2019年09月17日

令和元年司法試験の結果について(3)

1.今回は、論文式試験の全科目平均点をみていきます。以下は、これまでの全科目平均点及び受験者数の推移をまとめたものです。全科目平均点の括弧書きは最低ライン未満者を含む数字、受験者数前年比の括弧書きは変化率を示しています(なお、各年の全科目平均点を比較することの意味については、「平成26年司法試験の結果について(4)の補足」を参照。ただし、後記2のとおり、現在ではその意味が薄まってきています。)。昨年以前の年の表記は、平成の元号によります。

全科目
平均点
前年比

受験者数

前年比
18 404.06 ---

2087

---
19 393.91 -10.15

4597

+2510
(+120.2%)
20 378.21
(372.18)
-15.70

6238

+1641
(+35.6%)
21 367.10
(361.85)
-11.11
(-10.33)

7353

+1115
(+17.8%)
22 353.80
(346.10)
-13.30
(-15.70)

8163

+810
(+11.0%)
23 353.05
(344.69)
-0.75
(-1.41)

8765

+602
(+7.3%)
24 363.54
(353.12)
+10.49
(+8.43)
8387 -378
(-4.3%)
25 361.62
(351.18)
-1.92
(-1.94)
7653 -734
(-8.7%)
26 359.16
(344.09)
-2.46
(-7.09)
8015 +362
(+4.7%)
27 376.51
(365.74)
+17.35
(+21.65)
8016 +1
(+0.0%)
28 397.67
(389.72)
+21.16
(+23.98)
6899 -1117
(-13.9%)
29 374.04
(360.53)
-23.63
(-29.19)
5967 -932
(-13.5%)
30 378.08
(369.80)
+4.04
(+9.27)
5238 -729
(-12.2%)
令和元 388.76
(376.39)
+10.68
+6.59
4466 -772
(-14.7%)

 全科目平均点と受験者数の間には、緩やかな逆相関性があります。いつの年にも、上位層というのは、一定の限られた人数しかいないものです。ですから、受験者数が増加することは、下位層の増加を意味することになりやすい。その結果、受験者数が増加すると、全科目平均点は下がりやすい、という緩やかな関係性が生じるわけです。ただし、必ずしも、受験者数の増減幅に応じて全科目平均点が上下する、という関係にはありません。平成25年のように、逆相関の関係にない年もある。「緩やかな」と表現した所以です。とはいえ、平成26年までは、それで概ね説明が付きました

2.しかし、平成27年は、受験者数にほとんど変化がないのに、全科目平均点が急上昇しました。これは、上記の全科目平均点と受験者数の関係性からは説明が付きません。当サイトでは、この異常な全科目平均点の急上昇の主な要因として、考査委員間で得点分布の目安を守ろうという申し合わせがあったのではないか、と説明してきました(「平成27年司法試験の結果について(3)」)。「法科大学院制度がうまくいかないのは、司法試験が難しすぎるせいだ。(法科大学院が悪いのではなく、司法試験委員会が悪い。)」という法科大学院関係者からの批判を契機として、司法試験の成績評価の在り方が、検証の対象とされるようになったからです。

 

法曹の養成に関するフォーラム論点整理(取りまとめ)(平成24年5月10日)より引用。太字強調は筆者。)

 現在の合否判定は,受験者の専門的学識・能力の評価を実質的に反映した合理性のあるものになっているか疑問とする余地があり,合格者数が低迷しているのは合格レベルに達しない受験者が多かったからだと直ちに断定することはできず,合否判定の在り方についても見直す必要があるのではないか,法曹になるために最低限必要な能力は何かという観点から合格水準について検討すべきではないか,新たな法曹養成制度の下で司法試験合格者に求められる専門的学識・能力の内容や程度について,考査委員の間に共通の認識がないのではないか,新司法試験の考査委員には,法科大学院での教育やその趣旨についての理解が十分でないまま,旧来の司法試験と同様の意識や感覚で合否の決定に当たっている者も少なくないのではないかと疑われるとの意見があり,また,この立場から,考査委員の選任や考査委員会議の在り方等について工夫してはどうか(例えば,考査委員代表者を中心にする少人数の作業班により答案の質的レベル評価を反映する合格ラインの決定を行う等)との意見があった。

(引用終わり)

法科大学院特別委員会(第48回)議事録より引用。太字強調は筆者。)

