2013年07月31日

平成25年司法試験論文式民事系第3問参考答案

問題文は、こちら

第1.設問1

1.昭和47年判決の趣旨

 過去の法律関係の確認は、その後の変動可能性から、現在の紛争解決に適切でなく、原則として訴えの利益が認められない。
 同判決は、上記を前提にした上で、遺言無効確認の訴えにつき過去の法律行為の効力の確認を求めるものではなく、遺言が有効であるとすればそれから生ずべき現在の特定の法律関係が存在しないことの確認を求めるものと解釈して適法としたものである。

2.同判決と訴訟Ⅰにおける事案の違い

 同判決の事案では、係争中の相続財産が多数であり、原告の主張によれば遺言において全財産を相続すべきとされた者が明らかでなく、権利関係が不明であって、現在の法律関係の確認の訴えとして請求の趣旨を特定するのが困難であった。そのために、現在の法律関係の記載に代えて、形式上過去の法律行為の確認を求めるものとして請求の趣旨を記載することが許されたものである。
 これに対し、訴訟Ⅰの事案では、遺言①の目的となる財産は甲1だけであり、遺贈の相手方がBであることも明らかである。従って、現在の法律関係の確認の訴えとして請求の趣旨を特定することは容易である。そうである以上、敢えて過去の法律行為の確認を求める形式をもって請求の趣旨を記載する必要はない。端的に、甲1がEに帰属することの確認を求める等の現在の法律関係を対象とする訴えとして請求の趣旨を記載すべきである。

3.結論

 よって、昭和47年判決を前提としても、訴訟Ⅰは確認の利益を欠き、不適法である。

第2.設問2

1.訴訟Ⅱの被告適格者

 被告適格は、原告の主張する訴訟物たる法律関係の帰属主体となるべき者にある。
 訴訟Ⅱの訴訟物は、所有権移転登記抹消登記手続請求である。既に遺贈の執行として甲2についてCに所有権移転登記手続がなされた以上、甲2は相続財産から逸出してCに帰属するから、上記抹消登記手続請求に応ずべき帰属主体もCである。
 よって、訴訟Ⅱの被告適格者は、Dではなく、Cである。

2.結論

 よって、訴訟Ⅱは被告適格のないDを被告とするから不適法であり、訴えは却下されるべきである。

第3.設問3

1.小問(1)

 相続は被相続人の死亡によって生じる(民法882条)から、Fの死亡が請求原因となる。
 そして、相続開始の時から、相続人は被相続人の財産を包括承継する(同法896条本文)。従って、Gが相続人、すなわちFの子(同法887条1項)であること及び土地乙が被相続人の財産であったこと、すなわち、Fが土地乙をもと所有していたことが請求原因となる。

2.小問(2)

(1)問題の所在

 上記1の請求原因のうち、Fの死亡及びGがFの子であることについては、前訴におけるGの主張中「Gの父F」「その生前に」という部分に顕れている。
 他方、Fが土地乙をもと所有していた事実については、前訴におけるHの主張中、「Jから土地乙を買い受けたのは…Fであり」とする部分に顕れている。そこで、Gの主張しない上記Hの主張中に含まれる請求原因事実を裁判所は判決の基礎とすることができるかが問題となる。

(2)不利益陳述の斟酌の可否

 そもそも、当事者の主張しない事実は判決の基礎にすることができない(弁論主義の第1原則)ところ、弁論主義は当事者と裁判所の役割分担の問題であって、当事者間の役割分担ではない。従って、裁判所は、一方当事者の主張した事実を他方当事者に有利な事実として判決の基礎とすることができる(主張共通)。
 従って本問では、裁判所は、Fが土地乙をもと所有していた事実についても判決の基礎とすることができる。
 もっとも、G及びHが単独所有権の主張しかしていないことを考慮すると、裁判所としては、上記事実を斟酌するに当たり、不意打ち防止の観点から、Gに対し、相続による共有持分権の取得に基づく主張をするか否か明確にされたい旨釈明を求めるのが適切である。

(3)結論

 以上から、裁判所は、適切に釈明権を行使した上で、上記1の請求原因を判決の基礎とすることができる。

第4.設問4

1.平成10年判決の趣旨

 平成10年判決は、実質的には前訴で認められなかった請求及び主張を蒸し返すものであることを主要な根拠として、訴訟物の範囲を超える部分につき信義則による遮断効の拡張を認めている。
 上記判決は、既判力の機能が紛争の蒸返し防止にあることを実質的に考慮し、形式的に既判力が及ばない部分についても、信義則を用いて妥当な結論を導くべきであるとする趣旨である。

2.遮断効の縮小の肯否

 上記平成10年判決の趣旨からすれば、形式的に既判力が及ぶ部分についても、紛争の蒸返しとならない例外的場合には、信義則を用いて遮断効を縮小させることが可能である。
 すなわち、前訴の審理・判決から後訴の提起に至るまでの事情から、後訴を提起する者において前訴で争うことが期待できない場合であって、相手方に紛争解決の合理的期待が認められないときは、形式的に既判力の及ぶ範囲に属する事柄であっても、信義則上遮断効は及ばないと考えることができる。

3.本問における適用

(1)前訴で共有持分権の主張は期待できたか

 前訴では、GもHも共に単独所有権を主張しており、相続による共有持分権の有無は全く争われていなかった。数量的一部請求の棄却とは異なり、Gの主張するGJ間売買及びHの主張するFからの贈与のいずれの事実についても、その存否の審理判断の過程において必然的に相続による共有持分権の取得が判断される関係にはない。
 また、共有持分権の主張は単独所有権を否定することになり、一部敗訴を導くことになるから、G自ら主張することは期待し難い。
 しかも、裁判所による適切な釈明権の行使もなかったというのであるから、Gに共有持分権の主張の機会も適切に与えられていなかった。
 以上から、Gにおいて共有持分権を前訴で争うことは期待できなかったといえる。

