2022年06月22日

令和4年司法試験論文式刑事系第2問参考答案

【答案のコンセプトについて】

1.当サイトでは、平成27年から令和元年まで、規範の明示と事実の摘示に特化した参考答案を掲載してきました(「令和元年司法試験論文式公法系第1問参考答案」参照)。それは、限られた時間内に効率よく配点の高い事項を書き切るための、1つの方法論を示すものとして、一定の効果をあげてきたと感じています。現在では、規範の明示と事実の摘示を重視した論述のイメージは、広く受験生に共有されるようになってきているといえるでしょう。
 その一方で、弊害も徐々に感じられるようになってきました。規範の明示と事実の摘示に特化することは、極端な例を示すことで、論述の具体的なイメージを掴みやすくすることには有益ですが、実戦的でない面を含んでいます。
 また、当サイトが規範の明示と事実の摘示の重要性を強調していた趣旨は、多くの受験生が、理由付けや事実の評価を過度に評価して書こうとすることにありました。時間が足りないのに無理をして理由付けや事実の評価を書こうとすることにより、肝心の規範と事実を書き切れなくなり、不合格となることは避けるべきだ、ということです。その背景には、事務処理が極めて重視される論文の出題傾向がありました。このことは、逆にいえば、事務処理の量が少なめの問題が出題され、時間に余裕ができた場合には、理由付けや事実の評価を付すことも当然に必要となる、ということを意味しています。しかし、規範の明示と事実の摘示に特化した参考答案ばかり掲載することによって、いかなる場合にも一切理由付けや事実の評価をしてはいけないかのような誤解を招きかねない、という面もあったように感じます。
 上記の弊害は、司法試験の検証結果に基づいて、意識的に事務処理の比重を下げようとする近時の方向性(「検証担当考査委員による令和元年司法試験の検証結果について」)を踏まえたとき、今後、より顕著となってくるであろうと予測されます。
 以上のことから、平成27年から令和元年までに掲載してきたスタイルの参考答案は、既にその役割を終えたと評価し得る時期に来ていると考えました。そこで、令和2年からは、必ずしも規範の明示と事実の摘示に特化しない参考答案を掲載することとしています。

2.刑訴法は、論点がわかりやすい反面、事例分析の難易度が高い問題でした。論点が複雑でないという点では、意識的に事務処理の比重を下げようとする近時の方向性に合致する内容といえますが、その一方で、事例から意味のある事実を抽出して、整理することは難しくなっているため、予備校答練のような多論点型問題に慣れていると、対応することが難しいかもしれません。
 設問1は、まず、おとり捜査の定義を書いて当てはめる必要がないというのがちょっとしたポイントです。

問題文より引用。太字強調は筆者。)

〔設問1〕
 【事例1】記載のおとり捜査の適法性について、具体的事実を摘示しつつ論じなさい。

(引用終わり)

 設問で、わざわざ「おとり捜査」と断言されているわけですから、おとり捜査であるか否かを検討する必要がないことは明らかです。書いても単純に余事記載と扱われるだけでしょうが、貴重な時間をロスすることになります。このような場合、問題文を読んで気付いた時点で、忘れないように印を付ける等して、うっかりしないようにしておくべきでしょう。その時はわかっていたつもりでも、答案構成段階でうっかり忘れてしまったり、構成段階でわかっていても、答案を書く段階で、いつものクセで書いてしまいがちです。ちょっとしたことだと思うかもしれませんが、現場の作業工程としては重要なことです。
 おとり捜査が出題された場合、理論と事例処理のどちらがメインか、見分ける必要があります。仮に、理論面が問われていそうなら、おとり捜査が違法となり得る根拠について、対象者の人格的利益を重視するか、捜査の公正を重視するか、惹起される犯罪の保護法益を重視するか、自説を示しつつ、要件を導出すべきことになるでしょう。他方で、事例処理がメインであれば、大阪大麻所持おとり捜査事件判例を端的に示して、当てはめに入ればいい本問が後者の場合であることは、過去問を検討していれば判断できたでしょう。当てはめで考慮すべき要素がとても多く、令和2年のような理論を問う趣旨の設問もないからです。

令和2年司法試験論文式試験刑事系第2問問題文より引用。太字強調は筆者。)

〔設問2〕
1.自白に対する,自白法則及び違法収集証拠排除法則の適用の在り方について論じなさい
2.1で論じた自己の見解に基づき,下線部①の取調べで得られた甲の自白の証拠能力について,具体的事実を摘示しつつ論じなさい。

(引用終わり)

 同じくおとり捜査が問われていても、当てはめ要素が少なかった平成22年司法試験や、同24年予備試験とは、この点が違います。ちなみに、大阪大麻所持おとり捜査事件判例の規範については、「『少なくとも』って書いてあるから規範として意味ないですよ!答案で絶対に使わないで下さいね!」等の説明がされることがあるようですが、適切ではありません。

大阪大麻所持おとり捜査事件判例より引用。太字強調は筆者。)

 少なくとも,直接の被害者がいない薬物犯罪等の捜査において,通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難である場合に,機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは,刑訴法197条1項に基づく任意捜査として許容されるものと解すべきである。

(引用終わり)

 判例が、「少なくともこれこれの場合はオッケーだよ。」と明言しているのだから、その場合に当たるかを検討することが無意味なわけがない(※)。この「少なくとも」は、直接の被害者がいる犯罪類型(特殊詐欺における騙されたフリ作戦等)が出題されたような変化球に対応する場合に、以下のような感じで使うべきものです。
 ※ 「少なくとも」の文言の有無にかかわらず、ほとんどの判例は、その事件の解決を念頭に規範を定立しているので、「いつも必ずこの規範だけを使う。」とか、「この規範に当たらない場合は一切の例外なく絶対ダメ」という趣旨ではなく、「少なくとも本件では」という趣旨であることが普通です。だからこそ、「判例の射程」という問題が生じるのです。このことは、学説も同様で、「おとり捜査によって捜査対象者の人格的利益の侵害は生じない。」とする説も、あらゆる場合にそのような説明をするつもりではなく、例えば、捜査対象者の恋愛感情を利用し、犯罪に陥れて逮捕するような事例では、人格的利益の侵害を認めるでしょう。その意味で、「少なくとも典型的なおとり捜査とされる事例においては」という黙示の留保が付いているのです。このことは、少しひねりの入った問題が出題されたときに、覚えた論証をそのまま貼り付けてよいか、を判断するための1つの留意点でもあります。

【論述例】
 直接の被害者がいない薬物犯罪等の捜査において、通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難である場合に、機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは、197条1項に基づく任意捜査として許容される(大阪大麻所持おとり捜査事件判例参照)。
 被疑事実は詐欺罪で、直接の被害者がいる犯罪類型である。もっとも、上記判例が直接の被害者がいない犯罪を対象とした趣旨は、おとり捜査で惹起される犯罪によって直接の被害者に法益侵害が生じるときは、原則として捜査の必要性との均衡を欠くという点にある。したがって、捜査官が常時追跡し、被害者が財物を交付する前に検挙する等、直接の被害者に法益侵害が生じない状況が担保されるときは、おとり捜査を許容する余地がある。同判例が「少なくとも」としたのは、その趣旨である。

 もちろん、理論メインで問われた場合に判例の規範を書くだけではまずいでしょうが、本問は事例処理がメインで、かつ、上記判例の規範が当てはまる事案なのですから、理由付けを示して自説を書くよりも、端的に判例の規範を示して当てはめを充実させた方が得点効率が良いでしょう。後は当てはめ大魔神なのですが、甲が渋った理由、サンプル入手段階での捜査状況、好条件提示との関係等の諸要素について、きちんと方向性を示しつつ整理して事実を摘示できるかで、差が付くでしょう。本問は論点がシンプルなので、事実の評価までやっておきたいところですが、そこまではできなくても、それぞれの事実が肯定・否定のどちらの方向を向いているかは、「確かに」、「しかし」を使えば最低限示すことができるはずです。おとり捜査に関しては、抽象論を長く書きたがる人が多いのですが、本問のように事例処理がメインになっている場合には、「抽象論が丁寧で当てはめがスカスカ」は典型的な不合格答案です。他方で、「抽象論がスカスカで当てはめが丁寧」は良好レベルの合格答案です。このことは、刑訴で特に顕著な傾向(「令和3年司法試験の結果について(5)」)ですから、留意すべきでしょう。

 設問2小問1は、訴因変更の要否が問われていることは明らかです。ただ、設問の問い方が若干紛らわしい

問題文より引用。太字強調は筆者。)

〔設問2〕
 1 裁判所が、前記の心証に至った理由を説示した上で、【資料1】の公訴事実に対して【資料2】の罪となるべき事実を認定し、判決をすることが許されるかについて論じなさい

(引用終わり)

 上記の「説示した上で」を、「裁判所が前記の心証に至った理由を解答した上で」という趣旨に読んで、これを答案で説明した人が一定数いたでしょう。「裁判所が」の後に読点が打ってあることや、「説示」の文言に違和感を覚えつつも、万が一問われていたら怖いから書いた、という人もいたかもしれませんが、これは小問2と比較すれば、容易に解答不要と判断できたはずです。

問題文より引用。太字強調は筆者。)

 この場合、裁判所が、前記の心証に従い、事実認定の理由として、共謀が成立したのは同月2日である旨説示した上で、【資料3】のとおりの事実を罪となるべき事実として認定し、判決をすることが許されるかについて論じなさい。

(引用終わり)

 上記の「説示した上で」は、「裁判所が、前記の心証に従い、事実認定の理由として、共謀が成立したのは同月2日である旨を解答した上で」という趣旨に読めないことが明らかです。同じような表現を用いていて、一方だけ解答を求めるということはあり得ない。ですから、小問1も、「裁判所が前記の心証に至った理由を解答した上で」と読んではいけないのです。もっとも、答案に「乙が室内に灯油を散布し、その灯油に何らかの方法により着火させたことは認定できる理由」を書いてしまっても、意外と評価を落とさないかもしれません。それはなぜかというと、本問では、次に説明するとおり、それが訴因変更の要否に関する重要な考慮要素となっているからです。本問も判例の規範を示して当てはめ大魔神するだけなのですが、その内容は事実認定の要素を含んでおり、結構難易度が高いです。明快に整理できなくても、事実認定の要素を何とか答案上に示すことができれば、評価されるでしょう。すなわち、事実認定部分に配点があるということになる。問題の読み方を誤って、答案で「裁判所が前記の心証に至った理由」を説明した人は、必然的に、この事実認定の要素が入ってくるので、意外とその配点を取ってしまうかもしれません。なので、発表後の上位再現答案の解説等で、「上位答案は「裁判所が前記の心証に至った理由」を書いているので、この点が問われていたはずだ。」等と言われることになるかもしれませんが、それは適切な説明ではありません。なお、本問は点火スイッチ事件判例を素材とした事例で、知っていれば一応は手掛かりにはなりますが、この判例自体、なかなか理解が難しいので、現場でこの判例を想起しても、あまり参考にならなかったでしょう。現場で自分なりに考えて、不意打ちになるとすればどうしてなのか、それでもなお不意打ちにならないと評価できるのはどうしてなのか方向性を示しつつ、最低でも事実だけは摘示して書く。単に、「証言の内容で他の着火方法があるのはわかるし、裁判所も追加の主張・立証がないか確認してるからオッケーじゃん。」という感じの雑な答案が結構出てきそうなので、それなりに差が付きそうです。
 小問2は、平成29年予備試験の設問2とほぼ同じです。論点の中身については、以前の記事(「平成29年予備試験論文式刑訴法参考答案」)で詳細に説明しました。予備試験より時間・紙幅に余裕があるので、事実の摘示だけでなく、できれば評価も頑張りたいところです。予備試験合格組であれば、平成29年の過去問は解いているはずなので、なおさら評価まで書けたでしょう。刑訴に限らず、予備試験と司法試験は出題論点が重なることがそれなりにあるので、司法試験受験生も、予備試験の問題は解いておくべきです。
 参考答案中の太字強調部分は、「司法試験定義趣旨論証集刑訴法」、「司法試験平成29年最新判例ノート」の付録論証例集に準拠した部分です。