井上正仁座長代理 やはり旧来どおりの司法試験の在り方やその結果が絶対だと見る既存のものの考え方が根強く残っている。新しい法曹養成制度になったときに、制度の趣旨に照らしてその点を見直し、その結果として前のとおりで良いと意識的に判断して、そうしているならば、それはそれで一つの考え方だと思うのですけれども、果たしてそのような意識的な検討が十分なされたのかどうか。新たな法曹養成制度の下で、特に多様なバックグラウンドの方をたくさん受け入れて、法曹の質を豊かなものにしていこうというのが大きな理念であるはずですが、それに適合した選別の仕方がなされているのかどうか。その辺について内部では議論されているのかもしれないのですけれど、司法試験委員会ないし考査委員会議は、守秘義務の壁の向こうにあるものですから、よく分からない。しかし、そういったところも、やはり検証する必要がある

井上正仁座長代理 司法試験については、司法試験委員会ないし法務省の方の見解では、決して数が先にあるのではなく、あくまで各年の司法試験の成績に基づいて、合格水準に達している人を合格させており、その結果として、今の数字になっているというのです。確かに、閣議決定で3,000人というのが目標とはされているのだけれども、受験者の成績がそこまでではないから、2,000ちょっとで止まっているのだというわけです。それに対しては、その合格者決定の仕方が必ずしも外からは見えないこともあり、本当にそうなのかどうか、合格のための要求水準について従来どおりの考え方でやっていないかどうかといった点も検証する必要がある

(引用終わり)

法科大学院特別委員会(第68回)議事録より引用。太字強調は筆者。)

井上正仁座長 法科大学院制度発足のときにも,必ずしも法廷活動を中心にする狭い意味の法曹の育成を専ら念頭に置いていたというわけではなく,社会のいろいろな方面に法曹資格,あるいは,それに匹敵するような能力を備えた人が進出していき,その専門的能力を活(い)かして様々な貢献をするということが目指すべき理想とされ,そういう理念で出発したはずなのですけれども,その後,現実には司法試験というものの比重が非常に重いため,どうしても狭い意味の法曹というところに焦点が絞られるというか,多くの関係者の視野が狭くなってしまっていると言うことだと思います。これまでの本委員会でも,度々同じような御意見が出,議論もあったところですが,何かもう少し具体的な形で議論できるようにすることを考えていきたいと思っています。

(引用終わり)

(「法曹養成制度検討会議取りまとめ」(平成25年6月26日)より引用。太字強調は筆者。)

 具体的な方式・内容,合格基準・合格者決定の在り方に関しては,司法試験委員会において,現状について検証・確認しつつより良い在り方を検討するべく,同委員会の下に,検討体制を整備することが期待される

(引用終わり)

 (「平成28年以降における司法試験の方式・内容等の在り方について」(平成27年6月10日司法試験委員会決定)より引用。太字強調は筆者。)

第3.出題の在り方等についての検証体制

1.検証体制の位置付け

 司法試験考査委員は,これまでも毎年の出題等に関する検証を行ってきたものであるが,今後,出題等に関するより一層の工夫が求められることを踏まえ,その工夫の趣旨や効果等を検証するとともに,各科目・分野を横断して認識を共有し,その後の出題等にいかすため,年ごとに,各科目・分野の考査委員の中から検証担当考査委員を選任し,その年の司法試験実施後において,共同してその年の試験についての検証を行うこととする。

2.検証体制の構成

 検証担当考査委員については,研究者と実務家の考査委員の双方を含めるとともに,実務家については,法曹三者を全て含めることとする。

3.検証の対象

 検証担当考査委員による検証については,その年の短答式試験及び論文式試験の出題のみならず,成績評価や出題趣旨・採点実感等も対象とする

4.検証結果の取扱い

 検証担当考査委員による検証の結果については,適切な方法で司法試験委員会に報告するとともに,その後の出題等にいかすこととする。

(引用終わり)

 (「法曹養成制度改革の更なる推進について」(平成27年6月30日)より引用。太字強調は筆者。)

 司法試験の具体的方式・内容、合格基準・合格者決定の在り方に関しては、司法試 験法の改正等を踏まえ、試験時間等に一定の変更が加えられたものであるが、今後においても、司法試験委員会において、継続的な検証を可能とする体制を整備することとしたことから、検証を通じ、より一層適切な運用がなされることを期待する

