2013年09月30日

「平成25年司法試験状況」から読み取れること(上)

受験回数と短答、論文の合格率

法科大学院特別委員会の資料として、「平成25年司法試験受験状況(PDF)」が公表されている。
ここには、法務省が合格発表と同時に公表した資料からは読み取れない情報が含まれている。

以下は、受験回数と短答、論文合格率の関係である。
短答合格率は、受験者ベース、論文合格率は短答合格者ベースで算出されている。

受験
回数

短答
合格率

論文
合格率

1回目

65.78%

49.19%

2回目

67.10%

31.00%

3回目

73.93%

26.63%

短答は、受験回数が増えると合格率が上がる。
論文は、受験回数が増えると合格率が下がる。
これは、例年成り立っている法則である。

受験回数が増えると、勉強量が増える。
これが素直に結果に反映されるのが、短答である。
だから、短答に受かるには、単純に勉強量を増やせばよい。
短答に受からない人は、単なる勉強不足である。

しかし、論文は逆だ。
勉強量が増えると、かえって受かりにくくなる。
だから、論文に受かるには、単純に勉強量を増やしても意味がない。
問題文の読み方、答案の書き方など、テクニカルな部分を再検討すべきだ。
その部分が、合否に直結している。
勉強量だけを増やし、問題文の読み方や答案の書き方を改めない人。
そういう人は、来年もまた、現場で同じような書き方を繰り返す。
配点のない事柄を書き、配点のある事柄を平気で落とす。
その結果、「論文に受からない人は何度受けても受からない法則」が成立してしまう。

予備組の真の強み

上記の法則が当てはまらないのが、予備組である。
同じく法科大学院特別委員会資料として、「平成25年司法試験における予備試験合格者の受験状況等」が公表されている。
これによれば、平成25年司法試験における予備合格年別の合格率は、以下のようになる。

予備合格年

受験者数

合格者数

受験者
合格率

平成23年

38

27

71.0%

平成24年

129

93

72.0%

確かに、平成23年合格組の方が、平成24年組より合格率が低い。
しかし、その差は、微々たるものだ。
しかも、平成23年合格組の平成24年司法試験での合格率は、68.2%だった。
だとすると、平成23年合格組は、昨年よりむしろ合格率を高めている。
(予備組は短答全員合格(昨年は1名のみ不合格)だから、上記は論文だけの影響である。)
予備組は、回数が増えると論文合格率が上がる。
これが、予備組の真の強みである。

予備の合格率上昇の原因については、以前の記事で2つの仮説を立てた。

平成25年司法試験の結果について(6)より引用)

一つは、今年の予備受験者の若手の比率が高かったことだ。
昨年は、20代の予備受験者は、全体の41.1%だった。
それが、今年は45.5%に増えている。
前記のとおり、20代は9割以上受かる。
このことが、今年の予備の合格率を押し上げた。

もう一つの原因は、予備論文の合格体験である。
受験回数が増えると合格率が下がるのは、負の選抜による。
論文に受かりにくい勉強をする人が、滞留してまた論文を受ける。
このサイクルのせいである。
1度も論文に受かっていないから、受かり方がわからない。
だから、何度受けても落ちる。
しかし、予備組は、一度予備の論文に受かっている。
論文に受かるには、どうしたらいいか知っている。
予備組が司法試験に落ちる原因として、「本試験は予備と違う」という誤解がある。
予備は基本だけで受かるが、司法試験はそうではないのではないか。
そう誤解して、崩れてしまうケースである。
しかし、そういう場合でも、予備と同じでよいことが分かれば、リカバリーできる。
この違いではないか。
すなわち、予備組は、「論文は回数が増えると受かりにくくなる」法則が当てはまりにくい。

(引用終わり)

今回の数字をみる限り、前者の仮説は誤りで、後者が正しそうだ。
前者の仮説では、平成23年予備合格者の合格率の上昇を説明できない。
やはり、一度予備の論文をクリアした体験が、大きいとみるべきである。
このことは、予備と司法試験における論文試験の同質性を示唆している。

今後、受験回数制限が緩和されて5回までになる可能性が高い。
予備組が回を重ねるごとに強くなるとすれば、これは予備組の合格率を更に押し上げる。
5回もチャンスがあれば、予備組は全員合格。
すなわち、累積の合格率にすると100%が普通になっても全然おかしくない。

※7割の合格率で5回落ちる確率は、3割の5乗すなわち、0.243%である。
従って、理論上の累積合格率は、99.757%となる。
「ほぼ100%」と表現しても差し支えない数字である。
予備の単年度合格率が7割を下回らない限り、「ほぼ100%」が続くことになる。

