【最新ニュース・新刊書籍リンク】

司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
【令状なしGPS捜査違法】 “満額回答”弁護団が評価
GPS捜査の法整備、法相「検討」 最高裁で違法判決
会社法 第19版 (神田秀樹)
スマホの位置情報を抜き出すGPS捜査、キャリア3社が改めて見解
警察庁がGPS捜査控えるよう通達 最高裁初判断で
論文演習会社法 上巻
【令状なしGPS捜査違法】岩切勝志被告「ルールにのっとってやってほしかった」
令状なしGPS捜査「違法」…最高裁が初判断
論文演習会社法 下巻
令状ないGPS捜査、海外では? 最高裁が「違法」判断
令状なしのGPS捜査「違法」 最高裁が初判断
Law Practice商法〔第3版〕
平成30年司法試験会場の公募について
日大三中・高の女性教諭、旧姓使用裁判で和解 「自分本来の姓、嬉しい」
企業法の進路 -- 江頭憲治郎先生古稀記念
弁護士の年収はどれくらい? 仕事内容と気になる平均給与を解説
ハーバード法科大学院:GREでも出願可能に−志願者減少踏まえ
自動運転で事故が起きたら誰が責任を負うのか考えてみる
労働法 第11版補正版 (菅野和夫)
林真須美死刑囚の長男が語った家族…札束の山
戸倉最高裁判事「裁判手続き、透明に」 就任会見
組織再編の法理と立法
法科大学院特別委員会(第76回) 議事録
法科大学院教育におけるICT(情報通信技術)の活用に関する調査研究協力者会議(第3回) 議事録
ここだけ押さえる! 会社法のきほん
法曹養成制度改革連絡協議会第6回議事概要
法制審議会少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会第1回会議配布資料
労働法 第3版 (LEGAL QUEST)
【平野母子殺害】被告の無罪確定へ 大阪高検が上告断念
前橋地裁の原道子裁判長 いじめ自殺の訴訟「謝罪で和解」導く
事例演習労働法 第3版
入国禁止の新大統領令、効力停止は不服 米司法省が上訴
トランプ入国禁止令、イスラム教差別でまた差し止め
評価割れる新大統領令差し止め判断 「信仰の差別」か「トランプ氏への反発」か
判例労働法入門 第5版
性犯罪の「非親告罪」化−被害者保護充実を
大阪女児焼死 最高裁判事が「冤罪」意見 退官で書面が幻に
司法試験&予備試験 平成28年 論文過去問 再現答案から出題趣旨を読み解く。
【平野母子殺害】大阪高裁も無罪支持 検察側の控訴を棄却
大阪母子殺害 高裁も無罪 差し戻し控訴審、間接証拠認めず
司法試験に受かったら: 司法修習って何だろう?
結局、「速読で勉強」は本当にできる事なのか
弁護士ら懲戒処分、過去最多の114件
私の司法試験合格作戦2017年版 (YELL books)
日弁連が臨時総会、弁護士の横領被害者への見舞金制度の創設案可決…反対意見も相次ぐ
日弁連「委任状改変」疑惑の顛末…「超アナログ」事務作業で起きた「恥ずかしいミス」
弁護士横領で見舞金 日弁連が新設、10月から
平成28年司法試験 論文合格答案再現集上位者7人全科目・全答案
自殺防止へ当番弁護士 全国初、労働問題など支援 大分県弁護士会
遺族年金の男女差、合憲判断へ 21日に最高裁判決
司法試験 論文解説と合格答案〈平成28年〉
元アイドルが弁護士に 1日15時間勉強し合格 故郷大分で事務所開設
リクルート、人工知能による弁護士・法務の一部業務の自動化サービスを提供するLegalogic Ltd.への出資を実施
小金井女性刺傷事件、被害者を苦しめる恐怖
テクストとしての判決 -- 「近代」と「憲法」を読み解く
【東京開催】≪弁護士対象≫土曜日開催!平日多忙な方向け個別転職相談会
トランプ氏の新大統領令、以前とはどこが違う−Q&A
司法試験 年度別論文過去問題集 (1) 公法系 2017年
別会社でも脱税指南 弁護士ら2人を起訴 大阪地検特捜部
ユニクロ、企業秘密だった「海外の取引工場」公表…潜入ルポ・横田氏が指摘する課題
基本憲法I 基本的人権
【Z会キャリアアップコース】公務員/公認会計士/司法試験講座 ONLINE・電話個別相談会(無料)
【Z会キャリアアップコース】「2017年 司法試験講座」開講、9%OFFキャンペーンを開始
現代憲法入門講義【新5版】
朴槿恵氏の出国禁止 検察が検討
朴槿恵大統領「罷免」:「分裂した国論」「崩壊した自尊心」は回復できるか
過去大統領の司法処理は…全斗煥・盧泰愚、拘束2年後に特別赦免
朴大統領罷免:韓国憲法裁、裁判官8人満場一致で弾劾認める
ベテラン弁護士が「離婚はやめろ」と説くワケ
肢別本〈5〉民事系商法〈平成28年版〉
未熟運転、少年院送致=3度目の審判−大阪家裁
日本の裁判官 「出された紅茶は飲むな」と教えられる
元アナウンサーに逆転無罪 窃盗事件で最高裁判決
肢別本〈8〉刑事系刑訴〈平成28年版〉
窃盗罪問われた元中国放送アナに逆転無罪判決 最高裁
ロシア人男性に再審無罪、おとり捜査判断せず 札幌地裁判決
肢別本〈7〉刑事系刑法〈平成28年版〉
娘の返還、米地裁が認定 ハーグ条約に基づき沖縄在住女性が要求
元名大生に無期求刑 地裁公判で検察側「更生は困難」
肢別本〈6〉民事系民訴〈平成28年版〉
ドイツ最高裁「保育施設の確保は市の責任」 子ども預けられなかった母親に賠償の可能性も
「お遊びでない」83歳タフネス判事
肢別本〈3〉民事系民法1〈平成28年版〉
韓国検察、朴氏を本格捜査へ 収賄などの容疑
「被請求人の大統領・朴槿恵を罷免する」…傍聴席から「嘆声」
策に溺れた朴槿恵…憲法裁判所、捜査拒否を問題視
 肢別本〈3〉民事系民法1〈平成28年版〉
刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
いわゆるコンピュータ・ウイルスに関する罪について(PDF)
法曹養成制度関係閣僚会議
民法(債権関係)の改正に関する要綱案
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成29年司法試験予備試験の実施について
平成29年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