【参考答案】

第1.設問1

1.強制処分(刑訴法197条1項ただし書)とは、個人の意思を制圧して憲法の保障する重要な法的利益を侵害するものをいう(GPS捜査事件判例参照)

(1)合理的に推認される個人の意思に反して秘かに行われる場合には、個人の意思を制圧するものといえる(GPS捜査事件判例参照)
 おとり捜査の対象とされることに甲が承諾することはおよそ考えられないから、合理的に推認される甲の意思に反して秘かに行われており、個人の意思を制圧する。

(2)もっとも、甲はあくまで自己の意思で行動しており、憲法の保障する重要な法的利益を侵害するとはいえない。

(3)以上から、強制処分には当たらない。

2.直接の被害者がいない薬物犯罪等の捜査において、通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難である場合に、機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象におとり捜査を行うことは、197条1項に基づく任意捜査として許容される(大阪大麻所持おとり捜査事件判例参照)

(1)大麻密売に係る大麻取締法違反は、直接の被害者がいない薬物犯罪等といえる。

(2)ア.一般に、薬物犯罪は密行性がある。加えて、甲は氏名不詳で契約名義の異なる携帯電話を順次使用し、身元・所在地は関係者の供述からも不明で逮捕困難であった。甲がAにかけてきた電話番号の契約名義人は実在しなかった。令和3年11月20日以前において、通常の捜査方法のみでは摘発が困難であった。

イ.確かに、同日、Aの架電で甲が今でも大麻を密売していることを確認でき、同月23日に宿泊施設で会った時に、甲は乾燥大麻100gを現に所持し、逮捕の機会があった。甲からは「10キロ程度なら扱うこともある。」との話が出ており、甲は多量大麻を扱うことを認めた。同日以降は、甲を逮捕して取り調べる等の通常の捜査方法でも摘発困難でなかったとみえる。
 しかし、同日に甲が所持したサンプルが現実に大麻であるかは、後で確認して判明するから、それが偽物であれば、大麻所持を立証できない。Pが甲と別れた後、I警察署の司法警察員らは甲を尾行したが、途中で見失ったから、大麻が本物とわかってから逮捕することはできなかった。「10キロ程度なら扱うこともある。」発言が録音等された事実がなく、甲を逮捕して取り調べても、黙秘され、100gという少量の大麻取引しか明らかにできないおそれがある。甲の大掛かりな大麻密売を明らかにするには、現実に多量の大麻を持参させることが必要であった。
 以上から、同月23日以降も、通常の捜査方法のみでは当該犯罪の摘発が困難であった。

(3)ア.確かに、甲は、「気が進まない。」、「明日の取引は取りやめたい。」と述べ、Pが「1.5倍の代金を払う。」旨述べても、渋る態度を示した。
 しかし、甲は、「Aの紹介でもあるし、サンプルの件は分かった。」、「10キロ程度なら扱うこともある。」と述べ、機会があれば大麻密売を行う意思を一貫して示した。甲は、「安全に取引できる場所があるのか不安なので」、「危険を感じたら行かない。」、「密売人の摘発が続いているようで、嫌な予感がする。」と述べ、取引を渋った理由は、摘発を恐れただけと評価でき、十分安全な機会が提供されれば密売を行う一貫した意思があったといえる。

イ.機会提供であっても、働きかけが相当な範囲を逸脱したときは、犯意誘発と同視される。
 確かに、Pは、甲が渋ると、「1.5倍の代金を払う。」、「同じ単価で10キロをまとめて買ってもよい。」と述べ、代金1.5倍で当初の倍の量をまとめて買うという好条件を提示した。犯意が強固でなかった甲を好条件提示により犯罪に陥れる過剰な働きかけとみえる。
 しかし、甲はあくまで摘発のリスクを考慮して渋ったのであり、取引に応じたのは、Pは古くからX組と交遊し、取引もある信用できる人物であるとAから聞いたことも踏まえ、摘発のリスクを考慮しても利益が上回ると判断したからで、犯意が強固でなかった甲を犯罪に陥れたとは評価できない。働きかけが相当な範囲を逸脱したとはいえない。

ウ.以上から、機会があれば犯罪を行う意思があると疑われる者を対象とした。

3.よって、事例1のおとり捜査は適法である。

第2.設問2

1.小問1

(1)資料1の訴因(256条3項)と資料2の犯罪事実(335条1項)では着火方法が異なる。訴因変更(312条1項)を要するか(378条3号参照)。

(2)現行刑訴法は当事者主義を採用したと考えられる(256条3項、312条1項)から、審判対象は、検察官の主張する具体的な犯罪事実、すなわち、訴因である

ア.訴因の特定に必要な事項に変動が生じた場合には、審判対象の確定の見地から、訴因変更を要する(青森保険金目的放火・殺人事件判例参照)。訴因の特定に必要かは、他の犯罪事実との区別が可能か、起訴に係る罪の構成要件に該当するかどうかを判定できるかで判断する(包括一罪となる傷害罪の訴因に関する判例参照)
 非現住建造物放火の実行行為は、放火である(刑法109条1項)。その方法は問わない。着火方法の特定がなくても、日時、場所、放火の客体等によって他の犯罪事実との区別が可能であり、同罪の構成要件に該当するかを判定できる。
 したがって、着火方法は訴因の特定に必要な事項でない。

イ.一般的に被告人の防御にとって重要な事項に変動が生じた場合には、被告人の防御の具体的な状況等の審理の経過に照らし、被告人に不意打ちを与えるものではないと認められ、かつ、判決で認定される事実が訴因に記載された事実と比べて被告人にとってより不利益であるとはいえないときを除き、訴因変更を要する(青森保険金目的放火・殺人事件判例参照)

(ア)着火方法は非現住建造物放火の実行行為の内容をなし、一般的には被告人の防御にとって重要な事項である。

(イ)確かに、乙・弁護人は、「石油ストーブを見ると、傍らの乾燥大麻が燃えていた。」と失火を主張し、着火態様は故意の有無を左右する争点とみえる。火災科学の専門家の証人尋問で、石油ストーブを倒す方法は、「矛盾はない。」とされるにとどまり、他の着火可能性について、「例えば、可燃物に火をつけて散布された灯油に着火させることも可能と考えられる。」とされた。石油ストーブを倒す方法で着火したことに合理的な疑いを生じさせる証言であるから、検察官としては、裁判所から追加の主張、立証の予定があるかを確認された際に、他の着火方法の予備的主張を追加等すべきであったとみる余地がある。弁護人も追加の主張、立証の予定はないと回答したが、これは、上記訴訟経過から、資料1の訴因では着火方法の立証ができないとして、追加の主張・立証を要しないと判断したためとも考えられ、仮に、検察官が資料2の事実に訴因変更をしたとすれば、弁護人の主張・立証活動に変化が生じた可能性がある。
 しかし、故意に着火したかを左右する重要な間接事実は、着火方法でなく、人為的に灯油がまかれたか否かである。日常生活において灯油を人為的に部屋にまくことは考えられず、人為的に灯油がまかれた事実は、故意に着火したことを強く推認させるからである。乙・弁護人は、「灯油をまいてもいない。」と主張し、この点を具体的に争った。証人尋問において、検察官・弁護人の尋問を通じて、「焼け残った床面の広い範囲から灯油が検出されたことからすると、人為的に灯油がまかれたと考えるのが自然である。」と証言された。
 以上の審理経過から、乙・弁護人は、人為的に灯油がまかれたかについて、尋問等の具体的防御の機会があった。弁護人が追加の主張・立証等の予定がないと回答したのは、人為的に灯油がまかれたとの認定を前提とする限り、予備的に着火方法を争ったとしても故意の放火を否定しがたいからと考えられる。したがって、着火方法について異なる認定をしても、被告人に不意打ちを与えない。
 また、点火したストーブを倒す方法か、それ以外の方法かで、犯情は異ならないから、資料1が資料2と比べて被告人にとってより不利益であるとはいえない。

ウ.以上から、訴因変更を要しない。

(3)よって、資料1に対して資料2を認定し、判決をすることが許される。

2.小問2

(1)検察官の釈明内容は当然に訴因を構成しないが、当初訴因が不特定で、その補正の趣旨で釈明されたときは、その内容は訴因を構成する。

ア.資料3の訴因に共謀の成立日、場所の記載はなく、釈明は、これらを令和3年11月1日、本件家屋内とする。
 同訴因で、令和3年11月26日午後2時頃、H県I市〇町△丁目×番地所在の木造スレート葺2階建て、床面積合計約98.6平方メートルの家屋を全焼させたと記載されているから、共謀の成立日、場所がどのようなものであれ、上記記載で特定された非現住建造物放火以外の罪に係る共謀を指す余地はない。したがって、他の犯罪事実との区別が可能である。
 また、同訴因は、「共謀の上…現に人が住居に使用せず、かつ、現に人がいないBが所有する家屋…に…火を放ち…よって…同家屋を全焼させて焼損した」とされ、非現住建造物放火に係る共同正犯の構成要件に該当するかを判定できる。

イ.以上から、共謀の成立日、場所は訴因の特定に不要である(練馬事件判例参照)。資料3の訴因に不特定はなく、上記釈明は不特定訴因補正の趣旨でないから、訴因を構成しない。

(2)訴因に含まれない事実であっても、一般的に被告人の防御にとって重要な事項について、当事者の前提とする事実と異なる事実を認定する場合には、被告人の防御の具体的な状況等の審理の経過に照らし、被告人に不意打ちを与えるものではないと認められ、かつ、判決で認定される事実が当事者の前提とする事実と比べて被告人にとってより不利益であるとはいえないときを除き、裁判所は、求釈明(規則208条1項)等によって争点を顕在化させる措置をとることを要する(よど号ハイジャック事件判例及び訴因変更に関する青森保険金目的放火・殺人事件判例参照)
 共謀の成立日、場所は、一般的に被告人の防御にとって重要な事項である。検察官は冒頭陳述で、令和3年11月1日、共謀が成立した場所を本件家屋内と釈明した。これに対し、弁護人は、「検察官が乙との共謀が成立したと主張する日は、甲は、一日中、K県L市内にある自宅にいて、本件家屋には行っていない。」旨述べてアリバイを主張した。証人尋問において、乙は、「同月1日、甲から放火の指示を受けた。」と証言し、これに対し、弁護人は、その証言の信用性を弾劾する反対尋問をした。裁判所も、アリバイの主張を念頭に、その日の甲及び乙の行動について補充尋問をした。甲は、被告人質問においても同日のアリバイを述べ、検察官・裁判所も、同日中の行動について甲に質問した。以上の審理経過から、裁判所が共謀成立日を同月2日と説示して資料3を認定し、判決することは、同月2日の共謀について何ら防御していない被告人に不意打ちを与える。
 したがって、裁判所は、共謀成立日が同月1日ではなく同月2日との心証をえた以上、その旨を検察官・弁護人に示して2日のアリバイの有無等について主張・立証をうながす等の争点顕在化措置をとることを要し、そのまま資料3を認定して判決することはできない。

