載・診断、偽造、改竄、隠匿、不正請求……
平成28年司法試験 試験委員コメント集 国際関係法(公法系)
【シゴトを知ろう】弁護士 〜番外編〜
【シゴトを知ろう】弁護士 編
平成28年司法試験 試験委員コメント集 租税法
証人威迫・脅迫容疑で弁護士ら3人逮捕 警視庁
高畑裕太の美人弁護士 32歳で独立のサクセスストーリーを明かす
平成28年司法試験 試験委員コメント集 労働法
衆院新区割り原案 自治体分割が大幅増へ
元名大生「弁護士殺したい」 勾留中ノートにつづる
平成28年司法試験 試験委員コメント集 環境法
勾留中も「拘置所の職員を殺したい。弁護士でもいい」 ノートに記して「殺意を発散」
松本伊代と早見優が書類送検…よく聞く「送検」は法律用語ではない
平成28年司法試験 試験委員コメント集 経済法
「不要な入院強いられた」 知的障害の男性が国を提訴
法曹養成制度改革連絡協議会第6回配布資料
平成28年司法試験 試験委員コメント集 国際関係法(私法系)
窃盗罪の元アナウンサー、有罪見直しか 最高裁で弁論
元アナ弁護側、最高裁で窃盗無罪主張 有罪見直されるか
平成28年司法試験 試験委員コメント集 倒産法
「気軽に法律相談を」 沼津に新会館
ハンセン病 最高裁が人権研修 裁判官100人に
司法試験一発突破 論文センス練成道場
「筋が通った結論を」刑法学者から最高裁判事に転身 山口厚氏
トランプ氏、入国制限で新大統領令も 対象の絞り込み検討
資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法
入国禁止令、控訴裁判断前に知っておくべきこと
トランプ入国禁止令下のLA空港で記者が見た「カオスと嘆き」
司法試験・予備試験 考える肢 (3) 民法(2) 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
「法廷で会おう」と上訴の意向表明 控訴裁判所の入国禁止の差し止め支持に対抗
米連邦高裁、入国禁止の差し止め支持 大統領令 政権の主張退ける
司法試験・予備試験 考える肢 (2) 民法(1) 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
【名古屋開催】≪法務・弁護士対象≫一般事業会社の法務職を目指す方の為の個別転職相談会
弁護士ら3人、脱税容疑で再逮捕 3.4億円隠した疑い
司法試験・予備試験 考える肢 (1) 憲法 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
放火・殺害で無罪破棄確定へ 上告棄却、再び裁判員審理  
自己破産、13年ぶり増加 16年個人 銀行カードローンも一因
司法試験・予備試験 考える肢 (4) 刑法 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
首都圏の連続不審死、被告の上告審結審 改めて無罪主張
強要未遂罪の弁護士、無罪主張 「DNA型鑑定は捏造」
2017年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 民法
朝日新聞社への33万円賠償命令確定 カジノ巡る名誉毀損訴訟
「最高裁で正しい判断を」 事前収賄で逆転有罪の美濃加茂市長 都内で会見
2017年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 商法
認知症の後見人向け保険 物損なくても損害賠償を補償
「街路か私有地か」が争点に 立ち小便裁判、二審で逆転有罪
平成28年司法試験 試験委員コメント集 民法
小保方さん「人生に及ぼした影響は一生消えない」「正当な認定に感謝」とコメント
法的措置は検討せず BPO、NHKに勧告

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
いわゆるコンピュータ・ウイルスに関する罪について(PDF)
法曹養成制度関係閣僚会議
民法(債権関係)の改正に関する要綱案
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成29年司法試験予備試験の実施について
平成29年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

受験新報
月刊 Hi Lawyer (ハイローヤー)
判例時報
ジュリスト
法学教室
判例タイムズ
主要民事判例解説
判例年報
法学セミナー

当サイト作成の電子書籍の一覧
Kindle for Windows
Kindle for Mac
Kindle 電子書籍リーダー(iPhone,iPad)
Kindle for Android

Kindle書籍がPCでも利用できるようになりました。

更新通知用twitterを開設しました。
フォローして頂くと更新情報が届きます。
随時散発的なツイートもするようになりました。

2014年02月28日

2014年02月27日のtweet












posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

2014年02月26日のtweet








posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

2014年02月25日のtweet






posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

2014年02月24日のtweet










posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

2014年02月23日のtweet


























posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

2014年02月22日のtweet


















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

「司法試験平成25年判例論証集」を発売しました

Amazonから、「司法試験平成25年判例論証集」を発売しました。
本書は、Amazonのみの取扱いとなります。
Kindle以外の端末からも、アプリを使って利用できます。

Kindle for iPhone
Kindle for iPad
Kindle for Android

本書は、平成25年に出された最高裁判例のうち、司法試験論文式試験での出題可能性があるものについて、論証例と留意点をまとめたものです。
各判例には、AAからCまでの重要度に応じたランクを付しました。