受験新報
月刊 Hi Lawyer (ハイローヤー)
判例時報
ジュリスト
法学教室
判例タイムズ
主要民事判例解説
判例年報
法学セミナー

当サイト作成の電子書籍の一覧
Kindle for Windows
Kindle for Mac
Kindle 電子書籍リーダー(iPhone,iPad)
Kindle for Android

Kindle書籍がPCでも利用できるようになりました。

更新通知用twitterを開設しました。
フォローして頂くと更新情報が届きます。
随時散発的なツイートもするようになりました。

2014年02月28日

2014年02月27日のtweet












posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

2014年02月26日のtweet








posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

2014年02月25日のtweet






posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

2014年02月24日のtweet










posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

2014年02月23日のtweet


























posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月23日

2014年02月22日のtweet


















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2014年02月22日

「司法試験平成25年判例論証集」を発売しました

Amazonから、「司法試験平成25年判例論証集」を発売しました。
本書は、Amazonのみの取扱いとなります。
Kindle以外の端末からも、アプリを使って利用できます。

Kindle for iPhone
Kindle for iPad
Kindle for Android

本書は、平成25年に出された最高裁判例のうち、司法試験論文式試験での出題可能性があるものについて、論証例と留意点をまとめたものです。
各判例には、AAからCまでの重要度に応じたランクを付しました。

司法試験では、論文試験でも、直近の判例が出題されています。
考査委員は「本質を理解すれば知識がなくても判例の規範が浮かんでくるはずだ」と言うかもしれません。
しかし実際には、そうした問題の多くは、単にその判例を知っているかどうか。
それだけで、差がついてしまっています。

従来は、「判例ノート」として判例原文を編集したものを発売していました。
しかし、直前期にそれだけを読んでも、なかなか論文試験に直結させるのは難しいものです。
そこで、あらかじめ論証化したものを作成することにしました。
なお、原文は、最高裁HPから参照できます。

判例を論証化することは、簡単なようで難しいところがあります。
判例が理由を明言していなくても、論文では理由を付すべき場合があります。
判例が曖昧にしているところも、論文では結論を示す必要があります。
事例判例でも、論文ではある程度一般化して論証する必要があります。
そうした部分を含め、できる限りコンパクトに文章化したのが、本書です。