それは、「予備組は遅かれ早かれ全員受かる」ことを意味する。
結果的に、2000人強の合格者の枠の一部が、「予備組指定席」と化す。
残りの枠を、ロー生同士で奪い合う。
そんな構図が、生まれつつある。

posted by studyweb5 at 17:31| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする

2013年09月29日のtweet














posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年09月29日

2013年09月28日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
司法試験平成29年最新判例ノート
法科大学院の改革案、弁護士から賛否の声 「法科大学院から発想離すべき」「学者の教育に疑問」の指摘も
法曹養成、文部科学省が5年コース案 飛び級で4年目から大学院へ
法学セミナー 2018年 03 月号
【リニア】東京地検、行き過ぎ捜査で重大な「弁護権の侵害」か…弁護士PC押収&恫喝疑惑
最高裁判事に大阪高検検事長の三浦守氏
精読憲法判例[人権編]
「任天堂法務部最強伝説」は本当? ドンキーコング訴訟からコロプラ訴訟まで
暴行徳島県職員の免職取り消し 最高裁で確定
別冊商事法務№428 株主総会想定問答集〔平成30年版〕
個人の自己破産 2年連続で前年超え  背景に銀行カードローンか
AIが性差別・人種差別をするのはなぜか? どう防ぐか?
別冊商事法務№429 招集通知・議案の記載事例〔平成30年版〕
AIで弁護士も大量に失業する時代が来る
法廷で検察に中指突き立て退廷 トランクに1歳児遺棄 男に懲役6年6月 大阪地裁
会社法の学び方
自民、「合区」解消条文案を了承 都道府県に1人以上
衆院選1票の格差、広島高裁岡山支部も「合憲」
商法総論・会社法総則
大物ヤメ検弁護士が語る「地面師事件が続発する本当の原因」
「優生保護法」で強制的に不妊手術を施された女性の絶望の日々
商法学通論〔補巻II〕 新運送法―改正商法案と新民法を基に
元特捜部長運転の車、歩道に突っ込み男性死亡
シンドラー元課長、無罪確定 検察が上告断念
会社法計算書類の実務〈第10版〉
「殺した」「私ではない」と被告 6人殺害、検察と質疑かみ合わず
法制審議会民法(相続関係)部会第24回会議議事録等
民訴法十番勝負(旧司法試験編)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
商法すべて口語に 改正案を再び閣議決定 
予備試験・司法試験短期合格者本 読み解く合格思考 行政法 (予備試験・司法試験短期合格者本 5)
ニューヨーク留学を終えた、東大卒の一流弁護士。国際派エリート男の“残念極まる”欠点とは?
東大卒43歳の弁護士「僕が婚活で売れ残っているワケ」
司法試験・予備試験 伊藤真の速習短答過去問 行政法
<法科大学院>1年短縮 文科省改善案、来年の導入検討
グーグル検索で男性敗訴確定=詐欺の逮捕歴、削除認めず-最高裁
第4版 要件事実民法(3)担保物権<補訂版>
最高裁の合憲判決後 NHK受信契約5倍
ホテルにNHK受信料支払い義務…最高裁で確定
改訂増補版 弁護士が弁護士のために説く債権法改正
NHK受信料、ホテル側の敗訴確定へ 客室テレビ巡り
客室受信料も勝訴確定へ=NHK、ホテル側に請求-最高裁
商法学通論〔補巻II〕 新運送法―改正商法案と新民法を基に
脱税の弁護士ら2人に有罪判決 大阪地裁
日弁連 次期会長に菊地裕太郎氏 法曹三者トップ道産子に
民法 Ⅰ -- 総則 第4版 (有斐閣Sシリーズ)
今市事件控訴審 DNA鑑定巡り対立 弁護側「未解明の型検出」、検察側「犯人で矛盾なし」
大成建設側、特捜部に抗議=弁護士パソコンも押収-「意に沿わず圧力」・リニア談合
プレップ民法 <第5版> (プレップシリーズ)
談合否定の鹿島と大成、検察が再び捜索 リニア談合事件
残業証拠が残せる弁護士開発のアプリ「残レコ」フルリニューアル
逐条 破産法・民事再生法の読み方
増える企業内弁護士、10年前の7倍超 オリンパスでは内部告発めぐり会社を提訴
オリンパス、社員弁護士が会社提訴「公益通報に不利益」
民法II 物権 第2版 (LEGAL QUEST)
平成30年司法試験における印刷製本等業務の請負 一式
4万4千件で可視化実施 検察調べ、17年4~9月 
民法2物権 判例30! \START UP/シリーズ 民法(2)
自己破産申し立て、2年連続増加
線路にボンベ、電車汽車転覆罪で5年求刑 「危険性分かった上で衝突させる意図あった」と検察側 高松地裁
民法1総則 判例30! (\START UP/)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等