【最新ニュース・新刊書籍リンク】

司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
平成29年司法試験の出願状況について(速報値)
法学未修者の入試、小論文など必須 法科大学院で中教審
司法試験・予備試験 体系別短答過去問 憲法〈平成29年版〉
JASRAC、音楽演奏への徴収方針を改めて強調--「カラオケ著作権管理30年」シンポジウム
元アイドル、弁護士に 別府市出身の平松まゆきさん
平成28年司法試験 試験委員コメント集 知的財産法
「薬の投与が必要なので収監は無理」院長も病状虚偽の報告書作成か
診断書にまつわる数々の犯罪〜虚偽の記載・診断、偽造、改竄、隠匿、不正請求……
平成28年司法試験 試験委員コメント集 国際関係法(公法系)
【シゴトを知ろう】弁護士 〜番外編〜
【シゴトを知ろう】弁護士 編
平成28年司法試験 試験委員コメント集 租税法
証人威迫・脅迫容疑で弁護士ら3人逮捕 警視庁
高畑裕太の美人弁護士 32歳で独立のサクセスストーリーを明かす
平成28年司法試験 試験委員コメント集 労働法
衆院新区割り原案 自治体分割が大幅増へ
元名大生「弁護士殺したい」 勾留中ノートにつづる
平成28年司法試験 試験委員コメント集 環境法
勾留中も「拘置所の職員を殺したい。弁護士でもいい」 ノートに記して「殺意を発散」
松本伊代と早見優が書類送検…よく聞く「送検」は法律用語ではない
平成28年司法試験 試験委員コメント集 経済法
「不要な入院強いられた」 知的障害の男性が国を提訴
法曹養成制度改革連絡協議会第6回配布資料
平成28年司法試験 試験委員コメント集 国際関係法(私法系)
窃盗罪の元アナウンサー、有罪見直しか 最高裁で弁論
元アナ弁護側、最高裁で窃盗無罪主張 有罪見直されるか
平成28年司法試験 試験委員コメント集 倒産法
「気軽に法律相談を」 沼津に新会館
ハンセン病 最高裁が人権研修 裁判官100人に
司法試験一発突破 論文センス練成道場
「筋が通った結論を」刑法学者から最高裁判事に転身 山口厚氏
トランプ氏、入国制限で新大統領令も 対象の絞り込み検討
資格試験に「忙しくても受かる人」と「いつも落ちる人」の勉強法
入国禁止令、控訴裁判断前に知っておくべきこと
トランプ入国禁止令下のLA空港で記者が見た「カオスと嘆き」
司法試験・予備試験 考える肢 (3) 民法(2) 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
「法廷で会おう」と上訴の意向表明 控訴裁判所の入国禁止の差し止め支持に対抗
米連邦高裁、入国禁止の差し止め支持 大統領令 政権の主張退ける
司法試験・予備試験 考える肢 (2) 民法(1) 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
【名古屋開催】≪法務・弁護士対象≫一般事業会社の法務職を目指す方の為の個別転職相談会
弁護士ら3人、脱税容疑で再逮捕 3.4億円隠した疑い
司法試験・予備試験 考える肢 (1) 憲法 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
放火・殺害で無罪破棄確定へ 上告棄却、再び裁判員審理  
自己破産、13年ぶり増加 16年個人 銀行カードローンも一因
司法試験・予備試験 考える肢 (4) 刑法 2017年 (司法試験・予備試験 短答式・肢別過去問集)
首都圏の連続不審死、被告の上告審結審 改めて無罪主張
強要未遂罪の弁護士、無罪主張 「DNA型鑑定は捏造」
2017年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 民法
朝日新聞社への33万円賠償命令確定 カジノ巡る名誉毀損訴訟
「最高裁で正しい判断を」 事前収賄で逆転有罪の美濃加茂市長 都内で会見
2017年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 商法
認知症の後見人向け保険 物損なくても損害賠償を補償
「街路か私有地か」が争点に 立ち小便裁判、二審で逆転有罪
平成28年司法試験 試験委員コメント集 民法
小保方さん「人生に及ぼした影響は一生消えない」「正当な認定に感謝」とコメント
法的措置は検討せず BPO、NHKに勧告

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
いわゆるコンピュータ・ウイルスに関する罪について(PDF)
法曹養成制度関係閣僚会議
民法(債権関係)の改正に関する要綱案
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成29年司法試験予備試験の実施について
平成29年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

受験新報
月刊 Hi Lawyer (ハイローヤー)
判例時報
ジュリスト
法学教室
判例タイムズ
主要民事判例解説
判例年報
法学セミナー

当サイト作成の電子書籍の一覧
Kindle for Windows
Kindle for Mac
Kindle 電子書籍リーダー(iPhone,iPad)
Kindle for Android