(引用終わり)

 

 上記の検証については、偶然に考査委員による情報漏えい問題と時期が一致したために、それとの関係で考えてしまう人もいるかもしれませんが、そうではありません。要するに、「司法試験をもっと簡単にしろ。」という圧力を、司法試験委員会にかけるための仕組みです。「すべての元凶は司法試験が難しすぎるせいであって、法科大学院としてはもうどうしようもない。問題を解決するには司法試験を簡単にするしかない。」という論調は、その後も、法科大学院関係者からたびたび発せられています。このことは、法科大学院関係者ですら、「法科大学院で真面目に講義を受ければ司法試験に合格できる。」とは思っていなかったことを意味しています。近時の受験者合格率の上昇は、このような法科大学院関係者の意向に沿うものといえるでしょう。

 

法科大学院特別委員会(第75回)議事録より引用。太字強調は筆者。)

上田信太郎(北大)委員 私は,法科大学院教育そのものに内在している問題もあるとは思いますけれども,それよりは,やはりちょっと難しいかもしれませんが,司法試験の方をどこか根本的に変えていくほかないのではないかなと。特に今,4人受ければ3人落ちる試験になっています。あるいは5人受けると4人落ちてしまう試験になっています。そうした中で,いわゆる純粋未修と言われている人たちが3年間で法科大学院のカリキュラムを消化していけば,きっちりと受かるというようなことを司法試験の側で示していかないと,なかなか我々法科大学院教育の携わる者として,特効薬というか,そういうものを見付け出していくというのはもう既に難しい段階に来ているのではないかなとも思います。

(引用終わり)

法科大学院特別委員会(第78回)議事録より引用。太字強調は筆者。)

鎌田薫(早大総長)委員 出口で想定している法曹像が,新しい制度を作ったときにイメージしていた法曹像と,実際の司法試験で合格させている人との間のずれが非常に大きいということなのではないかと思うんです。…問題の所在を発見して,どこに問題があって何を調べればいいかということを見通して,自分でちゃんと調べる能力があって,それに基づいて議論を立てて,プレゼンテーションをしてネゴシエーションができる人を想定していたわけで,ありとあらゆる法律に詳細な知識を詰め込んでいるのではない人を作ろうというのがこの制度だったはずですけれども,司法試験はそれに応じた改革がなされていないということであれば,結局,司法試験に通るための準備に四年,五年は最低掛かりますというふうなことになっていくのはやむを得ないのかなと思う反面,そこの目標に達するための手段として,法科大学院に行くほかに予備試験があるという制度が存在しているとしたら,法科大学院というのは一体どんな役割を果たすのか。それぐらいだったら,学部で四年,五年,しっかりやればいい。そこに,なぜ法科大学院が上に乗らないといけないのかの説明が,ますます難しくなってきているのだろうと思いますので,その辺のところをきちんと正当化できるような議論と組み合わせてやっていただくと同時に,未修者が,もう未修の法曹資格者を日本社会は期待していないのだというふうな感覚を持たないで済むような説明のできる新しい制度というのを是非作っていただきたいということを,次の期の委員会には期待したいと思います。

 (中略)

井上正仁(早大)座長 法曹となる段階で要求される学力ないし専門的学識が相当レベルの高いものであり,それがそのまま維持されたままですと,学力不足とされる人が増えることになるおそれが出てきます。そして,それがまた,ロースクールを出ても役に立たない,ロースクールは役割を果たしていない,といった評価に走らせかねませんので,その辺のところをやはり十分注意深く考えていく必要があると思うのです。一つは,個々のニーズに応じた柔軟な教育課程の組み方を可能にするということで,短縮してもやっていける人はそれでいいのですけれども,今の2年,あるいは3年の教育課程でも学力不足という人が実際かなりいるわけで,そういう人にはむしろ,もっと時間を掛けた教育をしないといけない。そういうことが可能なような制度の組み方を考えていかないといけないということです。もう一つは,短縮ということを本当にやろうとするなら,出口の方の司法試験もそれに適切に対応して変えてもらわなければならないということです。もちろん,法曹となって利用者に適切な法的サービスを提供できることを担保するためには,最低限一定レベル以上の学力,学識があることを確認することが不可欠ですから,それよりレベルを下げろということではないのはもちろんですけれども,やはり,それに先立つ教育期間の短縮ということを踏まえて,司法試験の範囲や問題内容,その難度をについて見直すことをやっていただく必要があるだろうということです。