(3)よって、裁判所は、上記判決をすることは許されない。

以上
posted by studyweb5 at 17:27| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2022年06月16日

令和4年司法試験論文式刑事系第1問参考答案

【答案のコンセプトについて】

1.当サイトでは、平成27年から令和元年まで、規範の明示と事実の摘示に特化した参考答案を掲載してきました(「令和元年司法試験論文式公法系第1問参考答案」参照)。それは、限られた時間内に効率よく配点の高い事項を書き切るための、1つの方法論を示すものとして、一定の効果をあげてきたと感じています。現在では、規範の明示と事実の摘示を重視した論述のイメージは、広く受験生に共有されるようになってきているといえるでしょう。
 その一方で、弊害も徐々に感じられるようになってきました。規範の明示と事実の摘示に特化することは、極端な例を示すことで、論述の具体的なイメージを掴みやすくすることには有益ですが、実戦的でない面を含んでいます。
 また、当サイトが規範の明示と事実の摘示の重要性を強調していた趣旨は、多くの受験生が、理由付けや事実の評価を過度に評価して書こうとすることにありました。時間が足りないのに無理をして理由付けや事実の評価を書こうとすることにより、肝心の規範と事実を書き切れなくなり、不合格となることは避けるべきだ、ということです。その背景には、事務処理が極めて重視される論文の出題傾向がありました。このことは、逆にいえば、事務処理の量が少なめの問題が出題され、時間に余裕ができた場合には、理由付けや事実の評価を付すことも当然に必要となる、ということを意味しています。しかし、規範の明示と事実の摘示に特化した参考答案ばかり掲載することによって、いかなる場合にも一切理由付けや事実の評価をしてはいけないかのような誤解を招きかねない、という面もあったように感じます。
 上記の弊害は、司法試験の検証結果に基づいて、意識的に事務処理の比重を下げようとする近時の方向性(「検証担当考査委員による令和元年司法試験の検証結果について」)を踏まえたとき、今後、より顕著となってくるであろうと予測されます。
 以上のことから、平成27年から令和元年までに掲載してきたスタイルの参考答案は、既にその役割を終えたと評価し得る時期に来ていると考えました。そこで、令和2年からは、必ずしも規範の明示と事実の摘示に特化しない参考答案を掲載することとしています。

2.今年の刑法は、シンプルな内容でした。意識的に事務処理の比重を下げようとする近時の方向性に合致する内容といえるでしょう。受験生としては、解きやすくてありがたい、と思ったかもしれません。しかし、問題がシンプルであれば、それだけ丁寧な論述が必要となります。「いやー今年の問題はカンタンだったね。4頁で書き終えちゃった。」というような人は、猛省すべきでしょう。答案構成にそれほど時間がかからないので、むしろ、本問は8頁びっしり書いてもおかしくない。本問のような問題であれば、規範の明示と事実の摘示に加えて、さらに事実の評価も加える余裕があるはずです。当サイトが令和2年以降、必ずしも規範の明示と事実の摘示に特化しない参考答案を掲載するようになったのは、このような問題が出題されやすいことが予測されていたからでした。
 設問1は、問題文で「それぞれ簡潔に論じなさい。」とされていることを無視しないことが大事です。過去問の傾向から、これは理論を問う問題だということは読み取れるでしょうから、論点だけ簡潔に書いて、ネチネチ当てはめたりしない刑法で「簡潔に」という指示がされるのは異例ですので、見た瞬間に忘れないように目立つ印を付けておくべきでしょう。ここで長々と論じた人は、設問2が不十分になりやすく、全体として評価を落としやすいでしょう。主張(1)はちょっとした引っ掛けで、「不法原因給付の場合は「他人の物」に当たらない。」とか、「不法原因給付物は他人性はないが、不法原因寄託物は他人性がある。」というような結論だけ覚えて論証を吐き出した人をやっつけてやろうとしています。本問は確かに不法原因給付(寄託)の事案ですが、B所有なので、Aが甲に返還請求できないからといって、反射的に所有権が甲に移転するという余地はないのです。また、Aとの委託信任関係の要保護性については、一応判例(最判昭36・10・10)は肯定と理解できますが、十分な理由を示していませんし、現在もそのまま妥当するかは疑問視されているので、きちんとした理由を示して結論を出す必要があります。本問は、民法であればいわゆる動機の不法が問題となる場合で、甲の側からは寄託の有効性を主張できそうな感じもするわけですが、少なくともAから寄託の効力を主張できる場合ではない。また、刑法独自の要保護性を認めることも難しいでしょう(256条2項(盗品保管罪)参照)。そうすると、Aとの委託信任関係は要保護性を欠くということになりそうです。コンパクトに書くなら、保護法益論から、端的に本権者から権限を付与されていない者との委託信任関係は要保護性を欠くとする構成も十分考えられるでしょう。なお、他人物寄託が民事上有効な根拠として、民法559条、561条を摘示した人もいたかもしれません。しかし、A甲間の寄託は無償契約なので、厳密には正しくありません。挙げるなら、660条でしょう(同条2項、3項は債権法改正による新設)。もっとも、この点は刑法の理解にかかわらないので、評価を左右しないと思います。

(参照条文)民法
559条(有償契約への準用)
 この節の規定は、売買以外の有償契約について準用する。ただし、その有償契約の性質がこれを許さないときは、この限りでない。

561条(他人の権利の売買における売主の義務)
 他人の権利(権利の一部が他人に属する場合におけるその権利の一部を含む。)を売買の目的としたときは、売主は、その権利を取得して買主に移転する義務を負う。

660条(受寄者の通知義務等)
 寄託物について権利を主張する第三者が受寄者に対して訴えを提起し、又は差押え、仮差押え若しくは仮処分をしたときは、受寄者は、遅滞なくその事実を寄託者に通知しなければならない。ただし、寄託者が既にこれを知っているときは、この限りでない。
2 第三者が寄託物について権利を主張する場合であっても、受寄者は、寄託者の指図がない限り、寄託者に対しその寄託物を返還しなければならない。ただし、受寄者が前項の通知をした場合又は同項ただし書の規定によりその通知を要しない場合において、その寄託物をその第三者に引き渡すべき旨を命ずる確定判決(確定判決と同一の効力を有するものを含む。)があったときであって、その第三者にその寄託物を引き渡したときは、この限りでない。
3 受寄者は、前項の規定により寄託者に対して寄託物を返還しなければならない場合には、寄託者にその寄託物を引き渡したことによって第三者に損害が生じたときであっても、その賠償の責任を負わない。

 主張(2)は隠匿意思が横領罪の不法領得意思を構成するかという、ただそれだけの問題で、単純に窃盗と同じに考えて、「隠匿意思なので利用処分意思がない。」としてしまう人をやっつけようという出題意図でしょう。横領罪における不法領得意思の定義を規範として挙げつつ、そこに利用処分意思が含まれていないことに気付かないまま当てはめてしまう人が一定数出てきそうです。それさえやってしまわなければ、ここはコンパクトに当てはめれば足ります。なお、厳密にはトラックに積み込んだくらいの時点で既遂になりそうなのですが、「本件バイクを移動させて隠した行為は」という問題文の問い方からみて、実行行為の認定や既遂時期に触れる必要はなかったのでしょう。
 設問2は、Aを刺した傷害と、本件バイクの窃盗だろう、ということは明らかです。ただ、前者については、筋読みが重要になります。演習をこなしている受験生であれば、問題文の4を読んで、「あっこれはAが甲に一撃で刺し殺されるやつだ。」と思ったことでしょう。

問題文より引用。太字強調は筆者。)

4 Aは、偽造ナンバープレートを手に入れたことから、本件バイクを回収しようと考え、同月10日午後8時頃、甲に電話を掛け、「今日これからバイクを取りに行く。」と言った。これに対し、甲は、笑いながら、「あのバイクはここにはないよ。ざまあみろ。俺を怒らせたお前が悪いんだぞ。」と言った。Aは、甲の発言を聞いて激怒し、甲に殴る蹴るなどの制裁を加えようと考え、強い口調で甲に、「いい度胸をしているじゃないか。8時半にC公園に来い。覚悟しておけよ。」と言った。これに対し、甲も、「おう、行ってやるよ。」と怒鳴って電話を切った。
 甲は、高校時代にAと同じ不良グループに所属しており、Aが短気で粗暴な性格で、過去にも怒りにまかせて他人に暴力を振るったことが数回あったことを知っていたため、Aの前に姿を現せば、Aから殴る蹴るなどの暴力を振るわれる可能性が極めて高いだろうと思ったが、甲も頭に血が上っていたことから、自宅にあった包丁(刃体の長さ15センチメートル。以下「本件包丁」という。)をズボンのベルトに差して準備した上で、C公園に出向き、Aを待ち構えていた。
 Aは、同日午後8時30分頃、C公園に到着し、甲の姿を見るなり、「お前、ふざけんなよ。ボコボコにしてやるからな。」と怒鳴り声を上げた。これに対し、甲は、「できるものならやってみろ。この野郎。」と大声で言い返した。

(引用終わり)

 それは、最決平29・4・26を素材にした問題を何度か目にしているからです。

最決平29・4・26より引用。太字強調は筆者。)

(1) 被告人は,知人であるA(当時40歳)から,平成26年6月2日午後4時30分頃,不在中の自宅(マンション6階)の玄関扉を消火器で何度もたたかれ,その頃から同月3日午前3時頃までの間,十数回にわたり電話で,「今から行ったるから待っとけ。けじめとったるから。」と怒鳴られたり,仲間と共に攻撃を加えると言われたりするなど,身に覚えのない因縁を付けられ,立腹していた。

(2) 被告人は,自宅にいたところ,同日午前4時2分頃,Aから,マンションの前に来ているから降りて来るようにと電話で呼び出されて,自宅にあった包丁(刃体の長さ約13.8cm)にタオルを巻き,それをズボンの腰部右後ろに差し挟んで,自宅マンション前の路上に赴いた。

(3) 被告人を見付けたAがハンマーを持って被告人の方に駆け寄って来たが,被告人は,Aに包丁を示すなどの威嚇的行動を取ることなく,歩いてAに近づき,ハンマーで殴りかかって来たAの攻撃を,腕を出し腰を引くなどして防ぎながら,包丁を取り出すと,殺意をもって,Aの左側胸部を包丁で1回強く突き刺して殺害した

(引用終わり)

 これを想起していれば、「これは多分、急迫性を丁寧に当てはめる展開ですね。」という予想が付く。

最決平29・4・26より引用。太字強調は筆者。)

