2018年09月26日

2018年09月25日のtweet




posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

平成30年司法試験の結果について(6)

1 以下は、今年の受験生のうち、法科大学院修了生の資格で受験した者の各修了年度別、未修・既修別の合格率です。

修了年度
既修・未修
受験者数 合格者数 受験者
合格率
25未修 442 49 11.0%
25既修 257 34 13.2%
26未修 462 73 15.8%
26既修 283 49 17.3%
27未修 448 72 16.0%
27既修 417 101 24.2%
28未修 429 73 17.0%
28既修 559 171 30.5%
29未修 514 89 17.3%
29既修 994 478 48.0%

 毎年の確立した傾向として、以下の2つの法則があります。

 ア:同じ年度の修了生については、常に既修が未修より受かりやすい
 イ:既修・未修の中で比較すると、常に修了年度の新しい者が受かりやすい

 今年も、この法則がきれいに当てはまっています。このように既修・未修、修了年度別の合格率が一定の法則に従うことは、その背後にある司法試験の傾向を理解する上で重要なヒントとなります。

2 アの既修・未修の差は、短答・論文の双方で生じています。今年の短答・論文別の既修・未修別合格率はまだ公表されていませんので、昨年のデータ(「平成29年司法試験受験状況」)を参考に参照すると、以下のようになっています。短答は受験者ベース、論文は短答合格者ベースの数字です。

平成29年
短答
合格率
論文
合格率
既修 75.31% 43.37%
未修 51.68% 23.34%

 短答・論文の双方で、差が生じていることがわかります。短答で生じる差は、単純な知識量の差とみることができます。未修者よりも既修者の方が知識が豊富なので、単に知っているかどうかで差が付く短答では、単純に有利になるということです。
 他方、論文で生じる差は、規範の知識と演習量の差とみることができるでしょう。当サイトで繰り返し説明しているとおり、論文で合格点を取るには、基本論点について規範を明示し、事実を摘示して解答すればよい。したがって、普段の学習では、知識として基本論点の規範を覚えておく必要があり、演習を繰り返すことによって、どの事例でどの論点が問題になるのかを瞬時に判断できるようになっておく必要があるわけです。また、演習は、時間内に必要な文字数を書き切るという、「速書き」の訓練になるという点も、無視できない要素です。既修者は、早い段階から論文用の規範を記憶し、過去問や事例演習系の教材を用いた演習を繰り返すことによって、論文でも点を取ってくる傾向にあるのに対し、未修者は、短答レベルの知識の習得に時間がかかってしまい、論文用の規範を覚えきれず、過去問等の演習も不足したまま本試験に突入してしまうので、論文でも点が取れない傾向にある。それが、上記のような結果として反映されているのだろうと思います。

3 イの修了年度による合格率の差は、論文で付いています。今年の短答・論文別の修了年度別合格率もまだ公表されていませんので、昨年のデータ(「平成29年司法試験受験状況」)を参考に参照しましょう。短答は受験者ベース、論文は短答合格者ベースの数字です。

平成29年
修了年度 短答
合格率
論文
合格率
24 63.64% 18.11%
25 62.07% 21.44%
26 62.46% 27.32%
27 62.86% 32.16%
28 65.66% 55.52%