(引用終わり) 

法科大学院等特別委員会第80回議事録より引用。太字強調は筆者。)

井上正仁(早大)座長 我々としてできることは限られており,その結果,どうしても後手後手に回ってしまって,志望者がどんどん減っていく。法科大学院として集めたくないわけではなく,集めようと努力してきたにも拘わらず,学生の方が志望してこなくなってきているというのが実情なのですね。それはなぜかといいますと,様々な原因があるのでしょうが,やはり最も大きいのは司法試験が難関であることであって,特に法学部出身でない学生がその難関を突破することがますます難しくなっており,それが更に志望者の減につながっていっている。つまり,そのような状況では,特に社会人の方とか,いろいろなバックグラウンドの人たちも,法科大学院に入ってからの確固としたキャリアプランが描けないわけで,そういうところにリスクを冒して入ってきてくれるかというと,それはかなり無理な話になっている。そういう構造的な問題点をどうにかして変えていかない限り,問題は解消しないのですけれど,その点で私たちとしてできることには限界があって,そこを崩せないでいる。

 (中略)

井上正仁(早大)座長 法科大学院を中核とする新たな法曹養成制度を構想し,制度設計した当初も,グローバル化にどう対応するかということが司法制度改革全体の大きなテーマの一つで,法曹養成の育成についても,狭い意味の法曹ばかりではなく,国際的な視野と学識・能力を備えた人材を育てていくことが大きな目標だったのですね。ただ,その場合,法科大学院すべてが,そういった同じ目標に向かって一丸となって進んでいくということではなく,国際的な方向だけに限らず多様な人材を育成することが重要で,それぞれの法科大学院が各々,得意分野を持ってそれを目標にしていくべきだといのが司法制度改革審議会の提言であり,全体の改革の方向だったわけです。
 そして,制度発足当初は,そういう特色を示そうとした法科大学院も少なからずあったのですが,難関の司法試験との関係で次第に萎縮してしまい,本来の企図がなかなか実現できなくなったというのが実情だと思います。

 (中略)

大貫裕之(中央大) 委員 司法試験の問題の在り方,司法試験との連携の在り方を考えないとちょっとなかなかこの議論はつらいのかなと思います。直感的に申し上げますと,重い司法試験を前提にして,重い教育を前提にして,その教育期間を延ばしているだけではないかという印象がないわけではないんです。未修に関していうと,純粋未修に関して完全に教育期間は長くなるわけですね。本当にそれでいいのかなという気はしておりまして,ここでやるべきことではないということは十分分かっていますけれども,司法試験との連携ということが必要だということは,やはり繰り返し申し上げたいなというのがまず第1点です。

(引用終わり)

法科大学院等特別委員会(第83回)議事録より引用。太字強調は筆者。)

大貫裕之(中央大) 委員 法科大学院成績と司法試験の成績の相関関係について調べたところを見ると,法科大学院の成績が同じである人が司法試験を受けると,ダブルスコアで未修の方が悪いわけです。これはどう理解するかは非常に重要な論点です。私は司法試験の方も,法科大学院の教育に合わせてくれということではないですが,法科大学院の教育と適切な連携を図ったものにより一層なっていただきたいと思っています。

(引用終わり)

  

 さて、本題に戻ります。得点分布の目安が守られた場合の全科目平均点を試算すると、概ね374.6点となります(「平成27年司法試験の結果について(3)」)。「考査委員が得点分布の目安を守ろうとした。」という仮説を前提にすると、全科目平均点は、この374.6点に近い数字になるでしょう。そこで、そのような目で、平成27年以降の全科目平均点を改めてみてみましょう。


全科目
平均点
平成27 376.51
(365.74)
平成28 397.67
(389.72)
平成29 374.04
(360.53)
平成30 378.08
(369.80)
令和元 388.76
(376.39)

 年によってブレはありますが、概ね374.6点の前後で推移しています。現在のところ、「考査委員が得点分布の目安を守ろうとした。」という仮説でそれなりに説明が付くことが確認できました。
 このように、全科目平均点を一定の数字に近づけるような採点がされるようになってくると、各年の全科目平均点を比較しても、受験生のレベルの変化を測ることが困難になっていきます。