 刑法36条は,急迫不正の侵害という緊急状況の下で公的機関による法的保護を求めることが期待できないときに,侵害を排除するための私人による対抗行為を例外的に許容したものである。したがって,行為者が侵害を予期した上で対抗行為に及んだ場合,侵害の急迫性の要件については,侵害を予期していたことから,直ちにこれが失われると解すべきではなく(最高裁昭和45年(あ)第2563号同46年11月16日第三小法廷判決・刑集25巻8号996頁参照),対抗行為に先行する事情を含めた行為全般の状況に照らして検討すべきである。具体的には,事案に応じ,行為者と相手方との従前の関係,予期された侵害の内容,侵害の予期の程度,侵害回避の容易性,侵害場所に出向く必要性,侵害場所にとどまる相当性,対抗行為の準備の状況(特に,凶器の準備の有無や準備した凶器の性状等),実際の侵害行為の内容と予期された侵害との異同,行為者が侵害に臨んだ状況及びその際の意思内容等を考慮し,行為者がその機会を利用し積極的に相手方に対して加害行為をする意思で侵害に臨んだとき(最高裁昭和51年(あ)第671号同52年7月21日第一小法廷決定・刑集31巻4号747頁参照)など,前記のような刑法36条の趣旨に照らし許容されるものとはいえない場合には,侵害の急迫性の要件を充たさないものというべきである。
 前記1の事実関係によれば,被告人は,Aの呼出しに応じて現場に赴けば,Aから凶器を用いるなどした暴行を加えられることを十分予期していながら,Aの呼出しに応じる必要がなく,自宅にとどまって警察の援助を受けることが容易であったにもかかわらず,包丁を準備した上,Aの待つ場所に出向き,Aがハンマーで攻撃してくるや,包丁を示すなどの威嚇的行動を取ることもしないままAに近づき,Aの左側胸部を強く刺突したものと認められる。このような先行事情を含めた本件行為全般の状況に照らすと,被告人の本件行為は,刑法36条の趣旨に照らし許容されるものとは認められず,侵害の急迫性の要件を充たさないものというべきである。

(引用終わり)

 上記判例は近時の答練や事例演習の問題では頻出ですが、大体の場合、上記判例とほぼ同じ展開でAが刺し殺されて、急迫性の当てはめ大魔神で終わり、という予想どおりの流れになります。しかし、ここで少しひねりが入るのが、本試験です。読み進んでいくうちに、「あれ、甲がAを刺さないじゃん。」という展開になっていきます。

問題文より引用。太字強調は筆者。)

5 Aは、甲の態度に逆上し、甲に至近距離まで接近すると、右手の拳を突き出して甲の顔面を殴打しようとした。甲は、Aの拳をかわしながら、本件包丁をベルトから抜いて、Aに向けて突き出した。Aは、これをかわし、ひるむことなく更に甲の顔面を殴打しようと拳を振り上げた。

6 ちょうどその頃、甲の勤務先の後輩乙は、偶然にC公園に来て、前記5のとおり、Aが甲を殴打しようとしているのを目撃し、とっさに甲を助けようと考えた。
 乙は、護身用に携帯していたサバイバルナイフ(刃体の長さ18センチメートル。以下「本件ナイフ」という。)を取り出して、直ちにAの背後に回り、同日午後8時31分頃、何の警告もせずにAの右上腕部を狙って本件ナイフを同部に強く突き刺し、Aに加療約3週間を要する右上腕部刺創の傷害を負わせた。
 このとき、乙は、前記1から4までの各事実を知らず、また、甲が本件包丁を持っていることも認識しておらず、Aが甲に対して一方的に攻撃を加えようとしていると思い込んでいた

 (中略)

〔設問2〕 【事例2】における乙の罪責について、論じなさい(特別法違反の点は除く。)。

(引用終わり)

 ここまで読んで、「何かおかしいぞ。」という感じになる。これまでに解いてきた最決平29・4・26を素材にした問題では、ほとんどの場合、本問の甲に当たる人物の罪責が問われていたはずです。だから、甲について正当防衛を検討して急迫性で判例の示した要素を挙げて当てはめ大魔神すればいい。ところが、本問では、そもそも甲の罪責が問われていないのです。そして、横から入ってきた乙は、何か誤想過剰防衛みたいになっているけれど、乙を基準に検討すると、「客観的にも普通に過剰防衛なんじゃないの?」という感じがする。この違和感を、現場でどう整理して正解に近い筋を見い出せるか。これは、以下の①~③を手掛かりにして答えを推理する一種のパズルです。

① 最決平29・4・26に類似した事例なので、甲について判例の挙げた要素を踏まえた急迫性の検討が求められていそうだ。
② なぜか甲の罪責は問われていなくて、反撃したのは乙である。
③ 乙の罪責が問われていて、誤想過剰防衛っぽいから、相当性以外の正当防衛要件のどれかを欠くことにしたいが、ぱっと見は相当性以外の要件を乙はすべて満たしていそう。

 ③で悩みつつ、①を思い出して、「あっ急迫性が欠けるってことじゃね?」と思い付きたい。そして、②との関係では、「乙は甲の身体を防衛しようとしているのだから、急迫性は甲の身体に危険が切迫しているか、つまり甲について考えるってことになるよね。じゃあ、甲が侵害を予期していたとかそういう甲の事情は、乙の正当防衛との関係でも客観的事情として考慮すべきなんじゃね?そしたら、急迫性が客観的には欠けてることになって、でも、甲の事情を乙が知らないから、乙の認識では急迫性があって、過剰性の認識がある誤想過剰防衛ってことじゃん。ウホッわかった!」という感じになる(※1)。このようなことは、テキストや基本書を読む勉強ではもちろん身に付きませんし、判例そのままの事案しか出題されない答練や事例演習等でもなかなか訓練できない、本試験特有の難しさです。上位者は、これに結構すぐ気付きます。受かりにくい人は、このような場面での判断が遅い。その差は、先天的な頭の回転の速さ、という面もあるかもしれませんが、過去問をきちんと検討して解き、どのような思考をすれば正解に近い筋道を発見できるかという点について、解いた後にきちんと考える訓練をしているかという部分が大きいのではないかと思います。答練や事例演習の問題を中心に解いて、過去問を軽視する人過去問を解いても、「あーまたできなかった。こんなんできるわけねーよ。」と言って、どのような思考をすれば正解に近い筋道を発見できるかという観点から復習しようとしない人は、なかなかこのような問題に対応できないのだろうと思います。なお、最決平29・4・26は、「積極的加害行為そのものの認定は難しいけど、すごくそれに近い事案なので急迫性を否定したい。だけどイマイチうまく類型化できないので、とりあえず総合考慮ってことにしておくか。」という趣旨の判例です。そして、本問でも、甲が「この機会にAを積極的に切り付けてやろう。」という意思であったとまでは認定できない事実関係になっています(「頭に血が上っていた」とはあるが、「この機会を利用してAを包丁で刺してやろう。」という事情は書いていないので、その段階では包丁はあくまで防御のためだった可能性が否定できない。)。なので、安易に「甲はこの機会に積極的にAに加害行為をする意思で侵害に臨んだといえる」等と認定してしまうのは、評価を下げるでしょう。
 ※1 理論的には、急迫性は純粋に客観要件とはいえず、主観部分(侵害の予期等)は防衛の意思と同様に、甲と乙とで分けて考えるべきではないか、という難しい問題がある(違法性の本質論、正当防衛の違法性阻却の根拠論と関わってきそうですね。)のですが、そんなもん論じてなんかいられないでしょう。他にも、「行為全般の状況から刑法36条の趣旨に照らし許容されるかが急迫性の判断基準だとすると、他の要件いらなくね?」(例えば、防衛の意思や相当性を欠く場合も、行為全般の状況から36条の趣旨に照らし許容されないので急迫性を欠くということになり、全部急迫性で考えれば良いということになりかねない。本問のように相当性を欠く場合も急迫性を欠くとなれば、過剰防衛を認める余地がなくなる。)とか、「最決平20・5・20(ラリアット事件)との関係どうなってんの?」という論点もありますが、現場で考えてはいけないヤツです。

 急迫性の部分は、最決平29・4・26を意識した当てはめ大魔神になるので、ここの配点は大きいでしょう。もっとも、書ける人は結構少なくなりそうなので、「できなかったから即不良」という感じにはならないでしょう。むしろ、合否を分けるのは本件バイクの窃盗で、これは丁寧に書こうと思えば多くの人が丁寧に書ける。なので、「カンタンじゃんヤッター」と言って雑に書く人と、占有者が短時間離れた場合の占有の判断基準、占有の移転時期、一時使用と権利者排除意思、乗り捨てと利用処分意思、緊急避難の各要件、自招危難等を1つ1つ規範の明示と事実の摘示、できれば評価という感じで丁寧に書く人とでは、書いてある項目や結論は同じでも、驚くほどの違いが生じるでしょう(※2、※3)。ここを雑に書いた人で、「いやーわかってはいたんだよね。たまたまちょっと雑になっちゃって。」と反省しない人は、おそらく来年も同じことを繰り返すでしょう。どうしてそのような雑に書いてよいという心理状態に陥ったのか、次に同じ心理状態に陥らないためには事前に何をすればよいか(単に心構えの問題だったのか、普段の演習で身に付けておくべきことがあったのか)。反省すべきところは、しっかり反省すべきです。
 ※2 Dの業務を侵害した点について、乙に認識があれば業務妨害罪が問題になりそう(威力と偽計の区別とかが論点になりそう。)ですが、その点を判断できる事情が問題文に全く挙がっていない(例えば、本件原付に配達業者のロゴが入っていた等の事情があれば、乙は認識可能である。)ので、この点は問われていないと判断すべきでしょう。
 ※3 細かい論点として、法益均衡(「これによって生じた害が避けようとした害の程度を超えなかった」)の判断は、一般に抽象的に行うものとされており、本問ではDの財産権(本件原付の価額及び配達業務の逸失利益)と乙の身体なので、抽象的には身体>財産権の関係が成り立つものの、それでよいかという問題があります。身体の侵害といっても、軽微な場合もあり得るからです。本問の場合、甲乙Aがいわば仲間内で勝手にケンカをしたという事例で、乙もそれなりに殴られるかもしれません(Aは本件ナイフを拾って刺し殺そうとしたのではなく、乙も「Aから更に殴る蹴るなどの暴力を振るわれてしまうと思って怖くなり」と思っただけです。)が、そこから逃げるために配達中の原付で逃げていいかというと、「そんなバカな。」というのが常識でしょう。それ以外に逃れる手段がないのであれば、「そこは殴られておけよ。」という感じがします(そもそも、原付を盗まないと逃れられない状況というのはどういうことなのか。Dが配達している付近のマンションに逃げ込んで助けを呼ぶことがどうしてできないのか。それ以前に、「勘違いで刺してしまった申し訳ない。治療費は払う。」と謝って許してもらうという余地もないわけではないでしょう。本問の設定には無理があるように思います。)。本問では自招危難の枠組みで妥当な結論に着地できますが、仮に自招危難の事情がなく、友達に急に平手打ちされそうになった(これも身体の侵害であることには違いがない。)というだけで、補充性があれば他者の財産権をいくらでも侵害できるのかというと、違うだろうという感じがするでしょう。もっとも、個別具体の事情から法益均衡を実質的に判断するということになると、例えば、時価10万円の財産権侵害に対して、治療費5万円の身体傷害が劣後するという結論を誘発しかねませんし、「現在の危難」、「避けるため」、「やむを得ずにした行為」との区別が曖昧になり、自招危難についても、「37条の趣旨に照らし緊急避難を認めるべきでないときは法益均衡を欠く」と考えれば足りることとなってしまいそうです。このことは、実は正当防衛における最決平29・4・26の「なんでも急迫性の問題になってしまう。」と同根の問題で、「なんでも法益均衡の問題になってしまう。」という問題です。違法性阻却の根拠を法益考量に求めればそれがむしろ妥当だということにもなりそうですが、本当にそれでよいか。それで(誤想)過剰防衛を矛盾なく説明できるか。これが本問の背景にある問題意識のように見受けられますが、答案で書こうとする人は誰もいないでしょうし、万が一思い付いても書いてはいけません。