司法試験では、論文試験でも、直近の判例が出題されています。
考査委員は「本質を理解すれば知識がなくても判例の規範が浮かんでくるはずだ」と言うかもしれません。
しかし実際には、そうした問題の多くは、単にその判例を知っているかどうか。
それだけで、差がついてしまっています。

従来は、「判例ノート」として判例原文を編集したものを発売していました。
しかし、直前期にそれだけを読んでも、なかなか論文試験に直結させるのは難しいものです。
そこで、あらかじめ論証化したものを作成することにしました。
なお、原文は、最高裁HPから参照できます。

判例を論証化することは、簡単なようで難しいところがあります。
判例が理由を明言していなくても、論文では理由を付すべき場合があります。
判例が曖昧にしているところも、論文では結論を示す必要があります。
事例判例でも、論文ではある程度一般化して論証する必要があります。
そうした部分を含め、できる限りコンパクトに文章化したのが、本書です。

同時に、「司法試験平成25年判例論証穴埋問題集」も発売しました。
こちらも、Amazonのみの取扱いです。
上記「司法試験平成25年判例論証集」を、単純に穴埋問題化したものです。
ただ論証を眺めていても頭に入ってこない、という人向けの学習用教材です。
解答は、「司法試験平成25年判例論証集」本体を参照して下さい。

【本書の一部抜粋】

【憲法】

1:憲法上の権利を相当程度制約する委任立法(最判平25・1・11)
重要度:A
【論証例】
 法律の委任に基づく新たな規制が憲法上の権利を相当程度制約する場合に、当該規制が法律の趣旨に適合(行手法38条1項)し、委任の範囲を逸脱していないというためには、立法過程における議論をも考慮した上で、委任の根拠となる法律の諸規定から授権の趣旨が当該規制の範囲、程度等に応じて明確に読み取れることを要する(医薬品ネット販売事件判例参照)。

【留意点】
1.問題文に法律の委任に基づく政令や規則等の委任立法があり、それが憲法上の権利を相当程度(言い換えればそれなりに強く)制約すると認められるような場合に、憲法上の権利の制約の強度に応じた授権の趣旨の明確性が必要であることを示しつつ、委任の範囲の逸脱についての判断基準を示すことのできる便利な引用判例である。問題文上に立法過程における議論が挙がっていない場合には、論証例中「立法過程における議論をも考慮した上で」の部分は省略してよい。
2.判例の事案では職業活動の自由を制約する場合であったが、司法試験の答案では、憲法上の権利一般を制約する場合にも妥当する法理として引用してよいだろう。そのため、論証例では職業活動の自由に限定せず、「憲法上の権利」としている。
3.なお、立法過程における議論を考慮することについては、個々の審議会の委員等の発言をもって当然に立法意思と考えるのはおかしいのではないかという指摘がある。問題文の誘導等でその辺りの問題意識が読み取れるのであれば、上記指摘を反論として取り上げる余地がある。
4.本論点が問題になる場合には、委任立法による憲法上の権利の制約それ自体の合憲性(正当化)が問題となる。通常はその点がむしろメインの論点となるので、本論点はコンパクトに書きたい。

2:不遡及的違憲判断の実質的根拠(最大決平25・9・4、金築補足意見)
重要度:A
【論証例】
1.先例としての事実上の拘束性の趣旨は、同種事件の同一解決により、法適用の平等を図る点にある。従って、憲法14条1項の平等原則が合理的な理由による例外を認めるのと同様に、合理的な理由に基づく例外が許されてよい。また、先例としての事実上の拘束性には、法的安定性を図る趣旨もあるところ、拘束性を認めることがかえって法的安定性を害するときは、その役割を後退させるべきである。
2.よって、裁判所は、既に形成された解決済みの法律関係に効果が及ぶことによって著しく法的安定性を害することになるときは、違憲判断の事実上の遡及効を制限する判断をすることが許される(非嫡出子相続差別違憲大法廷決定及び同決定における金築補足意見参照)。

【留意点】
 法令違憲の主張に対し、当該法令を違憲にすることは法的安定性を害するという反論が成立しうる場合に、私見で遡及効を制限して違憲を維持する際の根拠として用いる論証例である。

3:不遡及的違憲判断の形式的根拠(最大決平25・9・4、千葉補足意見)
重要度:B
【論証例】
 違憲判断の遡及効の有無、時期、範囲等を一定程度制限するという権能は、立法が改正法の附則でその施行時期等を定めるのに類した作用であるから、最高裁判所の違憲審査権の行使に性質上内在又は付随する権能であって、憲法は、これを違憲審査権行使の司法作用としてあらかじめ承認している(非嫡出子相続差別違憲大法廷決定における千葉補足意見参照)。

【留意点】
 不遡及的違憲判断をする権能が司法作用として予定されていることを説明する論証例である。主として統治の側面から問われた場合に、権力分立や司法権の限界との関係で用いる。

posted by studyweb5 at 21:59| 電子書籍紹介 | 更新情報をチェックする

2014年02月21日のtweet
















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  ●当サイト作成の電子書籍一覧
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)


  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
民事訴訟における事実認定 契約分野別研究(製作及び開発に関する契約)
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等