3.「考査委員が得点分布の目安を守ろうとした。」という仮説が正しいとするなら、これは今後も同様の傾向となるでしょう。すなわち、全科目平均点は、374点前後で推移するだろう、と予測できることになります。
 現在のところ、全科目平均点がどのくらいの水準であるかは、合否の決定には直接の影響はないといえます。司法試験の合否は、「2000人基準」、「1800人基準」、「1500人基準」というように、人数を基準にして決定されてきたからです(「令和元年司法試験の結果について(1)」)。つまり、受験者合格率に変化がない限り、全科目平均点が上がればそれに応じて合格点も上がるし、全科目平均点が下がれば合格点もそれに応じて下がるので、全科目平均点が上がったから難易度が下がるとか、全科目平均点が下がったから難易度が上がるということはない。ただし、全科目平均点の水準は、間接的に、最低ライン未満になりやすいか否かや、採点実感等に関する意見における評価区分(優秀、良好、一応の水準及び不良)の読み方等に影響してきます。この点については、後の記事で、詳しく説明したいと思います。 

posted by studyweb5 at 08:40| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする

2019年09月16日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2019年09月16日

2019年09月15日のtweet


posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
憲法論点教室 第2版
令和元年司法試験の結果について
司法試験の問題と解説2019 (別冊法学セミナー)
令和元年司法試験最終合格発表に関する会長談話
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (5) 行政法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
司法試験合格者1502人 新試験で過去最少を更新 合格率33.63%で過去最高
司法試験1502人合格 政府目標は上回る
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (6) 商法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
司法試験合格者1502人、合格率は京大がトップ
2019年の司法試験 合格者は1502人、大学別合格率は京大が62.7%でトップ
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (8) 刑事訴訟法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
19年司法試験、1502人合格=受験者は7年で半減
65歳で司法試験合格「丸暗記の勉強法はダメ」
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (7) 民事訴訟法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
令和2年司法試験予備試験試験会場の公募について
司法試験合格者のための進路説明会
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (2) 民法(1) 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
弁護士のリアルな1日や仕事内容が分かる! 「弁護士に会ってみよう!」イベントレポート
解説! GDPRの概要3 (忘れられる権利)(弁護士 山村真登の法律コラム)
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (4) 刑法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
任期付職員(弁護士)の募集について(訟務局・令和元年11月採用)
新法相、夫婦別姓と同性婚は「家族のあり方の根幹に関わる」…死刑廃止は「適当ではない」
司法試験・予備試験 体系別短答式過去問集 (1) 憲法 2020年 (W(WASEDA)セミナー)
「命を守るという親として最低限度の行動を起こさなかった」検察が懲役11年を求刑した理由
「死にたい」と泣き崩れた船戸優里被告、最後の被告人質問
新・司法試験予備試験に独学合格する方法
報酬かさ上げ、検察も把握=事件化困難か-日産西川社長
諫干最高裁判決 国の責任で「農漁共存」
法学セミナー 2019年 10 月号
<諫早訴訟>差し戻し審で「和解の場を」 漁業者側弁護団が声明
「司法の信頼保たれた」=胸なで下ろす漁業者側―諫早訴訟
家族法改正を読む:親族・相続法改正のポイントとトレンド
諫干「争いいつまで」 漁業者「混迷、国の責任重い」
漁業者の開門請求権認める
多数当事者間契約の研究
「宝の海」めぐり地域分断…複雑な構図も 諫早、現場の素顔
諫早湾訴訟、司法判断の「ねじれ」とは(Q&A)
解説 民法(相続法)改正のポイント