 参考答案中の太字強調部分は、「司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)」、「司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)」、「司法試験平成29年最新判例ノート」の付録論証例集に準拠した部分です。

【参考答案】

第1.設問1

1.主張(1)

(1)本件バイクは盗品で、Aが甲に保管させたことは、不法原因給付(民法708条)に当たる。
 一般に、給付者は不法原因給付物の返還を請求できず(同条)、その反射的効果として所有権は受給者に移る(判例)ため、不法原因給付物は要保護性を欠き「他人の物」に当たらないとされる。しかし、給付者が所有者でないときは、上記は当てはまらない。
 本件バイクはB所有で、不法原因給付としてAから甲に引き渡されても甲に所有権が移転することはないから、「他人の物」(252条1項)であることは否定されない。

(2)横領罪の保護法益は所有権及び委託信任関係であり、「占有」とは、委託信任関係に基づき、物を事実上又は法律上処分しうる支配力をいう
 甲は、自宅のシャッター付ガレージで保管し、事実上処分しうる支配力があった。しかし、所有者Bの委託はなく、盗んだAの委託があるにすぎない。他人物寄託も民事上有効である(民法660条参照)が、A甲間の寄託は盗品隠匿目的で公序良俗に反する(同法90条)から、少なくともAは寄託の有効性を主張できない。刑法上も盗品保管は違法であり(256条2項)、盗品保管委託関係が刑法独自の保護を受ける余地もない。したがって、Aとの間の委託信任関係は要保護性がない。
 したがって、本件バイクの「占有」がなく、これを「横領」しても横領罪は成立しない。

(3)よって、主張(1)は不当である。

2.主張(2)

(1)「横領」とは、不法領得の意思を実現する一切の行為をいう。横領における不法領得の意思とは、委託の任務に背いて、その物につき権限がないのに所有者でなければできない処分をする意思をいう(判例)
 甲が実家の物置内に本件バイクを移動させて隠した行為は、隠匿意思の実現行為である。
 隠匿は委託の任務に背き、所有者でなければできない処分をするものといえるから、隠匿意思も横領における不法領得の意思に含まれる
 したがって、上記行為は不法領得意思実現行為として、「横領した」に当たる。

(2)よって、主張(2)は正当である。

第2.設問2

1.Aの右上腕部を本件ナイフで刺し、同刺創の傷害を負わせた点は傷害(204条)の構成要件に該当する。右上腕部は枢要部でないから、殺意はない。

(1)甲を助けようとしてされた。正当防衛(36条1項)か。

ア.「急迫」とは、侵害が現に存在するか、その危険が切迫していることをいう
 Aは甲の顔面を殴打しようと拳を振り上げ、甲の身体への危険が切迫しているとみえる。もっとも、同条の趣旨は、急迫不正の侵害という緊急状況の下で公的機関による法的保護を求めることが期待できないときに、侵害を排除するための私人による対抗行為を例外的に許容した点にあるから、対抗行為に先行する事情を含めた行為全般の状況に照らし、その機会を利用して積極的に加害行為をする意思で侵害に臨んだときなど、36条の趣旨に照らし許容されるものとはいえない場合には、急迫性が否定される(判例)
 甲Aは友人で、Aが甲をC公園に呼び出したのは、甲が本件バイクを隠したことに起因する。見知らぬ人から急に襲われたのでなく、甲にAの侵害を招く原因行為があった。甲は、高校時代にAと同じ不良グループに所属し、Aが短気・粗暴で、過去にも怒りにまかせて他人に暴力を振るったことが数回あったことを知っていたため、Aの前に姿を現せば、Aから殴る蹴るなどの暴力を振るわれる可能性が極めて高いだろうと思いつつ、本件包丁を準備した上でC公園に出向いた。この機会を利用して積極的に加害行為をする意思があったかは不明だが、少なくとも侵害を強く予期し、殴る蹴るという侵害態様を予測しつつ、刃体の長さ15cmと必要以上に殺傷性の高い本件包丁を用いる意思がある。C公園に出向く必要性はなく、事前に公的機関による保護を求める手段があったのに敢えて侵害状況に身を置いた。Aが「ボコボコにしてやる」と怒鳴ったのに対し、甲は「できるものならやってみろ。」と大声で言い返した。Aが殴打しようとしたのは、甲の態度に逆上したためである。Aの侵害は右手拳殴打と当初の予想の範囲内で甲に狼狽はなく、本件包丁で牽制すればその場から容易に退避できたのにその場にとどまり、敢えて侵害を招いた。
 以上から、36条の趣旨に照らし許容されず、急迫性が否定される。

イ.したがって、正当防衛でない。

(2)違法性阻却事由が存在すると誤信した場合には、違法な事実の認識がないから、故意は認められない。正当防衛と誤信したか。

ア.1~4の各事実を知らず、また、甲が本件包丁を持っていることも認識しておらず、Aが甲を一方的に攻撃していると思い込んでいたから、「急迫不正の侵害」の認識がある。

イ.「防衛するため」というためには、防衛の意思、すなわち、侵害を認識しつつ、これを避けようとする単純な心理状態が必要である
 とっさに甲を助けようと考えたから、侵害を認識しつつ、これを避けようとする単純な心理状態にあった。甲の身体(「他人の権利」)を「防衛するため」といえる。

ウ.「やむを得ずにした行為」とは、防衛手段として必要最小限度のもの、すなわち、相当性を有する行為をいう(判例)
 乙の加勢で2対1となり、本件ナイフは刃体18cmの殺傷性の高いサバイバルナイフでAは素手だから武器対等でなく、本件ナイフを示して制止する方法もあるのに、何の警告もせず右上腕部を強く刺突するのは防衛手段として必要最小限度でないから、相当性がない。「やむを得ずにした行為」の認識がない。

エ.したがって、正当防衛の誤信はなく、過剰防衛(36条2項)の誤信にとどまる。
 行為者の誤信した事実を前提にしても過剰防衛が成立するにとどまる場合には、違法な事実の認識がある以上、故意は認められる。もっとも、過剰防衛の任意的減免の根拠は、緊急状態下の心理的圧迫から非難可能性、すなわち、責任が減少する点にある。過剰防衛に当たる事実を認識した者においても上記心理的圧迫が生じ、責任が減少するから、36条2項を準用できる(英国騎士道事件判例参照)

(3)以上から、傷害が成立するが、同項準用による任意的減免の余地がある。

2.本件原付を発進させた点は窃盗(235条)か。

(1)ア.本件原付はD所有で、「他人の物」である。

イ.「窃取」とは、他人の財物の占有を占有者の意思に反して自己又は第三者に移転させることをいう

(ア)占有とは、財物に対する事実上の支配をいう。物が被害者の直接支配領域を離れた場合であっても、ごく短時間で再び支配可能となる場所的範囲にあり、被害者が当該物を認識し、又は失念しても短時間で気付いたときは、当該物の占有はいまだ被害者にある(公園ポシェット事件判例参照)。
 Dは、本件原付をエンジンをかけたまま一時的に停め、配達のために付近のマンション内に立ち入っていた。ごく短時間で再び支配可能となる場所的範囲にあり、本件原付を認識していたから、占有はDにあった。

(イ)占有の移転時期は、財物の大きさ及び数量、搬出の容易性、占有者の管理状況等を総合的に考慮して判断すべきである
 原付は重く大きいがエンジンがかかっており発進できるので搬出容易である。本件原付を発進させればDは取り返すのが困難だから、発進時に乙に占有が移転した。

(ウ)Dに無断であり、配達に支障が生じるからDの意思に反する。

(エ)以上から、「窃取」に当たる。

ウ.上記アイの認識・認容があり故意がある。

エ.窃盗が成立するには、故意のほかに、不法領得の意思、すなわち、権利者を排除して自己の所有物とする意思(権利者排除意思)及び経済的用法に従い利用・処分する意思(利用処分意思)が必要である(教育勅語事件判例参照)

(ア)安全な場所まで移動するだけの一時使用であった。
 一時使用の可罰性は、占有者による利用の可能性及び必要性の程度、予定された使用の程度及び態様、財物の価値及びその消耗の程度等を総合的に考慮し、権利者排除意思が認められるか否かによって判断すべきである
 安全な場所までの移動は短時間としても、その後返還するのでなく放置であり、Dは容易に見つけられず、配達に支障をきたす。ガソリン消費を伴うだけでなく損傷のおそれもある。原付はそれ自体高額で、ガソリン消費、損傷して高額の修理費がかかるおそれ、放置後発見できないおそれがある。以上から、権利者排除意思がある。

(イ)移動後放置は乗捨てであり、経済的用法でなく毀棄隠匿とみえる。
 しかし、判例が利用処分意思を要求した趣旨は、毀棄罪より重い処罰の根拠が利欲犯的性格に求められる点にある。そうだとすると、厳密な意味での経済的用法でなくとも、犯人が効用を享受しうる何らかの用途に用いる意思であれば利用処分意思を認めうる(支払督促正本廃棄事件判例参照)
 単に移動させて放置する意思でなく、本件原付を運転して逃げる意思があり、運転は本来の用法で、逃走による身体の安全確保という効用を享受しうるから、利用処分意思がある。

(2)Aから逃げるためであった。緊急避難(37条1項本文)か。

ア.「現在の危難」とは、危難が現に存在するか、その危険が切迫していることをいう
 Aは本件ナイフを拾っておらず乙の生命に危険はないが、乙を捕まえて痛め付けようと考え、走って乙を追いかけており、乙の身体の危険が切迫していた。「自己…の身体に対する…現在の危難」があった。

イ.「避けるため」というためには、避難の意思、すなわち、危難を認識しつつ、これを避けようとする単純な心理状態が必要である
 このままではすぐに追い付かれて暴力を振るわれてしまうと思い、本件原付を使ってAの追跡を振り切ろうと考えたから、危難を認識しつつ、これを避けようとする単純な心理状態にあり、「避けるため」といえる。

ウ.緊急避難は、「正対正」の場合であることから、「やむを得ずにした」というためには、補充性、すなわち、より侵害性の少ない手段が存在しなかったことを要する
 Aは乙よりも足が速く、乙がAの追跡を振り切るためには、本件原付を運転して逃げることが唯一とりうる手段だったから、補充性があり、「やむを得ずにした」といえる。

エ.生じた原付の財産侵害及び配達業務侵害はいずれも財産権侵害で、避けようとした乙の身体侵害を超えないから、法益の均衡がある。

オ.避難行為者の有責行為により自ら危難を招いた場合において、社会通念に照らしてやむをえないものとしてその避難行為を是認できないときは、緊急避難は成立しない(判例)
 上記(ア)の危難は、前記1の有責な傷害行為により自ら招いた。過剰防衛の認識による責任減少(前記1(2)エ)を考慮しても、原付は高額で、Dの配達業務侵害も伴うこと、Aは本件ナイフを拾っていないこと、甲乙Aの仲間内のケンカのリスクを無関係のDに転嫁する結果となることも踏まえれば、社会通念に照らしてやむをえないとはいえず、避難行為を是認できない。

カ.したがって、緊急避難は成立しない。

(3)以上から、窃盗が成立する。

3.よって、乙は傷害(任意的減免あり)と窃盗の罪責を負い、併合罪(45条前段)となる。

以上
posted by studyweb5 at 12:06| 新司法試験論文式過去問関係 | 更新情報をチェックする

2022年06月13日

令和4年司法試験短答式試験の結果について(4)