Kindle書籍がPCでも利用できるようになりました。

更新通知用twitterを開設しました。
フォローして頂くと更新情報が届きます。
随時散発的なツイートもするようになりました。

2013年08月31日

平成25年司法試験予備試験論文式民訴法参考答案

試験問題は、こちら

第1.設問1(1)ア

1.Bは、Cに対して別訴により乙債権を訴求することはできない。なぜなら、訴訟1の係属を知ったBは乙債権の処分権を失う(非訟事件手続法88条3項参照)から当事者適格を欠くし、訴訟1との審理の重複による訴訟不経済及びCの応訴の煩だけでなく判決内容が区々となれば既判力の矛盾抵触が生じることから、二重起訴(民訴法142条)に当たると考えられるからである。

2.では、Aに対して甲債権不存在確認、Cに対してBに500万円の支払を求めるとの各請求を立てて訴訟1に独立当事者参加(47条1項)をすることはできるか。

(1)独立当事者参加によるためには、統一審判の必要性として、請求の非両立性を要する。訴訟1は、当事者適格の基礎として甲債権の存在を前提とし、金銭債権の代位行使にあっては代位債権者への直接引渡請求が可能であることから、AのCに対する請求は、Aに対して500万円の支払を求めるものである。従って、Bの上記各請求は甲債権の存否及び500万円の支払先において訴訟1の請求と両立しない。よって、非両立性がある。

(2)また、甲債権不存在であれば、Aの代位行使が不適法となって、Bの乙債権の処分権は失われないから、甲債権不存在確認を主張して参加する場合、当事者適格が認められる。

(3)そして、併合審理の上で合一確定が図られる(47条4項、40条)から、審理の重複や既判力の抵触は生じない。従って、二重起訴にも当たらない。

(4)よって、Bは、上記独立当事者参加をすることができる。

第2.設問1(1)イ

1.訴訟1については、甲債権が存在しない以上Aに当事者適格が認められないから、却下すべきである。

2.Bの各請求については、いずれも理由があるから、両請求を認容すべきである。

第3.設問1(2)

1.債権者代位訴訟における既判力は、被代位者に及ぶか。

(1)一般に、債権者代位訴訟における代位債権者は、被代位者のために訴訟当事者となる関係に立つから、訴訟担当である。従って、債権者代位訴訟における判決の既判力は、115条1項2号により被代位者にも及ぶ。

(2)もっとも、同号の趣旨は、代替的手続保障にある。訴訟担当者としての資格を有しない者によって訴訟が追行された場合には、代替的手続保障があったとはいえない。既判力の正当化根拠は、手続保障による自己責任にあるから、上記場合には、既判力拡張の根拠を欠き、被担当者には既判力は及ばない。

(3)以上からすれば、被保全債権を有しない債権者によって追行された債権者代位訴訟における判決の既判力は、被代位者には及ばない。

2.本問で、訴訟2の受訴裁判所において甲債権が存在すると判断したときは、Bに訴訟1の既判力が及び、訴訟1の口頭弁論終結時に乙債権が存在しないことを前提にした判決をすべきである。

3.他方、訴訟2の受訴裁判所において甲債権は存在しないと判断したときは、Bに訴訟1の既判力は及ばないから、乙債権の存否に係る訴訟2の受訴裁判所の認定を基礎とした判決をすべきである。

第4.設問2

1.訴訟1とは別個に、Cに対する債権者代位訴訟を提起することはできない。なぜなら、審理の重複による訴訟不経済やCの応訴の煩に加え、訴訟1と異なる判決となれば、被代位者Bに及ぶ既判力が区々になるから、既判力の矛盾、抵触のおそれがあり、二重起訴に当たると考えられるからである。

2.訴訟1のAへの補助参加(42条)は有効でない。なぜなら、訴訟1で勝訴したAは直接自己への支払を受けた上で、Bに対する不当利得返還債務と甲債権を相殺することができ、Dは自らが弁済を受ける機会を失うからである。

3.訴訟1への共同訴訟参加(52条1項)の余地はない。なぜなら、共にCに乙債権の支払を求める点で共通であっても、Aの請求はAへの金銭支払請求であるのに対し、Dの請求はDへの金銭支払請求となるから、ADは共同訴訟人の地位に立たないからである。

4.上記3のとおり、ADの請求は支払先において両立しないから、独立当事者参加における非両立性の要件を充たす。よって、Dは、Aへの請求を定立せず、Cに対し、Dに500万円を支払えとの請求を立てて訴訟1に片面的独立当事者参加(47条1項)をすることができる。