翻弄された諫早干拓 最高裁審理差し戻し 「今回で解決したかった」開門反対営農者らさらなる長期化に落胆
<諫早訴訟>最高裁、開門確定判決の特殊性も指摘
論点体系 判例民法<第3版> 9 不法行為II
諫早湾干拓訴訟、最高裁が国勝訴の高裁判決破棄
「憤りが原動力」=避難者の告訴が一歩-東電強制起訴公判
論点体系 判例民法<第3版> 8 不法行為I
津波予見可能性、どう判断=旧経営陣、全面対決-東電公判19日判決・東京地裁
仲の悪い兄弟…相続相談にのる税理士に弁護士から一本の電話
抵当権「代位」の法構造―担保法学研究、その理論と実務
1000万円近い請求金額が…子の自死による賃貸物件の損害賠償
被害者保護の「当番弁護士制度」導入を  遺族ら支援の弁護士が提唱
離婚に伴う財産分与-裁判官の視点にみる分与の実務-
男性自認の受刑者に女性下着強制 刑務所に弁護士会勧告
「裁判長が検察に偏っていた」強盗事件弁護人が地裁提訴
【プロセス講義】民法2 物権 (プロセス講義民法シリーズ)
弁護士ドットコム、ウェブ完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のサービスロゴを刷新
病院経営に常勤弁護士というパートナーを~ C&Rリーガル・エージェンシー社の「院内弁護士紹介」 ~
売買における買主の追完請求権の基礎づけと内容確定
冷めたおでんを警察官に投げつけた男を逮捕…もしも、「熱々」だったら?
人工知能弁護士時代=韓国
リーガルAIと弁護士がガチ対決 気になるその結果は?
評伝 法学博士 星野通先生 ある進歩的民法・民法典研究者の学者人生
【熱血弁護士・堀内恭彦の一筆両断】条例でヘイトスピーチに「罰則」
アメリカ初の自閉症を公言した弁護士 「違うことは特別なこと」
アガルートの司法試験・予備試験 総合講義1問1答 民法
米最高裁、難民抑制措置を支持=トランプ政権は歓迎
米最高裁、政権の難民申請制限を支持 訴訟中の実施認める
法廷は日本ムラの象徴だ! 元最高裁裁判官が語る日本人のタコツボ化
非占有動産担保の競合 (北九州市立大学法政叢書21)
法科大学院等特別委員会(第94回) 配付資料
司法修習ドットコム、司法修習生向け求人情報提供サービスを開始
行政法 第6版
令和元年司法試験合格発表の日時等について
【第73期司法修習予定者対象】合同就職説明会(10月12日)のご案内(大阪弁護士会)
2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 民事訴訟法【逐条型テキスト】
トリエンナーレ政治家発言憲法学者はこう考えた
最高裁判所判事に就任した林氏が会見 「真相に迫った良い解決を導きたい」
2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 刑事訴訟法【逐条型テキスト】
例大祭に公費支出 「政教分離 違反しない」 須坂市長が見解
民事裁判の審理、半年以内に 最高裁判所などの研究会が検討
予備試験短答過去問パーフェクト 令和元年 単年度版
中学教師から15歳で性被害、女性が控訴「子どもが受けた性暴力の特殊性に理解を」
高松市一家4人切りつけ事件 最高裁が上告棄却し男の実刑確定
司法試験短答過去問パーフェクト 令和元年 単年度版
「これ送れば捕まらない」ネットのデマ信じて逮捕 弁護士が検証
池袋母子死亡暴走事故 加害者はなぜ逮捕されないのか…逮捕の必要性とは
2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 刑法【逐条型テキスト】
弁護士が失業? AIで法務が劇的に簡素化
企業法務弁護士が語る「ベンチャー企業へのカーブアウト」
~顧問弁護士への相談時間も繰り越せる時代~ “フレックス顧問契約” 
2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 行政法【逐条型テキスト】
母親のむせび泣きが法廷に響いた。結愛ちゃん死の直前に夫が暴行「知らなかった」【目黒5歳児虐待死裁判・詳報①】
「体重が200g減ったら、チョコレートをこのくらい」異様な食事の実態【目黒5歳児虐待死裁判・母親への質問①】
母親「私と夫が結愛を追い込んだ」 結愛ちゃんノートの訴えに涙 目黒女児虐待死
2020年版 司法試験&予備試験 完全整理択一六法 憲法【逐条型テキスト】
宇都宮元日弁連会長「日本の企業は韓国最高裁の判決を受け入れるべき」
「N国党」新宿区議員の当選が取り消された理屈
個人情報保護法制
純粋な悪…19歳で一家4人を惨殺した男の「恐るべき素顔」と「誤算」
日本刀横領、会社代表の実刑確定へ
地方自治法 (Next教科書シリーズ)
坂本弁護士一家を慰霊 殺害30年、遺体発見現場で 
道弁連、総理演説ヤジ排除の根拠を道警に要求
行政法研究【第31号】
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成31年司法試験予備試験の実施について
令和元年司法試験の結果について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判 平成30年版
プロシーディングス刑事裁判 平成30年版
検察講義案 平成27年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等