 短答ではそれほど顕著な差がないのに対し、論文では顕著な差が付いていることがわかります。修了年度が古い受験生は、ローを修了してからの期間が長いわけですから、それだけ勉強時間を確保できます。上記2で説明した規範の知識量と演習量という点で、有利といえます。しかも、受験経験がより豊富なので、試験当日、試験会場での勝手もわかっていて、心理的な動揺なども少ないはずです。そうであれば、修了年度が古い受験生ほど、論文も有利になるのが自然であるとも思えます。しかし、結果は逆になっている。それはなぜか。当サイトでは古くから、この現象を、論文特有の「受かりにくい人は、何度受けても受かりにくい」法則によるものと説明してきました。すなわち、論文試験は、勉強時間ではなく、「受かりやすい人」か、「受かりにくい人」かという要素が決定的に重要である。「受かりやすい人」は、1回目の受験で受かる確率が非常に高い。そのため、修了年度の新しい受験生の合格率は、高くなりやすい。他方で、「受かりにくい人」は、ほとんどが受からないので、2回目以降に滞留する。「受かりにくい人」は、どんなに勉強量を増やしても受かりやすくならないので、2回目以降の受験でも、ほとんどが受からない。1回目の受験で例外的に不合格になった「受かりやすい人」は、2回目以降も受かりやすい。こうして、「受かりやすい人」がどんどん抜けて、「受かりにくい人」がどんどん滞留していくので、修了年度の古い受験生(ずっと滞留した受験生)ほど受かりにくいという結果が出力される、という仕組みです。つまり、受かりにくい人を選抜する負のセレクションが働いているというわけです。
 では、「受かりにくい人は、何度受けても受かりにくい」法則の原因は何か。法律に向いていないとか、やる気がないというようなことでは、説明になりません。上記の表をみればわかるとおり、短答に関しては、修了年度の古い受験生も、それなりに健闘しています。本当に法律に向いていないとか、やる気がなくてだらけているなら、短答も同様の傾向となっていなければおかしいでしょう。実際の経験からみても、なかなか合格できずに苦労している人ほど、むしろよく勉強していて、法律の知識・理解は豊富であることが多いように思います。
 この原因は、最近になってかなりわかってきています。現在の論文試験は、基本論点について、規範を明示し、問題文の事実を摘示し(書き写し)て書けば、合格できます。しかし、そのためにはかなりの文字数を書き切る必要がある。体力的に書き切る力がなかったり、速く書くという意識がない人は、そもそも必要な文字数を制限時間内に書くことが物理的に不可能です。そのような人は、何度受けても受からない。また、一定以上の筆力があっても、当てはめの前に規範を明示するクセの付いていない人は、何度受けても規範を明示せずにいきなり当てはめに入るので、何度受けても受からない。規範を明示するクセが付いていても、問題文の事実を摘示し(書き写し)て書くクセの付いていない人は、何度受けても問題文の事実を摘示し(書き写し)て書かないので、何度受けても受からない。上記の各要素は、勉強量を増やして知識が豊富になったからといって、なんら改善されるものではありません。だから、受験回数が増えても合格率は上がるどころか、かえって下がってしまうというわけです。

4 以上のことをまとめましょう。短答は、単純に知識量で勝負が付きますから、とにかく勉強時間を確保することを考えましょう(具体的な勉強法については、「平成30年司法試験短答式試験の結果について(2)」参照。)。論文も、基本論点の規範を記憶し、論点抽出等に必要な演習をするために、最低限の勉強時間を確保する必要があります。しかし、勉強時間を確保できても、制限時間内に必要な文字数(概ね1行平均30文字程度で6頁程度)を書く能力と、規範を明示し、事実を摘示する答案スタイルで書くクセが身に付いていないと、何度受けても受かりにくい
 今年、不合格だった人で、誰もが書く基本論点に気が付かなかったとか、基本論点の規範すら覚えていなかったなら、勉強不足が原因である可能性が高いでしょう。今年の例でいえば、民法で特定や履行補助者の論点に気が付かなかったとか、刑法で名誉毀損の各構成要件の規範すら覚えていなかった、という場合が、これに当たります。これは未修者的な不合格の例です。他方、基本論点を抽出できて、その規範も覚えていたが、規範の明示と事実の摘示というスタイルで書けなかった、というのは、修了年度の古い受験生的な不合格の例です。原因は2つあり、対処法が違います。時間が足りなくて平均5頁以下しか書けなかったので、規範を明示して事実を摘示するというスタイルでは書けなかった、というのなら、時間内に書ける文字数を増やす訓練をすべきです。漫然と「できる限り速く書こう。」というのではなく、答案構成の時間を減らしたり、書きやすいボールペンや万年筆に変えてみたり、意識して字を崩して書いてみるなど、目に見えるような違いが出る工夫をしてみましょう。平均6頁以上書いているけれども、問題提起や理由付け、事実の評価などを中心に書いているために、規範の明示や事実の摘示を省略してしまっているのなら、規範の明示や事実の摘示を優先して、問題提起や理由付け、事実の評価などを省略する答案スタイルに改めるべきです。今までのこだわりがあるので抵抗はあるでしょうが、その点を見直さないと、「受かりにくい人」になってしまいます。 

posted by studyweb5 at 20:22| 司法試験関連ニュース・政府資料等 | 更新情報をチェックする

2018年09月24日のtweet






posted by studyweb5 at 00:01| ツイッターまとめ | 更新情報をチェックする


  【当サイト作成の電子書籍一覧】
司法試験平成29年最新判例ノート
司法試験平成28年最新判例ノート
平成29年司法試験のための平成28年刑訴法改正の解説
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(逐次改頁版)
司法試験定義趣旨論証集刑訴法(通常表示版)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(民法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(民法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(行政法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(行政法)
司法試験平成27年採点実感等に関する意見の読み方(憲法)
司法試験平成27年出題趣旨の読み方(憲法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(会社法)
司法試験定義趣旨論証集(会社法)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(物権)
司法試験定義趣旨論証集(物権)
司法試験平成26年最新判例ノート
司法試験論文用平成26年会社法改正対応教材
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証集(民法総則)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法各論)
司法試験定義趣旨論証穴埋問題集(刑法総論)
司法試験定義趣旨論証集(刑法総論)
司法試験平成25年判例肢別問題集
司法試験平成25年判例論証穴埋問題集
司法試験平成25年判例論証集
司法試験定義趣旨論証集(行政法)