(2)Hに紛争解決の合理的期待を認めうるか

 上記(1)のとおり、前訴では専ら単独所有権の有無が争われたに過ぎない。従って、Hにおいて、共有持分権の存否について解決済みであるとの合理的期待が生じたとは認め難い。
 また、Hは、前訴で土地乙の明渡しを求める反訴を提起し、棄却されている。確かに、上記反訴の棄却判決の既判力は、Hが土地乙の所有権者でないことには及ばない。しかし、Hの単独所有権は事実上否定されたといえる。にもかかわらず、Hは、その後も贈与による単独所有権の取得を主張した。その態度は、自ら紛争を蒸し返すものといわざるを得ない。そうである以上、Hには、前訴による紛争解決の合理的期待は認められない。

3)結論

 上記のとおり、相続による共有持分権の主張は、Gにおいて前訴で争うことが期待できず、かつ、Hに紛争解決の合理的期待は認められないから、信義則上前訴既判力による遮断効は及ばない
 よって、Gは、後訴において、相続による共有持分権の取得の主張をすることができる。

以上

posted by studyweb5 at 21:14| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2013年07月30日のつぶやき










posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

2013年07月29日のつぶやき






posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
平成30年司法試験受験願書の交付等について
平成29年司法試験予備試験論文式試験結果
司法試験予備試験 新・論文の森 商法<第2版>
国民審査を受ける最高裁裁判官7人のアンケート回答全文
アディーレ 2カ月業務停止 東京弁護士会処分「事実と違う宣伝」
企業法とコンプライアンス 第3版
「ヘイト投稿」がネットで容認される不可思議
横田騒音に6億円賠償命令 各地の基地騒音訴訟は? 最高裁判例を踏襲
震災遺児の財産を横領 叔父の懲役6年確定へ 最高裁が上告棄却
商法判例集 第7版
Skill 妻と別居中に交際「不倫にならない」は本当?
選挙権ない男性が投票 神戸市長選、期日前投票
国際取引法講義
国民審査の投票用紙紛失 宮崎
法制審議会民事執行法部会第8回会議議事録等
取締役・取締役会制度
米最高裁、トランプ大統領の入国禁止令巡る上告1件退ける
無実の罪で23年間服役の米男性釈放
Before/After 民法改正
法曹養成、5年一貫コース推進 大学を1年短縮 文科省案 
法科大学院、H30年度入学定員は2,330人…ピークより3,495人減
行政法 (伊藤塾試験対策問題集:予備試験論文 8)
文科省、法科大学院の最低評価は1校 
最高裁裁判官国民審査が告示 期日前投票、衆院選と同日から
法学セミナー 2017年 11 月号
原発事故、国と東電に5億賠償命じる 「国は津波予見できた」
原状回復請求は退ける 被災者集団訴訟で福島地裁

新注釈民法17 親族(1)
裁判官の忌避認めず 大飯原発訴訟で最高裁
元特捜部長、弁護士登録申請 捜査資料改ざん・隠蔽で有罪
民法2 物権 第4版 (有斐閣Sシリーズ)
証拠改竄隠蔽事件で有罪の元特捜部長・大坪氏が弁護士申請 大阪弁護士会
「民事訴訟」詐欺、弁護士名乗る男が供託金要求
債権法改正を読む:改正論から学ぶ新民法
弁護士らが日弁連に再質問状 「質問に向き合っていない」 死刑廃止宣言めぐり
解説 民法(債権法)改正のポイント
電通 違法残業に罰金50万円の判決 東京簡裁
電通に罰金50万円 簡裁判決「違法残業が常態化」
新版 弁護士・事務職員のための破産管財の税務と手続
東京地検、大麻所持「量刑重すぎた」 異例の控訴で減刑
「刑重すぎ」 地検が異例の控訴 高裁が刑軽く
契約法(中田裕康)
「日本は機械学習パラダイス」 その理由は著作権法にあり
民法7 親族・相続 第5版 (有斐閣アルマ Specialized)
法科大学院等特別委員会(第82回)配付資料
法制審議会民事執行法部会第7回会議議事録等
民法の基礎から学ぶ 民法改正
「民事執行法の改正に関する中間試案」(平成29年9月8日)のとりまとめ
伊藤真の民法入門 第6版
死刑を求刑「遺産目的極めて悪質」…青酸連続死
青酸不審死、筧被告に死刑求刑「まれにみる凶悪な事件」
デイリー六法2018 平成30年版
名張事件、新証拠を提出 弁護団「封かん紙、貼り直し明らか」
11年前の刺殺容疑で逮捕へ 通り魔事件で服役中の男 
ポケット六法 平成30年版
「旧態依然の働き方」に問題意識突きつける
EU離脱後移行期間の貿易紛争、欧州司法裁が権限維持も=英首相
弁護士が教える IT契約の教科書
国が国賠訴訟促す通知、アスベスト被害の2300人 
新旧対照でわかる 改正債権法の逐条解説

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
いわゆるコンピュータ・ウイルスに関する罪について(PDF)
法曹養成制度関係閣僚会議
民法(債権関係)の改正に関する要綱案
民法の一部を改正する法律案
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成29年司法試験予備試験の結果について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
民事訴訟における事実認定 契約分野別研究(製作及び開発に関する契約)
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等