1.司法試験の合否は、短答と論文の総合評価によって決まります。今回は、短答でどのくらいの点数を取ると、論文でどのくらい有利になるのか、すなわち、短答の論文に対する寄与度をみていきます。
 総合評価の計算式は、以下のとおりです(「司法試験の方式・内容等について」)。

 総合評価の得点=短答式試験の得点+(論文式試験の得点×1400÷800)

 これを見るとわかるとおり、短答の得点はそのまま総合得点に加算されますが、論文は800分の1400、すなわち、1.75倍になって総合得点に加算されます。したがって、論文の1点は、総合評価では、短答の1.75点に相当するわけです。
 総合評価に占める比重という点からいうと、短答は175点満点がそのまま総合評価の加算対象となるのに対し、論文は、論文段階では800点満点だったものが、総合評価では1400点満点となるわけですから、総合評価段階での短答:論文の比重は、1:8となります。論文は、憲法、行政法、民法、商法、民訴法、刑法、刑訴法、選択科目の8科目。1:8という比重からすると、短答は9個目の科目である、という位置付けも可能でしょう。無視できるほど小さくはないけれども、選択科目と同じくらいと考えると、あまり過大視もできない、という感じです。その意味では、「短答の勉強と論文の勉強」というように、短答と論文を対等に位置付けるのは、短答を過大視しているといえるでしょう。もっとも、「選択科目と同じ比重なんだから、選択科目と同じくらいの勉強量でいいや。」などと言っていると、短答段階で不合格になってしまいかねません。この辺りが、短答の学習計画を考える際の難しさといえます。
 とはいえ、上記の比重を考えると、少なくとも短答の合格ラインを安定して超えるレベルになって以降は、積極的に短答の学習をするメリットは薄そうだ、ということが感じ取れます。

2.短答と論文の比重という点では、短答の寄与度は低そうだ、という印象でした。ただ、短答は、論文と違って、高得点を取りやすいシステムになっています。このことを考慮して、もう少し具体的に考えてみましょう。
 論文で、満点の75%といえば、優秀の水準を意味します。これは、現実には取ることが極めて難しい点数です。これに対し、短答における満点の75%(概ね131点)とは、今年の順位にすると829位に相当します。これは、それなりに短答に自信のある人なら、普通に取れる点数です。また、論文には得点調整(採点格差調整)があります。これによって、強制的に、標準偏差が各科目の配点率(現在は10に設定されている。)に抑えられてしまいます。短答には、このような抑制機能を有するシステムはありません。このように、短答は、論文よりも稼ぎやすいといえるのです。
 ただし、短答で高得点を取っても、単純に総合評価でそれだけ有利になる、というわけではないことに注意が必要です。短答合格点未満の点数の人は、総合評価段階では存在しないからです。今年でいえば、96点未満の人は、そもそも総合評価の段階では存在しない。ですから、例えば、短答で150点を取ったとしても、総合評価で150点有利になるわけではないのです。有利になるのは、最大でも、150-96=54点だけです。しかも、それは短答ギリギリ合格の人と比べて、という話です。今年の短答合格者平均点である123.3点の人と比べると、150点を取っても、150-123.3=26.7点しか有利になりません。 しかも、総合評価の段階で、論文の得点は1.75倍になりますから、短答の得点を論文の得点に換算する場合には、1.75で割り算することになります。そうすると、短答における26.7点というのは、論文の得点に換算すると、15.2点程度ということになる。このように、短答は点を取りやすいとはいっても、それが論文に寄与する程度は、限定的なものになってしまうのです。

3.実際の数字でみてみましょう。短答でどのくらいの水準の得点を取れば、短答ギリギリ合格の人(96点)や、短答合格者平均点の人(123.3点)に対して、論文で何点分有利になるのか。以下の表は、これらをまとめたものです。

短答の
水準
得点 最下位
(96点)
との論文での差
短答合格者平均
(123.3点)
との論文での差
トップ 169 41.7点 26.1点
100番 150 30.8点 15.2点
500番 137 23.4点 7.8点
1000番 127 17.7点 2.1点
合格者平均
(1256番)
123.3点 15.6点 ---

 短答でトップを取ると、短答ギリギリ合格の人に、論文で41.7点のアドバンテージを取ることができます。これが、短答で付けることのできる最大のアドバンテージです。これは、どのくらい大きいのか。論文1科目100点満点との割合でみれば、全体の4割強に当たります。これはこれで、結構大きいという感じがするかもしれません。もっとも、論文は8科目ですから、各科目との関係で考えてみると、41.7÷8≒5.2。有利になるのは、5点程度です。トップを取って、しかも、短答最下位の人と比べても、この程度しか論文で有利にはならない、ということです。論文では、5点程度の得点は、重要な論点を1つ落としてしまったり、重要な当てはめの事実をいくつか落としてしまったりすると、ひっくり返ってしまうものです。
 現実に、上位を狙って勉強をして、それなりに安定して取ることができそうなのは、500番くらいだろうと思います。しかも、そのような上位を狙える人は、論文で短答最下位の人と合否を争うことは考えにくい。このように考えてみると、現実的に短答を勉強するメリットを考える場合に考慮すべきなのは、500番と短答合格者の平均との差ということになると思います。これは、たったの7.8点です。論文8科目で割り算をすると、1科目当たり1点程度これが、現実的な短答の論文に対する寄与度なのです。

4.このように、短答の寄与度は、それほど大きくありません。ですから、「短答でぶっちぎりの得点を取って、逃げ切る。」などという戦略は、あり得ないのです。とはいえ、短答を軽視していいかといえば、そうでもない。その理由は2つあります。
 1つは、憲民刑3科目になってからの短答は、油断すると簡単に不合格になる、ということです。確実に短答をクリアするには、実際にはかなりの時間を投入する必要がある。上記の総合評価における寄与度は、あくまで短答に確実に受かることが前提だということを、忘れてはいけません。
 それからもう1つは、短答の知識が、論文を書く際の前提知識となる、ということです。短答レベルの知識があやふやな状態では、論文の事例を検討していても、正しく論点を抽出することができません。ですから、短答合格レベルに達するまでは、短答の学習を優先することに意味があるのです。
 以上のことからいえることは、「短答に確実に合格できる水準までは、短答の学習を優先すべきである。」ということと、「短答に確実に合格できる水準になったならば、短答は現状の実力を維持する程度の学習にとどめ、論文の学習に集中すべきである。」ということです。この優先順位に従って学習をするためには、できる限り早く短答の学習に着手する必要があります。短答の学習に着手する時期が遅いと、短答合格レベルに達する前に、論文の学習に着手せざるを得なくなってしまいます。そうなると、どちらも中途半端なまま、本試験に突入してしまう、ということになりやすい。短答の学習は、未修者であればローに入学してすぐに着手する。既修者であれば、法学部在学中にも、着手しておくべきでしょう。今年、短答で不合格になった人は、今すぐ着手しなければ、来年までに間に合いません。短答の知識は、定着させるまでにかなり時間がかかるものの、一度定着するとなかなか忘れない、というのが特徴です。今年の予備組の短答受験者合格率は、99.7%です。405人が受験して、404人が受かっている。このことは、一度実力を付ければ、短答は安定して結果が出せることを示しています。
 短答合格レベルに達するまでに必要な膨大な勉強量を確保し、やり抜く
。これは、司法試験に合格するための前提となる第一関門です。これをクリアした先にあるのが、「受かりにくい者は、何度受けても受からない」法則のある恐怖の論文です。どんなに勉強量を増やしても、受かりにくい人は成績が全く伸びない。この論文の壁に苦しんでいる人にとっては、勉強量さえ確保できればクリアできる短答は、とても楽な試験だと感じられることでしょう。しかし、その勉強量の確保さえできない人も、実際にはかなりいるのです。

posted by studyweb5 at 19:02| 司法試験・予備試験短答式試験関係 | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験定義趣旨論証集債権総論・契約総論
司法試験令和3年最新判例ノート
司法試験定義趣旨論証集(憲法)
司法試験令和2年最新判例ノート
司法試験定義趣旨論証集(物権)【第2版】
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)【第2版】
司法試験令和元年最新判例ノート
司法試験平成30年最新判例ノート
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【新刊書籍・法学論文・ニュース等のリンク】

Amazon司法試験売れ筋ランキング

最近の最高裁判例

弁護士ドットコムニュース

≪法科大学院修了生≫初めての就職活動に向けた個別相談会

令和4年司法試験及び司法試験予備試験に係る
新型コロナウイルス感染症等の感染防止対策について
令和4年4月8日司法試験委員会

令和5年司法試験予備試験の実施日程等について

ジュリスト 2022年 07 月号

法学教室 2022年 07 月号

憲法訴訟の反対意見を読み解く 法学セミナーe-Book

現代行政法25講

新しい持株会設立・運営の実務〔第2版〕

ロースクール演習刑法

刑法の「通説」---通説とは何か、何が通説か
法学セミナーe-Book

ゼロから学ぶ労働法

民事訴訟における無断録音の証拠能力
福岡大学法学部教授 安井 英俊

格付機関の民事責任と表現の自由
同志社大学法学部准教授 桧垣 伸次

非公開会社における問題点 : 判例からの問題点の整理と検討 (1)
福岡大学法学部教授 砂田 太士

ツイッターの逮捕歴に関する投稿
最高裁が削除命じる初の判決

建造物侵入容疑の逮捕歴投稿、
ツイッター社に削除命令…最高裁が逆転判決

女性乱暴「懲役41年」確定へ
44歳男の上告棄却―最高裁

集まれ!未来の法曹たち!!
~「法曹という仕事」の魅力を紹介します~

最高裁の新長官に戸倉氏「信頼される司法の実現へ」

最高裁 戸倉新長官「デジタル化を進め審理や判断の質 向上へ」

「コロナ禍の裁判員参加、感謝」
大谷最高裁長官が退任会見

大谷最高裁長官が退官会見「『国民に身近な司法』へ努力を」

甲斐行夫 新検事総長「国民の期待に応えられるよう尽くす」

林検事総長が退任会見 “国民の期待と信頼に応える検察を”

明石歩道橋事故の遺族弁護団代表
弁護士の渡部吉泰さん死去
いじめ自殺や過労死事件も多く担当

給付金詐欺 弁護士初の逮捕 5500円の相談料不正で処分
過去に市長選立候補表明も

弁護士が主導的な役割か
「持続化給付金」など詐取容疑で逮捕

115年前に制定された「侮辱罪」が厳罰化で改正案可決成立。
「侮辱罪」の当事者(加害者、被害者)になった時の対処法を解説
~「弁護士ナビシリーズ」に掲載している弁護士に聞いてみた~

特殊詐欺 民事訴訟加速へ
静岡県警が県弁護士会に要望書

スルガ銀行に懲戒解雇訴訟で圧勝!
代理人の倉持弁護士、第三者委員会のあり方に警鐘

まるで悪夢…「お受験」に振り回されて
“精神的に追い込まれた”弁護士夫婦の末路

「首相にやじ」で逮捕も?
侮辱罪厳罰化の効果と懸念、弁護士に聞く

「あーあって感じ」パワハラ賞状を渡された男性が自死、
メールには「方言」で人格否定も…弁護士が語る遺族の無念

4630万円誤送金問題、逮捕容疑の
「電子計算機使用詐欺」とはどんな罪か 弁護士が解説

【弁護士に聞く】ダイナミックパッケージの問題点?