  【最新ニュース・新刊書籍紹介】
新版 完全講義 民事裁判実務の基礎[入門編]〔第2版〕─要件事実・事実認定・法曹倫理─
車のワイパー折る 容疑の司法修習生逮捕 福岡 
器物損壊容疑で福岡市の司法修習生逮捕 酒に酔って「覚えていない」 県警
ジュリスト 2018年 10 月号
司法試験の希望者が激減している理由を知っていますか?
被告と接見中の写真消去「不当ではない」 最高裁で確定
法学教室 2018年 10 月号
被爆者3人の上告退ける 原爆症の不認定確定 最高裁
弁護士事務所を家宅捜索、資格ない者に業務させる 大阪地検
受験新報 2018年 11 月号
弁護士面会の立ち会いで賠償命令 オウム元死刑囚巡り
誰に投票したか、証拠撮影させた? 過熱する沖縄知事選
強行法・任意法の研究
証券取引の不正監視にAI導入 世界初、監視委が海外当局と連携強化
司法試験合格者のための進路説明会(法務省)
第4版 要件事実民法(4)債権総論<補訂版> (要件事実民法シリーズ)
元最高裁判事・桜井龍子(5)経験生かし障害者支援に
元最高裁判事・桜井龍子(4) 阪神大震災でお礼を言われた
Q&A 不動産の時効取得・瑕疵担保責任に関する法律と実務―占有・援用・登記・売買・契約不適合・現況有姿―
元最高裁判事・桜井龍子(3)育児休業法で苦労 「小さく産んで大きく育てるのよ」と
元最高裁判事・桜井龍子(2)「男性の2倍、3倍働かないと認められませんよ」と
図解 民法(親族・相続)平成30年版
元最高裁判事・桜井龍子(1)裁判官になったら「桜井」に
日本初!重度の障害を乗り越えて司法試験に合格
論点精解 民事訴訟法〔改訂増補版〕
6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由
ゴルフ場の絵で注目された米受刑者、無実に 晴れて釈放
条文から読み解く 民法[相続法制]改正点と実務への影響
(社説)子の無戸籍 制度を見直して解消を
法学セミナー 2018年 09 月号
平成30年司法試験最終合格発表に関する会長談話(日弁連)
東大医学部在学中に司法試験も一発合格した僕のやっている シンプルな勉強法
眠かったら寝る。誰にでもすぐに使えて超強力な「勉強法」とは?
女性は法曹界を敬遠? 司法試験、合格者24% 
過料と不文の原則
司法試験合格、最少1525人…予備試験組最多
司法試験19歳が合格…全体合格者数1525人、合格率29.1%
国会の立法権と地方自治 憲法・地方自治法・自治基本条例 (北海道自治権ブックレットNo.6)
岡口裁判官の分限裁判「実質一審制」なのに非公開 最高裁、メディアの傍聴希望退ける
岡口判事「表現の自由侵害」=不適切ツイート懲戒手続きで-最高裁
行政法 第4版 (LEGAL QUEST)
法律相談、入力1分で弁護士から連絡 カケコム
平成31年司法試験予備試験試験会場の公募について
コンメンタール行政法I 行政手続法・行政不服審査法 第3版
2019年度 概算要求書(文科省)
大阪の59歳弁護士を業務停止処分 依頼人の預かり金約6400万円返還せず
自治体環境行政法 第8版
民法及び家事事件手続法の一部を改正する法律について(相続法の改正)
商法及び国際海上物品運送法の一部を改正する法律案
民事執行法の改正に関する中間試案(平成29年9月8日)
民法の一部を改正する法律(債権法改正)について

刑事訴訟法等の一部を改正する法律について
法曹養成制度関係閣僚会議
法曹養成制度改革の推進について(PDF)
法曹養成制度改革推進会議
法曹養成制度改革顧問会議
平成30年司法試験予備試験の実施について
平成30年司法試験の実施について
司法試験考査委員の不適切行為に関する通報窓口

  【司法研修所教材・講義案・調査官解説等】
事件記録教材 法科大学院教材
調査官解説
事例で考える民事事実認定
プラクティス刑事裁判
プロシーディングス刑事裁判
検察講義案 平成24年版
新問題研究要件事実
紛争類型別の要件事実 民事訴訟における攻撃防御の構造 改訂
刑事第一審公判手続の概要
刑事判決書起案の手引
民事判決起案の手引
民事訴訟第一審手続の解説
情況証拠の観点から見た事実認定
民事訴訟における要件事実 第2巻
民事訴訟における要件事実 増補 第1巻
書記官研修講義案等