以上

posted by studyweb5 at 06:20| 予備試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2013年08月30日のtweet








posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年08月30日

2013年08月29日のtweet










































posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年08月29日

平成25年司法試験予備試験論文式商法参考答案

試験問題は、こちら

第1.設問1

1.本件総会におけるAの解任理由についての質問に対し、Bは十分な回答をしておらず、説明義務(314条本文)に違反するのではないか。
 同条の趣旨は、合理的意思決定のための判断材料を提供させる点にあるから、平均的な株主が決議事項につき賛否の判断をなし得る程度の説明を要する。
 本問では、Bは、具体的なAの解任理由について何ら説明していない。従って、平均的な株主がAの解任につき賛否の判断をなし得る程度の説明をしたとはいえない。
 また、正当な理由(314条ただし書、規則71条各号)を認めるに足りる事実もない。
 よって、本件総会の決議の方法には、説明義務違反の違法があり、決議取消事由(831条1項1号)となる。

2.また、取締役解任議案において、解任理由の説明は賛否の判断に不可欠である。従って、Aの解任理由に係るBの説明義務違反が重大でないとはいえない以上、決議に影響を及ぼすか否かにかかわらず、裁量棄却(831条2項)の余地はない。

3.以上から、Aは、決議取消しの訴えにより、解任議案に係る本件総会の決議の効力を争うことができる。

第2.設問2

1.Aは、Y社の発行済株式のうち15%を保有しているから、株式保有要件(433条1項)を充たしている。もっとも、同条2項3号に該当し、Y社はAの請求を拒めるのではないか。

2.Aは、Z社発行済株式の3分の2を超える67%を保有し、同社の取締役はA及びAの親族のみであるから、Z社の経営主体はAであるといえる。
 Z社は、関東地方を中心に住居用の中古不動産の販売等を行っている。一方、Y社の事業は、日本国内において新築マンションの企画及び販売等である。中古と新築であっても、不動産市場において競合しうることから、Z社の経営主体であるAは、Y社との間で、実質的競争関係にある事業を営んでいるといえる。
 なお、Aは本件交換比率の妥当性を検討する目的であるとするが、同号は、1号及び2号のような「目的」を要件としておらず、実質的にも3号該当の事実だけで営業秘密が競業に利用されるおそれがあることから、同号に該当するためには、営業秘密を利用する主観的意図は不要である。従って、上記Aの目的は同号該当性を左右しない。

3.よって、Y社は、433条2項3号により、Aの請求を拒むことができる。

第3.設問3

1.@について

(1)本件総会において本件株式交換契約の承認議案に反対したAは、本件総会に先立って反対する旨をY社に通知していれば、Y社に対し、株式買取請求をすることができる(785条1項、2項1号イ)。この場合の「公正な価格」は、株式交換による企業価値の増加の適切な分配の観点から、公正な株式交換比率であったならばY社株式が有したと認められる価格である。

(2)本件総会において、Xグループ各社は、本件株式交換契約の相手方及びその子会社であるから、特別利害関係株主である。従って、本件株式交換比率が著しく不当である場合には、本件株式交換契約の承認議案に係る本件総会の決議には取消事由(831条1項3号)がある。決議内容に係る瑕疵であるから、裁量棄却の余地はない(同条2項)。
 よって、上記場合には、Aは、本件株式交換契約の承認議案に係る本件総会の決議取消しの訴え及びこれを本案とする株式交換差止めの仮処分(民事保全法23条2項)をすることができる。

2.Aについて

(1)効力発生後は、法的安定性の観点から、効力発生日から6か月以内に訴えをもってのみ株式交換の無効を主張できる(828条1項11号)。

(2)そこで、無効事由を検討する。

ア.株式交換比率の不公正は、無効事由とはならない。なぜなら、株式交換比率の不公正についての株主の保護は株式買取請求によって図られる一方、法的安定性を重視して株式交換の無効主張を限定した828条1項11号の趣旨からすれば、無効事由は限定すべきだからである。

イ.他方、株式交換契約を承認した株主総会決議に取消事由があることは、無効事由となる。なぜなら、組織再編の重大性から特別決議とされた(783条1項、795条1項、309条2項12号)趣旨からすれば、株主総会による承認は、法的安定性を考慮しても株式交換の有効性に係る不可欠の要件と考えざるを得ないからである。
 よって、前記1(2)の取消事由がある場合には、Aは、株式交換無効の訴えをすることができる。

以上

posted by studyweb5 at 20:35| 予備試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2013年08月28日のtweet


posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

2013年08月27日のtweet








posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年08月27日

2013年08月26日のtweet
















posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

平成25年司法試験予備試験論文式民法参考答案

試験問題は、こちら

第1.設問1

1.小問(1)