マジかよ! 持続化給付金〝10億円詐欺男〟に
返済義務なしと弁護士が解説

経営者の個人的な悩み…
「会社の顧問弁護士」に相談するのはありか?

「ママを追い出すつもり!?」夫逝去で、子からまさかの遺産分割請求…
妻〈自宅と収入源〉喪失の危機【弁護士が解説】

【中小企業問題】後継者、資金繰り、パワハラ防止法…
弁護士の「法律的な目線で」トラブル防止へ

「これは経年劣化です!」…
賃貸の「原状回復トラブル」回避のコツ【弁護士が解説】

【動画解説・大崎事件】再審請求認めず 決定のポイントは?
弁護士の受け止めは? 鹿児島

議論沸騰「共同親権問題」
あの「行列」の顔「北村晴男弁護士」が本気で取り組むワケ

闇サイトで薬物輸入、借金抱える21歳 空港で阻止…
弁護士「返済手段に過ぎず、本人は薬物見てもいない」

勝手…FX損失、返済のため薬物輸入するも途中で発覚
21歳が認める 弁護士「何も手にせず逮捕された」

入居者が死亡した事故物件…
「隣の部屋」でも告知義務はあるか【弁護士が解説】

16歳少女に5万円渡しみだらな行為か
市職員の33歳男逮捕「弁護士と相談してから答えます」と認否を留保

「間違えて他人の傘を持って帰っちゃった」←コレ、
法律的にはどうなるの?弁護士に聞く

残業45時間が3カ月で「会社都合退職」になるって本当? 弁護士に聞く

「プレサンス事件」取り調べた検事ら不起訴に
大阪地検が判断 「身内による不祥事隠し」と弁護士

プレサンス前社長が検審に申し立て 検事2人の不起訴処分に不服

難しい「相続」の手続き 税理士、司法書士、弁護士ら
専門家に依頼するときの注意点

女児にわいせつの疑いで慶応大生逮捕
弁護士は「数カ月後には釈放」

懲役と禁錮、「拘禁刑」に一本化
刑務作業の義務はどうなる? 弁護士に聞く

弁護士が解説 VTuberデビューする前に
知っておきたい基礎知識(法律編)

日本に大麻農家は増えるのか?
大麻取締法「運用」のナゾを弁護士の亀石倫子さんに聞く
【大麻で町おこし?大麻博物館のとちぎ創生奮闘記】

農地、接道のない袋地…地方の実家所有の
不動産を売却したい【弁護士が解説】

カネ返せ!原状回復費320万円請求された借主…
支払った後の「悲しすぎる」現実【弁護士が解説】

北関東道4人死傷事故
検察は禁錮4年を求刑「基本的な動作を怠り結果は重大」

民家衝突し同乗者死亡「痛ましく結果は重大」
19歳自衛官を検察官送致 

性的暴行の疑いで書類送検された高島市議 不起訴に
被害を訴える同僚市議は検察審査会申し立ての方針

60年前から検察の不服申し立て禁止のドイツ…「日本は時代遅れ」
大崎事件再審棄却で弁護団 税金で集めた証拠は「捜査機関が私物化」

「検察未送致の書類は存在せず」
湖東病院国賠訴訟、滋賀県が再審無罪女性側に回答

「桜を見る会」前夜祭のサントリー酒無償提供問題で告発
「検察が2年前にやるべきだった」

知人女性盗撮の京大生 初公判で起訴内容認める
検察「高校から女性の下着に執着」指摘

東大前で受験生ら3人が刺された事件…
家裁送致の少年を検察に“逆送”「背景等考慮しても刑事処分が相当」

尼崎女性刺殺、元夫に懲役18年求刑
「滑り止め付き手袋着け牛刀使用」と検察

女子高生死亡事故 検察側「過失は大きい」
禁錮1年4カ月求刑

都町女性転落死 直前まで一緒にいたとされる男性
検察審査会が「不起訴不当」 大分

大分市の女性転落死事件
検察審査会“不起訴不当”議決

「一生罪を背負って生きていきます」飲食店経営者の集団暴行死亡事件
検察が懲役1年6か月を求刑

検察「アパート退去を妻に言い出せず犯行」
妻を刺すなどして殺害しようとした罪 男に懲役4年求刑

高梁強殺、検察側は無期懲役求刑
弁護側は強盗意思否定、地裁公判

京都・ウトロ地区放火 22歳男に懲役4年求刑
検察「在日韓国人へ一方的に嫌悪感」と指摘

宇治ウトロ地区放火事件裁判 検察が懲役4年求刑

元消防士薬物密輸未遂事件
検察は懲役6年を求刑/埼玉県

女児死亡…両脚骨折で歩けないのに放置した母 女児は次女3歳
検察が起訴 通報した交際男、警察署で自殺

鹿角市官製談合事件公判 検察
児玉被告に懲役3年求刑 4被告に 懲役10月~1年

水産会社元社長「買っただけ」 検察「元社長が指示」
静岡・焼津港カツオ窃盗裁判

「漁協内で窃盗が常態化」検察が指摘 冷凍カツオの組織的な
窃盗事件の裁判始まる…4人は認め、1人は否認 静岡地裁

前川衆院議員の裁判で検察側証人「面識はなかった」と証言

トランプ氏 ジョージア州捜査で刑務所送りに、
ウォーターゲート検察官

米連邦最高裁 けん銃の携帯制限のニューヨーク州法は憲法違反

乱射事件相次ぐ中、アメリカで正反対の決定
最高裁は銃規制の法律を「違憲」
上院は銃規制法案を可決

NY州の銃携帯規制は違憲 連邦最高裁が判決
知事や市長は批判的

米連邦最高裁 “中絶は女性の権利”だとした49年前の判断覆す

「中絶禁止」を容認した米最高裁、その判断が
“女性と家族の未来”に及ぼす深刻な影響

アメリカ最高裁が中絶の権利否定 半数超の州が規制強化へ
バイデン政権は権利保護へ対策

銃規制と中絶の権利、相次ぐ保守派寄り判断
崩れた判事の政治思想バランス アメリカ最高裁

「もう自分の国を信じられない」全米で抗議デモ相次ぐ
妊娠中絶認めた1973年の判決覆る

バイデン大統領「悲劇的な過ちだ」 米最高裁、中絶の権利認めず
約半世紀ぶり判断覆す・・・全米各地で大規模デモ広がる

アメリカの一部で中絶クリニックの閉鎖始まる
中絶権の合憲性覆す最高裁判断受け

中絶の権利認めた「ロー対ウェイド判決」、米最高裁が覆す

公共プールで「ブルキニ」認めず
東部市議会の決定覆す―仏行政最高裁

文在寅政権寄りの検事たち、「流刑地」法務研修院へ

李明博元大統領の「刑執行停止」可否、
検察が28日に決定

現代 消費者法 No.55
【特集1】個人情報を消費者視点で考える
【特集2】第5回津谷裕貴・消費者法学術実践賞授賞式

骨太少年法講義(改訂版)

ヘイトスピーチ対策として SNS 事業者に対行政責任を課す場合の法的課題
福岡大学法学部教授 實原 隆志

「有責配偶者からの離婚請求」事件における信義誠実の原則について (四)
福岡大学法科大学院教授 石松 勉

マイナンバー法19条14号の規定・委任の趣旨とマイナンバー法施行令
福岡大学法学部教授 實原 隆志

【愛知県弁護士会】第75期司法修習生等に対する就職説明会のご案内

令和4年司法試験予備試験考査委員名簿(令和4年6月8日現在)

令和4年司法試験考査委員名簿(令和4年6月8日現在)

国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約の
実施に関する法律の概要について
令和4年6月15日更新

『手書きは合理的?』 国を訴えた司法修習生、
理由は『手書き指示』

「君が代不起立」の元教諭“再任用拒否”訴訟で
大阪府の敗訴確定 最高裁が上告退ける

原発避難者訴訟 国の責任否定「正義に反する」
いわき市民訴訟原告団長

原発事故、国の責任認めず
最高裁初の判断、津波想定以上

教訓なき判決「事故また起きる」 闘い継続、決意新た
―原告団会見・原発避難訴訟

「実情見てない」「国民ばかに」
最高裁前に原告ら800人
―原発避難訴訟

最高裁の損賠判断 国の原発責任はなお重い

原発事故、国の責任否定 「対策命じても防げず」
―避難者訴訟・最高裁初判断

原発事故避難者訴訟
裁判官見解割れる、1人は反対

高校の黒染め指導「違法性なし」確定
元生徒の上告棄却

茶髪禁止の校則で不登校、最高裁が女性側の上告棄却…
指導の違法性を否定

黒染め校則「適法」確定
元生徒側上告退ける―最高裁

アパレル元代表、実刑確定へ
司法取引適用の横領事件 最高裁

朝鮮人追悼碑の不許可は「問題なし」
最高裁で群馬県の勝訴確定

群馬 朝鮮人労働者の追悼碑訴訟
最高裁 市民団体の上告退ける

朝鮮人追悼碑の不許可「適法」
市民団体敗訴が確定―最高裁

最高裁が高裁に審理差し戻し
氷見市元消防署員の処分訴訟

「一票の格差」訴訟、最高裁大法廷が年内にも統一判断へ

在外投票の違憲判決を機に
最高裁裁判官の国民審査を改めて考える

1対1のLINEやDMでは罪にならず…“侮辱罪”厳罰化でも課題アリ
菊地弁護士「時代に合わせたルールで対処を」

「コメント欄は責任追及がしやすい」「メディアは政治が悪用しないよう監視を」
侮辱罪の厳罰化、期待と残る課題は?弁護士に聞く

私の親は誰? 出自知る権利考えよう
弁護士 辻智之(前橋市上大島町)

じゃい 競馬納税に不服申立て
弁護士費用など多額の寄付が集まる

高額徴税で借金生活のじゃい、弁護士費用などの
寄付募る「やらないと何も変わらない」

「ワクチン打たないと仕事につかせない」等…
職場で多い“上司からの暴言” 弁護士「必ず録音を」

【長崎】東京の弁護士ら
大石知事選挙陣営関係者らを刑事告発

『契約審査ダイレクト』で楽天銀行と
弁護士法人ファースト&タンデムスプリント法律事務所が連携

弁護士ドットコム、リクルートと業務提携
--法務の規約管理を支援する「termhub」を共同開発へ

法律事務所ZeLoがNFTやWeb3.0など
最先端領域を専門的に取り扱うチームを発足

ロス疑惑担当の“無罪請負人”弘中惇一郎弁護士
痴漢えん罪は「女性の言い分が通っちゃう」

カズワン事故の「被害者弁護団」結成…
北海道の弁護士27人で乗客家族ら支援

「誤送金に気づかず使ったら罪になる?」
返金トラブルの素朴な疑問に弁護士回答

検察トップの検事総長に甲斐行夫氏

規定改正もおすすめできない
「賃貸不動産の共有分割」の問題点【弁護士の解説】

「遺留分」の権利はだれにあるの?
相続人ごとの遺留分割合、計算方法を弁護士が解説

「食べログ」に賠償命令
弁護士も「ビックリ」の理由 (スッキリ)