同時に、「司法試験平成25年判例論証穴埋問題集」も発売しました。
こちらも、Amazonのみの取扱いです。
上記「司法試験平成25年判例論証集」を、単純に穴埋問題化したものです。
ただ論証を眺めていても頭に入ってこない、という人向けの学習用教材です。
解答は、「司法試験平成25年判例論証集」本体を参照して下さい。

【本書の一部抜粋】

【憲法】

1:憲法上の権利を相当程度制約する委任立法(最判平25・1・11)
重要度:A
【論証例】
 法律の委任に基づく新たな規制が憲法上の権利を相当程度制約する場合に、当該規制が法律の趣旨に適合(行手法38条1項)し、委任の範囲を逸脱していないというためには、立法過程における議論をも考慮した上で、委任の根拠となる法律の諸規定から授権の趣旨が当該規制の範囲、程度等に応じて明確に読み取れることを要する(医薬品ネット販売事件判例参照)。

【留意点】
1.問題文に法律の委任に基づく政令や規則等の委任立法があり、それが憲法上の権利を相当程度(言い換えればそれなりに強く)制約すると認められるような場合に、憲法上の権利の制約の強度に応じた授権の趣旨の明確性が必要であることを示しつつ、委任の範囲の逸脱についての判断基準を示すことのできる便利な引用判例である。問題文上に立法過程における議論が挙がっていない場合には、論証例中「立法過程における議論をも考慮した上で」の部分は省略してよい。
2.判例の事案では職業活動の自由を制約する場合であったが、司法試験の答案では、憲法上の権利一般を制約する場合にも妥当する法理として引用してよいだろう。そのため、論証例では職業活動の自由に限定せず、「憲法上の権利」としている。
3.なお、立法過程における議論を考慮することについては、個々の審議会の委員等の発言をもって当然に立法意思と考えるのはおかしいのではないかという指摘がある。問題文の誘導等でその辺りの問題意識が読み取れるのであれば、上記指摘を反論として取り上げる余地がある。
4.本論点が問題になる場合には、委任立法による憲法上の権利の制約それ自体の合憲性(正当化)が問題となる。通常はその点がむしろメインの論点となるので、本論点はコンパクトに書きたい。

2:不遡及的違憲判断の実質的根拠(最大決平25・9・4、金築補足意見)
重要度:A
【論証例】
1.先例としての事実上の拘束性の趣旨は、同種事件の同一解決により、法適用の平等を図る点にある。従って、憲法14条1項の平等原則が合理的な理由による例外を認めるのと同様に、合理的な理由に基づく例外が許されてよい。また、先例としての事実上の拘束性には、法的安定性を図る趣旨もあるところ、拘束性を認めることがかえって法的安定性を害するときは、その役割を後退させるべきである。
2.よって、裁判所は、既に形成された解決済みの法律関係に効果が及ぶことによって著しく法的安定性を害することになるときは、違憲判断の事実上の遡及効を制限する判断をすることが許される(非嫡出子相続差別違憲大法廷決定及び同決定における金築補足意見参照)。

【留意点】
 法令違憲の主張に対し、当該法令を違憲にすることは法的安定性を害するという反論が成立しうる場合に、私見で遡及効を制限して違憲を維持する際の根拠として用いる論証例である。

3:不遡及的違憲判断の形式的根拠(最大決平25・9・4、千葉補足意見)
重要度:B
【論証例】
 違憲判断の遡及効の有無、時期、範囲等を一定程度制限するという権能は、立法が改正法の附則でその施行時期等を定めるのに類した作用であるから、最高裁判所の違憲審査権の行使に性質上内在又は付随する権能であって、憲法は、これを違憲審査権行使の司法作用としてあらかじめ承認している(非嫡出子相続差別違憲大法廷決定における千葉補足意見参照)。

【留意点】
 不遡及的違憲判断をする権能が司法作用として予定されていることを説明する論証例である。主として統治の側面から問われた場合に、権力分立や司法権の限界との関係で用いる。

posted by studyweb5 at 21:59| 電子書籍紹介 | 更新情報をチェックする

2014年02月21日のtweet
















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  ●当サイト作成の電子書籍一覧
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)


  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
民事訴訟における事実認定 契約分野別研究(製作及び開発に関する契約)
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等