(1)契約の有効性

ア.下線部の契約(以下「本件契約」という。)の目的は、将来発生すべきものを含む複数の債権を一括して債権譲渡によって担保とするものであるから、いわゆる集合債権譲渡担保である。そこで、その有効性を検討する。

イ.契約自由の原則から、複数の将来債権を担保のために一括譲渡することも可能である。もっとも、契約の一般的な有効要件として目的物の特定が必要である。集合債権譲渡担保においては、譲渡人が有する他の債権と識別できる程度に目的債権が特定されていることを要する。
 本件契約では、パネルの部品の製造及び販売を発生原因とする代金債権であって、将来発生すべき債権については発生期間が今後1年に限定されているから、Aが有する他の債権と識別できる程度に特定されている。従って、特定性の要件を充たす。

ウ.また、集合債権の包括譲渡は、債権者平等を害し、又は譲渡人の営業活動を不当に害することがあり得ることから、公序良俗違反(90条)とならないか検討を要するところ、本件契約締結時において他の債権者を害する事情はうかがわれず、融資の利息及び返済条件は過酷とはいえず、返済が滞るまではAの取立権が認められていることから、Aの営業活動を不当に害するともいえない。従って、公序良俗違反はない。

エ.よって、本件契約は有効である。

(2)甲債権の取得時期

ア.本件契約には、債権移転時期を留保する特約はないから、既発生債権については契約時に直ちに移転する。他方、いまだ発生していない債権が移転することは観念し難いことから、未発生債権については債権発生時に移転すると解すべきである。

イ.従って、Bが甲債権を取得するのは、同債権の発生原因であるAC間売買の成立した平成25年3月1日である。

2.小問(2)

(1)Cとしては、甲債権は差押え前にBに譲渡されたから、Fの差押えは無効であるとの論拠に基づき、支払を拒絶することが考えられる。そこで、債権譲渡と差押えの優劣を検討する。
 467条が債務者の認識に公示としての機能を認めて通知・承諾を対抗要件とした趣旨からすれば、債権譲渡と差押えの優劣についても、債権譲渡通知と差押命令の送達の到達の先後によって決すべきである。
 本問では、債権譲渡通知は平成25年5月7日到達であるのに対し、差押命令の送達はそれより前の同月2日にされたから、Fの差押えが優先する。
 よって、Cは、甲債権がBに譲渡されたことを理由に支払を拒絶することはできない。

(2)Cとしては、AD間の免責的債務引受によって債務を免れたから、Fの差押えは無効であるとの論拠に基づき、支払を拒絶することが考えられる。そこで、免責的債務引受を差押債権者に対抗できるかを検討する。
 そもそも、免責的債務引受を認める直接の規定はなく、私的自治の下で認められるに過ぎない。そうである以上、免責的債務引受は、当事者間における対内的効力を有するに過ぎず、差押債権者に対抗することはできないと解すべきである。
 従って、AD間の免責的債務引受は、Fに対抗できない。
 よって、Cは、AD間の免責的債務引受によって債務を免れたことを理由に支払を拒絶することはできない。

(3)以上から、Cは、甲債権の支払を拒絶することはできない。

第2.設問2

1.譲渡禁止特約の意義

 債権的効力を有する譲渡禁止特約が可能であるのは契約自由の原則から自明であるにもかかわらず、466条2項が特に規定されたのは、譲渡禁止特約に物権的効力を認める趣旨である。従って、同ただし書の例外を除き、同特約による譲渡の無効を譲受人にも対抗できる。

2.乙債権の取得時期

 前記第1の1(2)アのとおり、Bが乙債権を取得するのは、乙債権の発生原因であるAE間売買成立時である平成25年3月5日である。

3.債権譲渡禁止特約のBへの対抗の可否

(1)Bが、乙債権の譲受けをEに対抗できるのは、譲渡通知のされた平成25年5月7日からである(467条1項)。他方、AE間の譲渡禁止特約は、それ以前の同年3月5日にされたから、乙債権の譲渡は、同特約に違反するものとなる。

(2)では、Bは「善意の第三者」(466条2項ただし書)に当たるか。
 同ただし書の趣旨は、特約を知らずに債権を取得した者を保護する点にあるから、「善意の第三者」とは、債権取得時に善意である者をいう。
 本問では、Bが乙債権を取得する平成25年3月5日と同日に債権譲渡禁止特約がされた旨の通知がBにされたから、Bは債権取得時に悪意である。従って、「善意の第三者」には当たらない。

(3)よって、Eは、譲渡禁止特約をもってBに対抗することができる。

以上

posted by studyweb5 at 17:32| 予備試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする


  ●当サイト作成の電子書籍一覧
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)


  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
民事訴訟における事実認定 契約分野別研究(製作及び開発に関する契約)
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等