評価ルール「透明性高めて」
食べログめぐる訴訟で代理人

遺産はボロボロの不動産「ハンコ代だけで、どうか…」
兄の依頼に妹2人がとった行動【弁護士が解説】

病院ホームページの顔写真「掲載断る権利あり」
- 深澤直之弁護士に聞く◆Vol.3

「病医院のネット風評被害、3つの対応法」、弁護士が講演

強欲な弟を排除し、かわいい姪に全財産を渡したい…
子のない高齢女性の密かな計画【弁護士が解説】

すべての不動産を相続するはずが…
妹が仕掛けた「遺言書返し」バトルの顛末【弁護士が解説】

植松死刑囚「外部の人と面会したい」
弁護士に再審請求の理由明かす

再審請求を行った相模原障害者殺傷事件
植松聖死刑囚に本日、接見した

映画界の性暴力告発『週刊文春』連載の発端をめぐる、
ある意味衝撃の舞台裏事情

菊地幸夫弁護士 埼玉・建築資材店の放火事件に
「放火は犯罪でも重い方」賠償責任についても言及

「実務に出たからこそ、書けたかなと」法律知識をもって謎に迫る…
現役弁護士作家が描く“多重解決ミステリ”

「詐欺ではないの?」スシローのおとり広告問題、
弁護士に聞いた 「詐欺罪に問う」ことが難しい理由とは

交際相手に財産を残したい!
生前贈与の活用法を弁護士が解説

検察の不起訴処分は正当?チェックする
「検察審査会」の流れを解説 約9割は「不起訴相当」

「事実婚」「内縁」「同棲」ってどう違うの?
弁護士に聞いてみた

車の所有者が死亡したら~名義変更について
弁護士に訊いてみた~【クルマと法律vol.01】

「向かいの家の防犯カメラが我が家に向いて…」
位置変更の要求は可能か?弁護士が解説

公正証書遺言の効力が無効になるケースとは?
トラブルの対処方法は? 弁護士が解説

「弁護士が来てからお話します」ドバイから帰国した
主犯格を逮捕 国税職員らの給付金詐取事件

マッサージ店で準強制わいせつ 男に
懲役3年求刑 検察「反省が皆無」

工藤会ナンバー3の被告に検察は無期懲役を求刑

電車内で高校生に“暴行”飲食店従業員に懲役3年求刑

高校生暴行、男に懲役3年求刑
電車内で喫煙―宇都宮地裁支部

プレサンス前社長・山岸さんと弁護団が検察に抗議文を提出

大阪地検特捜部の闇 「冤罪」はどう造られたか
特捜部を詳しく知る関係者が語る
プレサンス元社長が挑む新たな闘い

大村市で約720万円など奪った住宅強盗事件
運転手役を担った男に検察が懲役6年を求刑

7年前の中学生「ひき逃げ」死亡、被告の弁護人が無罪主張
同じ事故で3度目の裁判 時効直前に検察が異例の起訴 【長野】

ボウガンで同僚殺害の男「下に見られていると感じた」
…検察指摘の「女性巡る嫉妬心」は否定

弁護側「侮辱され衝動的に撃った」同僚殺害・死体遺棄事件の初公判
検察側は「計画的」と主張 高松地裁

豊川の母殺害、懲役8年求刑 29歳被告に検察側

5歳児餓死 母親に懲役10年求刑
検察「子供を守る行動を放棄した」 福岡地裁

篠栗町5歳児餓死事件の母親に検察が懲役10年を求刑

松山のコンビニ強盗初公判 検察側「借金に追われ…」

ベトナム人の知人刺殺 被告の男が初公判で殺意否認
検察「複数回刺した」

ゾウの「ハッピー」は人ではない、
愛護団体の訴え退ける NY州最高裁

トランプ氏、不正疑惑巡り証言へ
-NY州最高裁も異議申し立て棄却

アマゾン、「IPアクセラレーター」を提供開始
--法律事務所紹介などで知的財産を保護

クレディ・スイス経由で多額の資金洗浄、
スイス検察が特定-関係者

ネット公聴会に男性ストリッパーの映像、
弁護士と検事が非難合戦 ペルー

司法試験定義趣旨論証集債権総論・契約総論

司法試験・予備試験 社会人合格者のリアル

会社議事録の作り方〈第3版〉 (【新・会社法実務問題シリーズ】7)

事業承継の安心手引 2022年度版

徹底チェック刑法: 基本をおさえる事例演習

大コンメンタール刑事訴訟法(第三版)第1巻 (第1巻)

改正民法96条3項による第三者保護の要件としての登記等の要否
福岡大学法学部准教授 下田 大介

債権執行における差押えによる請求債権の消滅時効の
中断に関して民法155条の通知を要しないとされた事例
最高裁令和1年9月19日第一小法廷判決
(民集73巻4号438頁、判例時報2435号51頁、判例タイムズ1468号36頁、金融・商事判例1582号14頁、
金融・商事判例1585号8頁、金融法務事情2136号62頁、裁判所時報1732号4頁)
福岡大学法科大学院教授 石松 勉

日本国憲法における「勤労の義務」の法的意義
福岡大学法学部准教授 山下 慎一

75期司法修習生・令和4年司法試験向け スタッフ弁護士就職説明会

時効完成認め実刑破棄 最高裁、被告の免訴確定へ

デジタル社会の実現に向けた重点計画

司法試験・司法試験予備試験のデジタル化

司法試験の自動解答を競う国際コンテスト、
静岡大学が正答率1位に

原発事故、国の責任どう判断 「長期評価」の信頼性焦点
―避難者訴訟17日最高裁判決

最高裁大法廷で国民審査法に違憲判決。
原告の一人として思うこと。(想田和弘)

東電、避難者訴訟原告に謝罪
社長名で、最高裁決定受け―福島

「被害者はまだいる」アスベスト被害で提訴…
最高裁が賠償命じるもメーカー賠償応じず

東電旧経営陣、判決12月以降か 一審無罪、
控訴審が結審―原発事故で強制起訴・東京高裁

受刑者に眼鏡許可せず、理由は「周囲を威圧する」…
「人権侵害」と弁護士会が警告書

「契約不適合責任」とは?従来の瑕疵担保責任との違いと
「不動産売却」の際の注意点【弁護士が解説】

「こっそり飼っている人いますよ」仲介業者の言葉を信じて、
猫を飼っていましたが…
訴えると警告され困惑 弁護士が解説

資産家の父が再婚したら相続はどうなる?
生前贈与を使う対策を弁護士が解説

賃貸アパートを生前贈与する
メリット・デメリットを弁護士が解説

「もう断れなかった」大崎事件の最古参弁護士が語る31年前の出会い

スシロー“おとり広告”措置命令の意味
平山賢太郎弁護士「罰金や営業停止などはないが…」

「ウニ」「カニ」が無い…“おとり広告”スシローに措置命令
“仕方ないね”で終わらなかった理由は?弁護士解説

座長・小林信明弁護士に聞く!中小企業等事業再生ガイドライン(前編)
~ガイドラインは「ダメージ」を少なくするためのツール~

座長・小林信明弁護士に聞く!中小企業等事業再生ガイドライン(後編)
~廃業前に「再生にチャレンジしてみる」選択肢を~

弁護士の電話〝悪い予感〟は的中した
「真面目で頑張り屋」の彼が…

ゲーム実況がうるさい! 動画配信者の騒音トラブル、
法的手段取れる? 弁護士に聞いた

選挙候補者が「学歴詐称」!
当選したらどうなる? 弁護士に聞く

「相続人が増えている!」資産家の父、孫との養子縁組発覚で
〈取り分の減った長女〉激怒の顛末【弁護士が解説】

「被害者にも、損害を回避する義務があるはずだ」…
この理屈が通用する範囲とは【弁護士が解説】

税金の払いすぎが発覚!過払いの相続税を
取り戻す方法【弁護士の解説】

勝手に「婚姻届」を出された! 取り消せる?
罪は? 弁護士に聞いた

中学生が美術館で“展示物破壊”
責任の所在に弁護士「保護者も対象になる」

篠栗の5歳児餓死、母が起訴内容認める 検察「長期間苦しみ与えた」

元競輪選手の男が現れてから壮絶な虐待は始まった 両足骨折3歳児放置事件
逮捕された母親 なぜ“変貌”したか  埼玉・春日部市

「止まらなくていいから早く行け」男の指示で車が赤信号進入か…
自転車の男性がはねられ死亡

男性教諭からののしられ校舎から飛び降り重傷 損賠賠償訴訟で原告控訴
代理人弁護士は「学校の対応についての不法行為が認められていない」【静岡】

広田レオナ ドローンで自宅「盗撮」され→ネットに写真
弁護士に相談「捕まえて」住宅街でまさか

AIで契約に潜むリスクをチェック!
起業家にベストな弁護士の選び方

弁護士に懲役13年 女性2人自宅で殴りわいせつ
千葉地裁「飲食店従業員見下す偏った考え」「十分反省と評価できず」

キャバクラ店員の顔殴り性的暴行、弁護士に懲役13年判決…
「渡したいものある」と自宅連れ込み

報復措置は許されない…
「下請法」の基本と罰則【弁護士の解説】

子どもを連れて「事実婚」 子の名字や親権はどうなるの?
弁護士に聞いた

懲役判決に被告「非常におかしい」
東名あおり運転差し戻し審

自宅にできたツバメの巣 撤去すると鳥獣保護法違反、
懲役刑も!元アイドルの弁護士が解説

家族信託と民事信託 違いはあるの? 弁護士が解説

「本物の警察官のコスプレをする」「マッチングアプリで医者と偽る」
←犯罪になる可能性も 弁護士が解説

絶縁中の兄弟姉妹と相続トラブル
対処方法を弁護士が解説

KAT-TUN元メンバー田中聖被告に懲役2年を求刑
検察「依存性や常習性が認められる」

吉川元農相、収賄罪の有罪確定 検察も控訴せず

「被害者は避けることできたのでは」一審で死刑言い渡された
被告の言葉に検察指摘“反省見えない”

1審無罪の砲弾発射控訴審初公判、検察側「重大な事実誤認」

“誤振込事件、電算機詐欺で起訴”検察は裁判所を舐めているのか。
無罪主張しなければ、弁護過誤の可能性も

米最高裁、急激に保守化
変遷研究、強まる政治色に懸念

米最高裁判事「殺そうと」男性を拘束
中絶の合憲性覆す原案に立腹か

人工妊娠中絶が再び禁止になりそうなアメリカ、進むべきとき

銃規制に背を向ける米最高裁のあきれた〝見識〟

ベルリン車突入、運転手に精神疾患の兆候 検察当局

唯一の生存実行犯に検察が終身刑求刑
パリ同時多発テロ公判

イスラエル最高裁がエルサレム教会所有地の
入植者団体への売却を認める判決
パレスチナ人の激しい怒りを引き起こす

Cロナウドから性的暴行と主張の米女性、訴えを退けられる
弁護士は「機密書類の使用」で処分へ

「報復犯罪」が明らかになった大邱弁護士事務所放火…
衝撃に包まれた弁護士たち=韓国

7人死亡の韓国ビル火災 弁護士ら犠牲者に刺し傷

裁判めぐるトラブルで弁護士事務所に放火か
容疑者含む7人死亡 韓国

訴訟で恨み持った男が放火か…
韓国の弁護士事務所ビルで火災、7人死亡

徴集兵参戦させた将校処分 ロシア軍検察、免職などに

民事訴訟法等の一部を改正する法律

刑法等の一部を改正する法律

令和4年司法試験予備試験の実施について

令和4年司法試験の結果について

司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

司法試験ファイル,旧司法試験第二次試験ファイル及び
司法試験予備試験ファイルに係る開示請求について